しかし防水性は塗装によって維持されるため、劣化が進むと水が浸食してきます。よって早めに対処する必要があり、10~15年の周期で定期的にメンテナンスが必要になります。また、塗装の費用に関してはサイディングより高くなります。 窯業系サイディング外壁: 耐久性を高めるためにセメントに木片などを混ぜ、プレス成形で板状にしたサイディングボード。 工場塗装のものと現場塗装のものがあります。 木質系サイディング外壁: 天然木などを塗装したサイディングボード。 サイディングとは、一般に広く普及している外壁材です。劣化を感じた場合は塗装が必要ですが、塗料を選択する際はコストや耐久性を考慮せねばなりません。サイディングの特徴や塗料の種類、さらには再塗装におすすめの配色パターンを紹介します。 サイディングボードとは 外壁塗装は家に長く住むためにも絶対に必要な工事なのですが、その重要性に関してしっかりと認識している人は少ないです。放っておいた場合の追加工事等もまとめています。 サイディング外壁材の特徴と種類:塗装の必要性と注意点 プライバシーポリシー 会社概要 2015–2021 スマイルカラーズ! あなたのお家を笑顔にします! ・サイディングボードの繋ぎ目・サッシ周囲シーリング材の劣化 などがあります。 サイディングの塗替えをする時の塗料種類はたくさんあります。どの塗料を選べばよいのか、お客様が参考になるようにご紹介させていただきますので、ご覧になってみてください。 「サイディングに塗装って必要なの?」という方から、「そろそろメンテナンスの時期というのは分かっているけど塗装についての知識が全くなくて不安!」という方まで、本記事で丁寧にサイディングの塗装について解説をしていこうと思います。 オシャレな外観や高い保護効果で注目を集めているサイディング外壁ですが、メンテナンスも必要です。こちらのページでは、サイディング外壁への塗装の必要性や塗装のタイミング・費用について紹介します。, 塗装を施す大きな目的は、外壁の表面を保護することです。外壁表面にコーティングを行うことで、雨水や紫外線など厳しい環境の変化から外壁素材を守り、劣化を防ぐことができます。最近では防カビや遮熱などに効果的な塗料も出ており、塗装をすることで機能性を高めることもできるようになってきました。, また、家全体のイメージを左右するデザインも塗装によって大きく変わります。このように塗装には、家を守る重要な役割がある以外にも、家の顔ともいえる外観を美しくする仕事を担っているのです。, サイディングの耐用年数は7~8年とされています。サイディングはモルタルに比べて耐久性が高いものの、モルタルと同様に経年劣化に対して塗装などの修繕が必要になります。具体的には、次のような症状がでたら塗装を検討するようにしましょう。, シーリングとは、サイディングボードの継ぎ目に施す工事です。コーキング工事とも呼ばれます。サイディング外壁で最初に傷みだすのがシーリングであることは多いです。シーリングの劣化にも種類があり、外壁とシーリング材の間に隙間ができる剥離や、シーリング材の真ん中が切れる破断、シーリング材が取れてしまう欠落などがあります。, シーリングは紫外線が強く当たる部分で他の箇所に比べて痛みが早く進む傾向にあるため、南側や西側などの外壁から確認してみましょう。シーリングの劣化があると、外壁素材に紫外線や雨水が直接入り込む原因にもなり、外壁素材そのものの傷みを進めてしまいます。カビが発生しやすくなるため、家自体を傷めてしまうことにもなりかねません。, 経年劣化によりサイディングボードに反りや浮きができることがあります。何らかの原因によりサイディングボードの内側に雨水が入り込み、濡れたり乾燥したりを繰り返しているうちに反りや浮きが発生してしまうことがあるのです。放置しておくとひび割れを起こす可能性もあります。, 反りのあるサイディングであっても、サイディングの端をビスで打ちつけて補強することで塗装は可能です。しかし、反りが強くなると塗装で対応することが難しくなります。反りがある部分だけサイディングボードを交換する方法もありますが、同じ柄のサイディングボードを見つけることが難しい場合も多いため、反りが生じる前もしくは反りが軽度のうちに塗装をする必要があります。, チョーキングとは塗装表面の表層樹脂が劣化し、塗料がチョークのような粉状になり外壁の表面に付着しています。外壁を手でこすった際に、手に粉が付くようであればチョーキングが起きており、防水効果が切れている状態です。, 塗装された外壁が長年、紫外線や雨風にさらされることで起きる劣化現象のため、チョーキングがみられた場合には、高圧洗浄剤で洗い流した後に塗装を行います。