文字:







 
 
メルマガ登録
 
 
 

アグリマス代表取締役のブログのメルマガ申込

新規登録することでイベント情報等ブログの内容がメルマガでも届きます!
新規登録はこちら
 
管理者のブログ
管理者のブログ >> 記事詳細

2019/05/06

コタッキー社長~認知症の母と向き合う④

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
はてさて、困り果てて、いよいよ専門医に相談をすることに。

幸い、介護業界で仕事をする私の周囲には、その分野で有名な先生がおりました。
先生に相談をして、保険も使えて費用も思っていたほど高くなく、在宅にて月に一度、訪問診療を受ける。

月に一度、30分程度の訪問、最初のうちは私も仕事を抜け出させてもらい、
先生の訪問に同行することにしました。
非常に良い感じで、先生とやり取りも出来ていて、これで一安心と思ったのも束の間、
それでも少しずつ、症状は進んでいるように見えました。

なるべくであれば認知症の薬は飲ませたくないと考えていたため、
骨を強くするカルシウムと血液をサラサラにする薬だけ飲ませてもらう。
少しずつ、症状が悪くなり、先生にもそれを伝え、では最新の設備のある
近隣の「もの忘れ外来」にてMRIと血流シンチをはかってもらいましょうと。

もの忘れ外来はほぼ、1ヶ月待ちと大変に混んでいます。
毎回私が車で迎えに行って、①初診、②検査、③結果面談と3回に渡って行なわれます。かかった費用もトータルで数万円でした。母はいつでも私の仕事のことを心配して、「会社も大変なのに、こんなことまでしてくれなくても良いから」と、恐縮をしています。

帰りに久しぶりに二人でお寿司を食べて帰ることもあり、「これはこれで親孝行だよな~」などと呑気なことを考えていましたが、そこからそんなに時間を経たずして、更に状態が悪くなるとは全く考えていませんでした。





07:08 | 投票する | 投票数(0)