WordPressの固定ページで、bodyタグのclassにスラッグ名を設定したいときの備忘録。 私のコーディングのクセというか方法では、bodyタグのclassにWordpressでいうところのスラッグにあたるクラス名を与えて、スタイルを振り分ける方法を行っています。 WordPress の固定ページ (page) は投稿に似ていますが、投稿の時系列構造の外にあります。 固定ページは異なるページテンプレートを使って表示できます。 また固定ページは他の固定ページを親に持つ階層化した構造にすることもできますが、ふつうはカテゴリーとタグをつけることができません。 固定ページテンプレート(ページテンプレート)によって条件分岐まとめ. 1-1、wordpressの投稿・固定ページでスラッグ取得。 管理画面で投稿や固定ページの一覧にスラッグを表示させる方法を紹介しています。スラッグのカラムが増えることでより投稿・固定ページの管理がしやすくなります。 WordPressで現在のURLを取得する方法を解説しました。 ... 【WordPress】固定ページの記事順番を変更する方法!プラグイン無し・有りを解説 2018.04.14 【WordPress Plugin】Intuitive Custom Post Orderの設定と使い方!投稿・固定・カテゴリー・タグの並び順変更 2018.04.14; WordPressのページを、スラッグ(slug)を使って文字列を取得する方法です。 念のため、スラッグとはURLのパスの事です。 [Wordpress]URL内にカテゴリーを入れるパーマリンク設定。カテゴリーが日本語になっているのを英語に変更するスラッグ設定。ディレクトリー構造にする場合の手順。固定ページの階層化も。 WordPressにて、スラッグ名が分かっている時にそれに対応するURLを取得する方法です。 ループ外でも使用できます。 WordPress3.3.2にて動作確認済み。 スラッグの取得. 説明. WordPressを使ってると、意図せず日本語URL・スラッグができあがるリスクがあります。そこで、URLの日本語を完全に禁止する方法をまとめました。あるプラグインを使えば数分くらいで簡単に設定 … 前提・実現したいことWordPressで記事を表示する際、特定のタームに属し、その中から表示する記事を投稿スラッグで指定したいです。 タクソノミー(ABC)ターム(abc)投稿スラッグ(toukou) 例えば上記のような投稿があるとして、次のように記述すると記事は表示はされますが … WordPress で現在表示しているページの直上の親ページのスラッグやIDを取得して表示する方法を紹介します。例えば、固定ページで現在表示しているページの親ページの情報を表示したいときに便利な方 … スラッグ名で分岐処理を行いたい ちょっと調べて実装したのでメモ。固定ページの見出しをスラッグ名ごとで変更したかったので、have_posts()のループ内でスラッグ名を取得してswitch文で分岐処理を実装しました。 [crayon-5fcabbdc60ba1764831468/] 5行目で実行しているget_post_fieldメソッドがスラッグ … その下層ページを固定ページで作成する場合、投稿する際にここをいじります。 この下のパーマリンクというところの右端、 編集をクリックし. 固定ページのスラッグ取得方法 14,187件のビュー; レスポンシブで固定ヘッダー高さが可変する際のアンカースクロールを簡単実装 13,139件のビュー 【jQueryの条件分岐】部分一致”indexOf”について … 固定ページのスラッグは、覚えやすいように短くしましょう。単語1つだけにする場合もあります(例:「店舗情報」→「about」)。対して、投稿のスラッグは、SEOを意識して、いくつかの単語をハイフンでつないで入力するのが一般的です。 この前は、カテゴリーのスラッグの取得方法を書いたわけですが、本日は「固定ページのスラッグ取得」をφ(`д´)メモメモ...まず冒頭にpost_name;// … wordpress phpについて質問です。 サイドバーで、特定子ページ(スラッグ)とそれ以下(孫ページ たくさんある)に表示する方法を教えていただけませんでしょうか。孫スラッグを指定する方法もありますが、今後も増える予定があり自動的に反映できればと思っております。 親 ┣子& WordPressでは、固定ページ、投稿やカテゴリーなどの各ページのURLのことを指します。 パーマリンク(Permanent Link)とは直訳すると「恒久的なリンク」で … アーカイブ用の固定ページを作る WordPress のプラグイン Advanced Custom Fields を使ったカスタムフィールド値の取得と表示方法を紹介します。値の取得方法と合わせて、表示されない時の注意点や対処方法も紹介します。 上記は固定ページの例。 この固定ページのスラッグは「jp」で、これを取得して出力するには以下のコードを使う。 post_name ); ?> リンクURLに含む必要がある場合等 … PHP で使えるように、投稿または固定ページの パーマリンク を取得します。 このタグはパーマリンクを出力しません。ループ の外で使うことができます。 失敗した場合は false を返します。. wordpressにて固定ページが親子関係を持っている場合、子ページで親ページの情報を取得したいときがあります。 これが意外とめっちゃはまりました…いろんなページを参考にしても、なにもでないか、出たと思ったらそのページ(子ページ)の情報だったり… WordPressにおいて、ページ表示用のテンプレートを用意する方法は様々です。 WordPress本体サイトにもありますが、引用させていただきますと カスタムテンプレートファイル:管理画面で固定ページ作成するときに選択する「テンプレート」のこと page-{slug}.php page-{id}.php page こんな風に半角英語に変えます。 これがスラッグになります。 home_urlにスラッグを入力 WordPressで記事を書く際に僕はスラッグを1記事ずつきちんと設定しているんですけども、固定ページ一覧画面や投稿一覧画面でスラッグを確認したくなったのでfunctions.phpに追記しました。 プラグインやテーマの中では、アクション setup_theme /en 以降に使用できます。 WordPressでホームページ制作をしていると、ときどき「スラッグに関連づいたIDを使いたい」となる場合があります。 「スラッグ名ではダメで、IDを番号のように使いたい」 のような場合を、私自身もわずかながら経験したことがあります。 WordPressでスラッグからURLを取得する。 デモサイトから本番サイトに移行するのもスラッグ使った方がスムーズですね。 カテゴリースラッグからURLを取得する スラッグが日本語だとエンコードされて余計にややこしくなりますが、単にユニーク性を求めて条件分岐の目印に使うのであれば大差ないと思います。 テンプレート上での表示と取得. スラッグ(slug)は、投稿や固定ページなどのページの固有の識別子として登録される値で、ページの識別子として URL の一部(最後の部分)に使われます。また、パーマリンクの設定によってその値は変わってきます。 ので、最終的に固定ページが1ページ増えるだけで特に他には影響が出ない【方法②】に落ち着くわけである。一応WordPress推奨の方法だしな… 今更説明するまでもないと思うけど、一応手順は以下の通り。 方法②-手順1. ループ外の場合:is_page_template()を使う。 ループ内の場合: get_page_template_slug()でスラッグを取得して分岐させる。 いかがでしょう。 Enterキーを押すとsubmitされるのを防ぐ 237件のビュー; flexboxのspace-betweenが効かない時の備忘録 218件のビュー; 一定時間だけ表示するモーダルウィンドウ 98件のビュー; 外部HTMLをポップアップする 88件のビュー; inputのplaceholderにfontawesomeのアイコンを表示させる 88件のビュー WordPressパーマリンク各ページのURLのこと. 様々な条件を指定してWordPressの投稿内容を商品ページのフリーエリアへ表示できます。 InfoTownMedia 商品登録のフリーエリアへ画像を挿入するための画像読み込み機能を追加します。
2020 wordpress 固定ページ url 取得 スラッグ