, サイディングボード自体のひび割れも、外壁自体の傷みを防ぐことができず、外壁素材の劣化を進めることになります。サイディングボードの内部に雨水が浸水することで、夏場の暑さや冬場の凍結により収縮と膨張を繰り返し、サイディングボードのひび割れが発生します。, 目に見えない微細なひび割れでも、侵入した雨水の状態によっては大きなヒビになる場合もあります。ヒビがあった場合はコーキングでヒビの補修後に塗装を行いますが、大きなひび割れや剥がれはサイディングボード自体の交換が必要となります。, サイディングは窯業(ようぎょう)系、金属系、木質系、樹脂系の4つの種類に分けることができます。この中でも塗り替えをするのは主に窯業系サイディングです。サイディングの劣化を防ぎ、長持ちさせるために定期的な塗装を行いますが、サイディングには大きく分けて「塗りつぶし塗装」「クリヤー塗装」の2種類の塗装方法があります。, 上記の塗料のうちクリヤー塗装で使用できるものが、シリコン系塗料とフッ素系塗料になります。シリコンクリヤーで約10年、フッ素クリヤーで約13年が耐用年数の目安とされています。, 家にかかるメンテナンス費用は価格も大きくなりがちです。できることなら安く済ませたいと思う人も多いのではないでしょうか?見積もりを出してもらっても、相場が分からず言われたまま契約してしまう人も少なくありません。, サイディングに限らず外壁を塗装する際には、塗料そのものにかかる費用と人件費、工事費用などが掛かります。人件費や工事費用は工期によって決まり、工期は家の広さや作業難易度によって決まります。そのため家が広い場合や、作業難易度の高い箇所が多い場合ほど工期が長くなり、全体の費用も高くなります。, 塗料の費用に関しては使用する塗料によって大きく変わってくるため、フッ素系塗料など高価な塗料であれば全体の費用も高く、アクリル系塗料であれば費用は安くなります。相場としては1㎡あたり1000~5500円程度とされています。, 例として、30坪の家のサイディング外壁の塗装をする場合の費用の目安は、アクリル系塗料が51万円~、ウレタン系塗料が60万円~、シリコン系塗料が78万円~、フッ素塗装が90万円~となります。屋根の塗装も依頼する場合は更に塗料の費用がかかるので注意しましょう。また、塗料の種類だけでなく外壁用塗料メーカーによっても塗料の単価が変わってくるため、どのメーカーの塗料を使うかによっても費用に差が出てきます。, 次に人件費に関しては、依頼する業者の職人の人数や給料によって変わってきます。業者ごとにばらつきがあり、自由に調整されている部分でもあります。, 最後に工事費用ですが、外壁塗装の工事費用には、足場の設置、外壁の洗浄、下地処理、養生、飛散防止対策、コーキング、下塗り、中塗り、上塗り、防水加工、ごみ処理など塗装を終えるまでに必要となる作業のひとつひとつに費用がかかります。塗料の値段は業者によって大きな差はありませんが、工事費用や人件費は業者によって変わるため相場を把握しておくことが重要です。, 工事費用の費用相場は、足場が12~14万円、高圧洗浄が2~6万円、養生が5~8万円、ひび割れや削れ補修などの下地処理が5~30万円、下塗り・中塗り・上塗りが7~54万円、防水加工36~42万円、ごみ処理などが1~3万円となっています。サイディングの傷み具合によって必要となる作業が変わるため、同じ工程でも値段の幅がでてきます。サイディングの傷みがひどく、張替が必要な箇所がある場合は、さらにサイディングボードの費用と張替にかかる工事費用が加算されるようになっています。, サイディング外壁の塗装では、同じ条件で依頼しても業者によって見積もり額に差が出てくることがほとんどです。金額に差が出る要因としては、工事費用や人件費には定価がないことから業者ごとに価格設定ができる点が挙げられます。, 塗料に関しては大手の方が大量購入をすることで、わずかに価格が安い設定になる場合もありますが、メーカーからの仕入れ額は大きく変わりません。複数社から見積もりを取って工事費用や人件費の価格設定を比べてみるようにしましょう。, 塗装は職人が手作業で行います。塗料も日々進歩しており、扱いやすい物も増えていますが、最終的な仕上がりには職人の技術が大きく影響してきます。また、作業の丁寧さや職人のマナーなども塗装を依頼するにあたり大変重要なポイントでもあります。, 外壁は頻繁に変える部分でもないため、費用以外の部分もしっかり確認することをおすすめします。業者のフォローは十分か、営業と職人の連携が取れているか、金額だけでは判断できない部分も多々ある点を覚えておきましょう。, また、クリヤー塗装を希望する場合は、一定の条件を満たしてなければいけません。条件とは「新築後10年未満」、「サイディングボードの劣化や汚れが少ないこと」の2点です。実際に10年以上経過している外壁でもサイディングの状態が良ければクリヤー塗装が可能ですが、逆に築年数が浅くてもサイディングボードの傷みが強い場合にはクリヤー塗装を施すことができない場合があります。, 例えクリヤー塗装ができたとしても、サイディングボード自体の傷みをカバーしきれず、美観を保つことが難しいこともあるのです。そのため、クリヤー塗装を希望する場合は新築後7~8年程度で一度見積もりしてもらうことをおすすめします。, 塗料の費用相場は前述していますが、「塗料の費用相場が安いことが = コストパフォーマンスが良い」ということにはなりません。費用相場が安い塗料は耐用年数が少ない場合に、再塗装する機会が増えてしまいます。, 結果として長期的に見たときに外壁塗装にかかる費用が大きくなることもあるのです。例えばフッ素系塗料の場合は15~20年の耐用年数に対して、アクリル系塗料の耐用年数は5~8年となっています。フッ素系塗料が1回目の塗装で済んでいる間にアクリル系塗料は3回も塗装をしなければならなくなるのです。, 1回の費用だけをみるのではなく、特徴もよく考慮して塗料を選択するようにしましょう。. サイディング塗装にはどのような道具を使い、どんな施工方法があるかご存知ですか?リフォームが適切に施工されているかチェックする上でも覚えておきましょう。 サイディング塗装にはこんな道具を使う また、板の隙間にコーキング(溝を埋めるゴムみたいなもの)を使用しません。, そのため、それを打ち直したり打ち増し(補強)たりしないため、その他のサイディングよりメンテナンス費用を抑えられます。, ただ、日本ではこの樹脂サイディングは普及していません。施工できる工務店が少ないからです。そのため、デザインのバリエーションが豊富ではありません。よって、似ている見栄えになってしまうデメリットがあります。, ここまで述べてきたことから分かるように、サイディングにはいくつかの種類があります。, ただ、どのサイディングもメンテナンスが必要です。定期的に塗装をしないと雨漏りの原因になったり、コケや藻によって見栄えが悪くなったりしてしまうからです。, そこで、サイディングの塗り替えの目安を解説します。これを学べば適切なメンテナンスが行えます。, ただ、初めての方の場合、いつ外壁塗装を行えばいいのか分からない方が多いです。また、サイディングの種類によって塗り替えの目安やメンテナンス方法が異なります。, 艶があるタイプの外壁の場合、年数が経過すると光沢感が無くなります。そのため、太陽の光を反射しなくなったら塗り替えを行うことを考慮すると良いです。, ただ、塗料によっては艶が数年で無くなってしまうものがあります。そのため、すべての種類がに当てはまるわけでありません。, また、年数と艶が無くなる具合を考慮すると、信ぴょう性の高い塗り替えの目安になります。, 外壁を手で触ってみて手に粉が付きます。この粉塵は塗料が劣化して剥げてきたものになります。, これを「チョーキング現象」といいます。この現象が起こると、塗装による保護はほとんどありません。このとき、塗料は雨で洗い流されてしまいます。, 実際、高圧洗浄機(塗装する前に外壁を洗うもの)で外壁を洗うと、ほとんど塗料が落ちてしまいます。そのため、触れてみて塗装が付いたら塗り替えを考慮するようにしましょう。, 住宅の日当たりが悪い部分には、コケや藻が発生します。これがあると、塗装の劣化が早くなります。, 実際に掃除すると、その部分の塗料は剥げてしまっています。そのため、この状態は塗膜による保護がほとんどありません。, また、苔(コケ)や藻が外観の見栄えもよくありません。そのため、洗浄と塗り替えを行い、きれいにする必要があります。, 色があせをそのまま放置してしまうと、ひび割れたり塗膜の剥がれたりしてしまいます。そのため、塗り替えを考慮するようにしましょう。, 塗料が劣化すると、塗膜が浮いてきたり剥がれてきたりします。サイディングの場合、この症状が発生すると劣化が進んだ段階になります。, そのため、早急に塗り替えを行うと良いです。外装自体が痛んでしまうと、雨漏りの原因になり、外壁が長持ちしないからです。, サイディングは、樹脂系を除いてビス(建材を固定する先がとがったネジのようなもの)で留めています。そのため、その付近はクラック(ひび割れ)が発生しやすいです。固定しているため、負荷がかかっているからです。, ひび割れが起こるとそこから雨水が内部に侵入するため、早急に補修する必要があります。, また、サイディングの塗装を怠ると、ビスが錆びたり劣化したりします。その部分から雨漏りしやすいため、定期的に塗り替えを行うようにしましょう。, なお、サイディングの場合、クラックが発生するのは深刻な症状になります。万が一、ひび割れがある場合、早めに塗り替えると良いです。, サイディングの外壁塗装を行う際に、塗料選びで悩む方は多いです。種類が豊富なため、どれがどのような特徴があるのかわからないからです。, アクリル塗料は安価なため、材料費を抑えられます。 Copyright © 大阪で評判のいい外壁塗装業者を厳選比較!【口コミあり】 all rights reserved. サイディング塗装に必要な道具や工法とは. 金属サイディングは一見メンテナンスフリーに見えますが大間違いです。一般的な外壁と同じく10年程で補修が必要な劣化が起きています。塗装で済む補修か、張り替えまで必要な補修かなど詳しく解説し … サイディングは外壁塗装が必要か? 大多数のサイディングは、外壁塗装が必要です。なぜなら、サイディングの素材は水を吸うことで腐朽や劣化、サビが発生するからです。 さっそく、サイディングと塗装の必要性についてご紹介していきましょう。 ・サイディングボードの破損や欠落 3. サイディング外壁は定期的に塗装しよう! 今回はサイディング外壁の塗装の必要性や、メンテナンス周期を説明してきました。メンテナンス周期はサイディングの種類によって変わってきますが、約7~15年程度のものが多いです。 サイディング外壁に塗装を施す必要性 . 耐久性が高く、耐用年数も高い金属系サイディングですが、表面に塗装が施してあるなどの理由で 定期的なメンテナンスを必要とします 。 代表的なメンテナンスのひとつである塗装の塗り替えは、最低でも10年に1度は必要です。 大切なお住まい、できるだけ長く住み続けたいですよね。外壁塗装はお住まいに必要なメンテナンスです。外壁塗装の必要性・施工時のポイントを押え定期的に行うことによって、住居としての機能、美観、資産価値を末永くを維持できます。0120-948-355 とりわけ窯業系サイディングにおいて、塗装は外壁の意匠のために、高い必要性を持ちます。 さらに、住宅を守るという機能においても塗装は重要で、経年劣化を回復するためにも再塗装の必要性は高いも … また塗装の必要はありませんが、ひび割れが起きていたり変色が見られたりする場合は業者に点検を依頼することをおすすめします。 サイディングの塗装の必要性. サイディングの塗装は本当に必要なのか? ... 〜ウレタン系塗料が使用されている為、10年未満でセメント状態に逆戻りになる可能性が非常に高い。 サイディングもモルタルも同じ主成分である為、やはり必ず塗装は必要となってくる。 耐久性が高く、耐用年数も高い金属系サイディングですが、表面に塗装が施してあるなどの理由で 定期的なメンテナンスを必要とします 。 代表的なメンテナンスのひとつである塗装の塗り替えは、最低でも10年に1度は必要です。 サイディング外壁は、建設中に組み立てられるものではなく、予め工場で作られた板状の外壁材です。 それを建物の外壁面に取り付け、住宅の外装が作られます。 サイディングはモルタル壁と違い、いくらか経年劣化しづらいですが、だからといって塗装する必要がないというわけではありません。 サイディングはあくまで外壁の一種類なので、塗装が必要です。 外壁・屋根塗装についてのお役立ち情報を公開しています。追加費用不要の外壁塗装・屋根塗装見積もり依頼なら「外壁.com(外壁ドットコム)」。お家を守る大切な役割をしている外壁や屋根の塗り替え時期の目安、最適な塗料の選び方、工事方法について詳しくご説明いたします。 サイディングボードの外壁でよくみられる劣化の症状や不具合は主に 1. ウレタン塗料とシリコン塗料はどちらの選べばいいのか, フッ素塗料は、外壁塗装に使われる塗料の中でも高価になります。一般的に使われる塗料の中では最高グレードです。また、耐久性は約20年になります。, 艶が年数を経過しても無くなりにくく、防カビやコケや藻が発生しにくい特徴があります。そのため、長くきれいな見栄えを保てます。, また、フッ素塗料は、少し前までビルや橋などの塗り替えが頻繁に行えないような場所に使われていた塗料でした。実際に、東京スカイツリーには、この塗装が行われています。, しかしながら、フッ素塗料は値段が高いです。 一般的にサイディングの製造時に工場で塗装をしますがその耐久性はおおよそ7年~10年程度となっておりますので(あまり耐久性の高い塗料は使われないケースが多い)、その前後にはサイディングボードも塗装が必要となります。 1. 見栄えはもちろんですが、機能性の面でもあなたのニーズに合わせて細かいサイディングの種類が選べます。, ただ、製造過程で施された塗装は、耐久性が高いものが少ないです。そのため、新築から7、8年ほどしたら塗り替えを検討する必要があります。, また、窯業系サイディングボードは、水分を吸収しやすい特徴があります。そのため、塗装が劣化して防水性がなくなると、雨水などの水分を吸収します。これにより、ボードが膨張します。, その後、晴れの日に板の水が蒸発して乾きます。このとき、膨らんでいたボードが収縮します。そのため、メンテナンスを怠ると、サイディングが水分を吸収したり蒸発したりして伸縮を繰り返します。, 外壁が伸びたり縮んだりするのが何年も続くと、それに耐えきれなくなりクラック(ひび割れ)が発生します。, そのため、雨漏りの原因になります。これでは、外壁が長持ちしないため、定期的に塗り替えを行いましょう。, 万が一雨漏りしてしまえば、かえって修理費用がかかってしまいます。余計な金額がかかるため、適切な時期に塗装をするほうが良いです。, そのため、窯業系サイディングは、新築や前回の塗り替えから7~10年ほど経過したら一度業者に見てもらうようにしましょう。, 金属系サイディングには、大きく分けて3つの種類があります。「ガルバリウム鋼板(こうはん)」や「アルミニウム合金板」、「ステンレス鋼板」があります。, これは、金属板の表面や接続部の施工したものになり、表面材の違いで種類が分けられます。, なお、金属系サイディングボードについては、以下のページで詳しく説明しています。あなたのサイディングがこの外装であるのならば、目を通しておくことをお勧めします。, 金属系サイディングボードは、軽く作られています。他のサイディングと比べて、窯業系の約1/3になります。そのため、揺れに強く建物への負担が少ないです。そのため、地震に強い外壁材になります。, その他に、金属板と精度の高い接合部の形状から、非常に防水性に優れています。また、凍害に強くです。そのため、寒冷地のような寒い地域でも対応できる外壁になります。, なお、遮熱性や防音性に優れています。これらの特徴があることから、住宅の外壁に優れた人気の建材になります。, 金属系サイディングボードは、デザインの良さも魅力になります。モダン住宅に適した雰囲気のものやレンガ調や石積調などの色々な模様があります。, 金属系サイディングは、表面に塗装がしてあります。そのため、この塗装がなければ錆びてしまいます。, また、酸化しない素材のサイディングであったとしても、金属の地肌がそのまま見えると見栄えが悪いです。そのため、塗装が剥げてしまわないうちに塗装するのが良いです。, これから分かるように、金属系サイディングは外壁塗装が必要になります。新築や前回の塗り替えから10~15年で塗り替えを検討するようにしましょう。, また、古い外壁にそのまま重ねて張るリフォーム向けのものがあります。これを使えば、今ある壁を取り除いく必要がないため、施工費用を抑えられます。, 木質系サイディングボードは、天然の木材を使用した外壁になります。木を使っているため、断熱性能に優れている特徴があります。, そのため、防火地域、つまり都市の中心市街地や主要駅前、主要幹線道路沿いなど、大規模な商業施設や多くの建物が密集している場所には適さない外装になります。, 万が一火災が起これば、周りの建物に影響を与えてしまい、大惨事になりかねないからです。, このサイディングは、木材を使っているため、自然な風合いある外壁にすることが可能です。そのため、木の雰囲気を味わえます。, ただ、木目によって模様が決まるため、ある程度のバリエーションは決まってしまいます。, ただし、木材の独特の雰囲気を楽しめるため、木材に囲まれた住宅にすることができます。そのため、木の味わいを楽しめる家が良い方にはお勧めです。, ただ、木材でできているため、定期的に適切な塗装を行う必要があります。木に雨風が直接当たると簡単に腐ってしまうからです。そのため、塗料で表面を覆う必要があります。, ただし、耐久性の高い塗料で塗装すると木目が見えなくなります。木の味わいを楽しめなくなるため、木材の質感を残す方法がお勧めです。, これであれば、木目を活かした塗装が行えるため、木材の雰囲気を壊すことがありません。, ただ、この塗料は耐久性が高くないため、劣化したらすぐに塗り替えを行う必要があります。そのため、定期的にメンテナンスを欠かさず行うようにしましょう。, 樹脂系サイディングボードは、塩化ビニル樹脂を原料とした板状の建材になります。これは、北米で生まれた材料になり、耐久性に優れているのが特徴です。, また、塩害や冷害などの耐候性に優れているのが魅力になります。なお、樹脂になるため、錆や腐食が起こりません。年数が経過しても、劣化や体色がほとんどないため、メンテナンスが楽な建材です。, 一方、樹脂系サイディングボードは、材料そのものに着色してあるため、塗料が劣化する心配がいりません。また、塗装が剥げて色が変わることがありません。, ただ、新築から20年経過すると樹脂自体が劣化する可能性があります。その場合は、塗装を行う必要があります。そのため、何もなくても年数が経ったら一度業者に見てもらうと安心です。, なお、樹脂系サイディングボードについては、以下のページで詳しく説明しています。あなたのサイディングがこの外装であるのならば、目を通しておくことをお勧めします。, 前述の通り、樹脂サイディングボードは高い耐久性があります。そのため、外壁の塗装を20年に一度行えば良いです。, ただ、傷み具合や家の状況によって変わってくるため、必ずこの年数で塗り替えを行えばいいわけではありません。状況によってはもっと早く塗り替えを行う必要があります。, しかし、それでも高い耐久性や耐用年数があるため、維持が楽なサイディングです。 ただ、トータルコスト(生涯の塗り替えでかかる費用)で考えるとそこまで高額ではありません。耐久性が高いため、塗り替えの頻度を抑えられるからです。, 一般的なシリコン塗料と比較した場合、そこまで金額に差は出ないことがわかります。そのため、塗り替えの回数を減らせるため、手間暇を考えるとフッ素塗料で塗装するのが良いです。, 住宅の屋根や外壁の塗装は、1度行えば終わりではありません。定期的に行うことで家を長持ちさせ、安心して生活することができます。, 前述の通り、外壁に使われているサイディングは塗装が必要です。そのため、外装の種類ごとに適したメンテナンスを行うようにしましょう。, ただ、サイディングに必要な手入れは塗り替えだけではありません。合わせ目の隙間にコーキングを行っているため、打ち直しや打ち増しが状況によって必要になります。そのまま放置すると、劣化して雨漏りの原因になってしまうからです。, そのため、痛んでいる状態に応じて打ち替えか打ち増しを行うと良いです。そこで、以下ではサイディングに使用しているシーリングのメンテナンスのポイントを紹介します。, 前述の通り、コーキングは年数が経過すると劣化します。これを放置すると、雨漏りの原因になります。そのため、シーリングのメンテナンスは定期的に行うようにしましょう。, しかしながら、素人ではなかなか適切なメンテナンス時期を見分けることは難しいです。そのため、塗り替え時期を誤ってしまう可能性があります。, 最悪の場合、手遅れになり、雨漏りしてしまうため、新築や前回の塗り替えから8年経過したら、一度プロに診断してもらうようにしましょう。, ただ、見てもらう業者によっては、強引に塗り替えやコーキングの打ち直しを迫ってくる可能性があります。そのため、診断を依頼する際はむやみやたらに頼まないようにしましょう。, 前述の通り、コーキングは劣化します。そのため、打ち直し、または打ち増しを行う必要があります。クラックが発生し、雨漏りしてしまうからです。, コーキングの打ち替えは、既存の古いシーリングを撤去してから新しく打ちます。そのため、完全に新しくなり、耐久性や機能性も新品同様になります。, また、打ち直しは、シーリングの劣化がひどい場合に行うのがほとんどです。コーキングがボロボロな状態に打ち増しを行ったとしても、耐久性に問題があるからです。, また、それでは隙間から雨水が侵入してしまい、外壁の内部が腐ってしまう可能性があります。, 一方、打ち増しは、今ある古いシーシングの上から新しいコーキング材を打つことによって補強を行います。, 打ち増しは、シーリング材があまり劣化していない場合に行います。今あるものを撤去しないため、工程が打ち替えに比べて少ないです。そのため、手間暇がかからず、作業性に優れています。, しかしながら、打ち替えと打ち増しのどちらがいいのかは、実際にプロに判断してもらうしかありません。素人では信ぴょう性ある診断ができないからです。, ただ、新築や前回の塗り替えから10年経過した場合は、打ち増しより打ち替えのほうがいいです。, その理由は、あくまでも打ち増しは補強になるため、打ち替えよりは長持ちしないからです。次回の塗り替えまでの期間持つ保証がありません。そのため、症状によりますが、打ち直しをするのがお勧めです。, また、塗装と一緒に打ち直しをすると費用を抑えられます。手間暇がかからないからです。そのため、施工費用が高くなりません。, サイディングの住宅であるのならば、コーキングと家の塗装を一緒に行うようにしましょう。, ここまでサイディングの特徴とメンテナンスのポイントを紹介してきました。色々な種類があるため、あなたの外壁がどれに当てはまるのかによって、塗装の方法や塗料の選び方が変わります。, そのため、適切な方法で塗り替え工事を行うようにしましょう。また、サイディングの外壁で新築から8~10年経過している場合、一度業者に見てもらうと良いです。素人目線では外壁を判断するのは難しいからです。, ただ、依頼する業者によっては優良業者とは限らないため、むやみやたらに業者を選ばないようにしましょう。, メールフォームへのご依頼は、24時間受付しております。下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。, ・お問い合わせ頂きましたあなたに対して、強引な営業・売り込みをすることは一切ありません。, ・詳細な工事内容について知るため、電話をかけさせていただくことがあります。この場合も、強引な営業はいたしません。, ・フォームへ記入した内容について、あなたの許可なく個人情報が外部に漏れることはありません。安心して当サイトのサービスをご利用ください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ただ、耐久性が5年程しかないため、住宅の塗り替えで使われることはほとんどありません。次回の塗装時期が、5年後になってしまうからです。, そのため、次回の塗り替えを10年に一度にしたい方には不向きな塗料になります。 これから先、シェアを伸ばしていきそうな外壁材が金属系サイディングです。ご自分で点検する際に何に気をつけるべきか、お手入れが必要な場合はどのようなことを行うのかを解説いたします。0120-948-355 サイディング外壁は定期的に塗装しよう! 今回はサイディング外壁の塗装の必要性や、メンテナンス周期を説明してきました。メンテナンス周期はサイディングの種類によって変わってきますが、約7~15年程度のものが多いです。 サイディングは表面に施された塗装によって防水性や防錆性といった機能をもっています。 大きな破損がない限り、塗装を施すことでサイディングの機能を保ち続けることが出来ます。 ・表面を保護している塗装の劣化 5. サイディング外壁への塗装の必要性や塗装のタイミング・費用について紹介します。オシャレな外観や高い保護効果で注目を集めているサイディング外壁ですが、メンテナンスも必要です。 サイディング塗装(窯業系)の必要性を劣化症状別に初心者の方にも分かりやすくまとめました。塗料の選び方、費用相場、注意点といったサイディング塗装の基礎知識や、コーキングの補修まで、サイディング塗装に必要な基礎知識について解説します。 シーラー、プライマー、フィラーの特徴をまとめたページです。外壁塗装の適正な価格を知るには、優良業者への一括見積もりが基本です。さらに第三者機関による中立なアドバイスであなたをサポート。 サイディング塗装の必要性まとめ . シリコン塗料のほうが耐用年数が5年程伸びます。, それを踏まえた上で考えると、シリコン塗料のほうがコストパフォーマンスがよくお勧めです。, このことについては、以下のページでさらに詳しく解説しています。どちらか悩んでいる方は、目を通しておくことをお勧めします。 ・サイディングボードの変形 4. 金属系サイディングは比較的耐久性の高い外壁材ではありますが、それでも10年に1度は塗装やシーリング補修が必要です。 また、金属はサビに弱いため、 20〜30年に1度貼り替えを行うことを前提 にしましょう。 木質系サイディング 新築時に「サイディングは塗装不要」と耳にした方もいらっしゃるかもしれませんが、サイディング外壁には定期的な塗装メンテナンスが必要です。 サイディングは塗装が必要であり、それがなくなると浸水などの被害があるということでした。 ではどれぐらいで再塗装しなければいけないかというと、世間一般には10年と言われていますが、これは目安であり使う塗料や家の環境によって異なります。 これから先、シェアを伸ばしていきそうな外壁材が金属系サイディングです。ご自分で点検する際に何に気をつけるべきか、お手入れが必要な場合はどのようなことを行うのかを解説いたします。0120-948-355 窯業系サイディングの外壁は、そのデザイン性や防火性、工期の短縮などの面で優れています。 新築戸建住宅の7割以上が窯業系サイディングといわれるほど、現在、最も多用されている外壁材です。 サイディング外壁に塗装は不要?費用や塗装時期・業者の選び方などについて解説. うちはサイディングだけど、なんで塗装が必要なの?」そんな風に疑問にお持ちの方が多くいられましたので、こちらで解説をさせて頂きたいと思います。出来るだけ分かりやすくご説明するために、実例を元にしております。 「サイディングに塗装って必要なの?」という方から、「そろそろメンテナンスの時期というのは分かっているけど塗装についての知識が全くなくて不安!」という方まで、本記事で丁寧にサイディングの塗装について解説をしていこうと思います。 サイディング外壁は、建設中に組み立てられるものではなく、予め工場で作られた板状の外壁材です。 それを建物の外壁面に取り付け、住宅の外装が作られます。 外壁塗装は家に長く住むためにも絶対に必要な工事なのですが、その重要性に関してしっかりと認識している人は少ないです。放っておいた場合の追加工事等もまとめています。 サイディングも劣化するので外壁塗装は必要です。 サイディング自体も劣化するのですが、それより早く劣化するのがコーキング コーキングというのは、建物の隙間に防水、気密性を高めるために充填する材料で固まるとゴムのようになります。 住宅の塗り替えの必要性について詳しくご紹介します。 1-1. サイディング外壁に塗装を施す必要性 . ・サイディングボードのひび割れ 2. 外壁塗装の本来の目的は「保護」 「塗装」というと、多くの人が見た目をきれいにする為(美観を保つ)と思うのではないでしょうか。 サイディング塗装にはどのような道具を使い、どんな施工方法があるかご存知ですか?リフォームが適切に施工されているかチェックする上でも覚えておきましょう。 サイディング塗装にはこんな道具を使う サイディングは、大切なマイホームを雨水や衝撃から守ります。デザイン性が高く、塗り壁や外壁タイルよりも安く施工できるので人気です。 防水性を考えると、10年おきにサイディング塗装を塗り替えるのがおすすめ。 サイディング塗装(窯業系)の必要性を劣化症状別に初心者の方にも分かりやすくまとめました。塗料の選び方、費用相場、注意点といったサイディング塗装の基礎知識や、コーキングの補修まで、サイディング塗装に必要な基礎知識について解説します。 サイディングは塗装が必要であり、それがなくなると浸水などの被害があるということでした。 ではどれぐらいで再塗装しなければいけないかというと、世間一般には10年と言われていますが、これは目安であり使う塗料や家の環境によって異なります。 サイディング外壁への塗装の必要性や塗装のタイミング・費用について紹介します。オシャレな外観や高い保護効果で注目を集めているサイディング外壁ですが、メンテナンスも必要です。 サイディング塗装の必要性をご紹介しましたが、サイディングにはどのような種類があるかご存知でしょうか? それぞれの種類ごとに特徴やメリット・デメリット、さらに費用についてもまとめてみました。 窯業系サイディング 窯業系サイディングの外壁は、そのデザイン性や防火性、工期の短縮などの面で優れています。 新築戸建住宅の7割以上が窯業系サイディングといわれるほど、現在、最も多用されている外壁材です。 金属サイディングの塗装の基礎知識について具体的にまとめました。ガルバリウム鋼板やアルミサイディングの種類別の劣化症状を始め、ウレタンやシリコンなどの塗料の選び方、具体的な塗装工程について初心者の方にも分かりやすくまとめました。 草深塗装店株式会社は静岡市葵区を中心に、『丁寧』『安心』『誠意』のある施工を心がけます。外壁塗装は住宅の顔です。安心の3回塗りでしっかりと施工を行います。地域密着型として、リーズナブルな価格で承っております。 窯業系サイディングの塗装はなぜ必要なの? 窯業系サイディングの塗装は特殊な塗料を使用していない限り、目立った外傷や劣化症状がなくても10年に1度は塗装を行わなければなりません。 塗装が必要な … 金属サイディングの塗装の基礎知識について具体的にまとめました。ガルバリウム鋼板やアルミサイディングの種類別の劣化症状を始め、ウレタンやシリコンなどの塗料の選び方、具体的な塗装工程について初心者の方にも分かりやすくまとめました。 外壁・屋根塗装についてのお役立ち情報を公開しています。追加費用不要の外壁塗装・屋根塗装見積もり依頼なら「外壁.com(外壁ドットコム)」。お家を守る大切な役割をしている外壁や屋根の塗り替え時期の目安、最適な塗料の選び方、工事方法について詳しくご説明いたします。 サイディング塗装の必要性まとめ . サイディング外壁の相談、または、信頼ある業者さんを選んで不安を解決されたい場合は、 0120-164-917(相談受付24時間) に電話をかけて頂き、電話口で 「外壁塗装の相談がしたい」 とお伝え頂ければ嬉しいです。 ※ 事前に情報を伝えた上でご相談されたい場合はフォームをご利用ください。 窯業系サイディングの表面の塗装の膨れ(ふくれ) 窯業系サイディングの表面の塗装の膨れにも注意する必要があります。 撥水性がなくなった窯業系サイディングは2~3日続く長雨や台風のときには、本体に水分が多量に含まれます。
2020 サイディング 塗装 必要性