7月8日に日本棋院関西総本部で行われた、自身公式戦2戦目となる第23期ドコモ杯女流棋聖戦予選bでは田中智恵子四段に勝利してプロ公式戦最年少勝利(10歳4か月 )を記録 。 中邑菫(なかむら すみれ)さんが、囲碁と出会ったのは、3歳のころ、 母親・幸(みゆき、38)さんからの指導だったそうです。 最初は、オセロや五目並べで楽しく遊んでたのかな。 7歳になったころ、一家3人で、韓国のソウルで修業します。 その時に、父親のプロ棋士である中邑信也九段(45)は、 韓国の子供たちの囲碁を学ぶ環境が、日本にはない環境をみて、 世界を目指すために、この韓国で、 中邑菫(なかむら すみれ)さんを学ばせ … 囲碁の日本棋院が5日、最年少プロ棋士として小学4年の仲邑(なかむら)菫(すみれ)さん(9)を4月から採用することを公表した。通常の手続きを省略する前代未聞の若手抜擢(ばってき)の背景には、藤井聡太七段(16)らが活躍する将棋界の人気への焦りや女流棋士の伸び悩みへの危機感がある。, 「藤井七段が活躍する将棋界がうらやましい」。折に触れて将棋界への羨望のまなざしを向けるのは井山裕太十段(29)=五冠=だ。2度の七大タイトル独占を成し遂げ、昨年は将棋の羽生善治九段(48)とともに囲碁界初の国民栄誉賞を受賞したが、スターを次々と輩出する将棋界への焦りは否めない。, 約20年前に週刊少年ジャンプで連載された漫画「ヒカルの碁」で一時、囲碁ブームが盛り上がったが、その後は人気拡大への“決め手”が打ち出せていないのが実情だ。日本棋院が発行する雑誌などの定期購読会員数の減少傾向にも歯止めがかかっていない。, 「将棋教室への小中学生の参加者増加につながった藤井七段のような存在が必要だ」。囲碁界には若手スターの誕生を求める声が広がっている。, 今回の背景には女流棋士の強化策の側面もある。日本を追い抜き囲碁先進国になった中国や韓国勢と戦う国際棋戦では、久しく勝てない状況が続いている。とりわけ女流棋士の場合は台湾勢も力を伸ばしており、30年に日本で行われた国際棋戦では、国内第一人者の藤沢里菜女流名人(20)でさえ中台韓に続く4位にとどまった。, 日本棋院の小林覚副理事長は「強いプロが多くいて競いあうことで、世界一が生まれる可能性が高くなる」と説明。仲邑さんのプロ入りによる女流棋士の実力面の底上げを期待した。. 仲邑菫 プロフィール 読み方:なかむら すみれ 生年月日:非公開 血液型:/型 身長:/cm ニックネーム: 特技: 趣味: 出身地:大阪府 所属:/ 中邑さんの生年月日は公開されていません。 ですが、報道発表によると、 4月1日付けのプロ登録日には 10歳0ヶ月という風に書かれているため おそらく生年月日は「2009年4月」と 予想されます。 11歳6ヶ月で女流棋士特別採用で入段し、最年少記録とのことです。 な、なんと、藤井四段よりも早い....しかも小学5年生でプロ!!(絶句!!!!!) 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。, 囲碁の日本棋院は5日、小学4年生の少女、仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が史上最年少でプロ棋士の初段になると発表した。4月1日付のプロ入り時は10歳0カ月で、藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳6カ月を9年ぶりに更新する。, 中国、韓国が席巻する国際棋戦で活躍できるプロ棋士養成のため、日本棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士」に選抜されたもので、特例でプロ棋士になる。, 東京都千代田区で記者会見した菫さんは、憧れは井山裕太王座(29)と語り、囲碁の魅力を聞かれると「勝った時がうれしいです」とほほ笑んだ。将来の夢は「中学生のうちにタイトルを取りたいです」と話した。, 菫さんは東京都で生まれ、現在、大阪市内の小学校に通っている。1日6~9時間、囲碁漬けの日々という。父親はプロ棋士の仲邑信也九段(45)、母親はアマチュア強豪。3歳で囲碁を始め、小学2年で少年少女の全国大会に出場するなど活躍した。, 最近は韓国で腕を磨き、採用試験では日本のナショナルチームコーチも務める張栩名人(38)と対局し、井山王座らも内容を審査した。会見に同席した張栩名人は「9歳という年齢でこれだけの力というのは衝撃的。将来が楽しみで必ず世界で戦える棋士になると強く思います」と語った。, 主要な棋士では趙治勲名誉名人(62)が11歳9カ月で、井山王座は12歳10カ月でプロ棋士となった。囲碁には日本棋院、関西棋院があり、日本棋院には約340人のプロが所属している。菫さんは日本棋院の関西総本部に所属する予定。. 日本囲碁界で史上最年少で. 今春、史上最年少で囲碁の日本棋院のプロ棋士となる大阪市の小学4年、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)が22日、7歳から修業を積んできた韓国・ソウルに「凱旋(がいせん)」した。 藤井 聡太(ふじい そうた、2002年 7月19日 - )は、将棋棋士 。 杉本昌隆八段門下 。 棋士番号は307 。 愛知県 瀬戸市出身 。 名古屋大学教育学部附属高等学校在学中(2018年4月 - ) 。. 「囲碁界における史上最年少棋士」について考察していきます。 ミスリードの罠 囲碁界に突如として現れた「史上最年少棋士」として世間から注目を浴びている1人の天才少女をご存知でしょうか? 言わずと知れた「仲邑菫さん」です。 男性では趙治勲25世本因坊の1968年の11才9ヶ月最年少記録を抜いています。 趙さんは、2016年にAIのDeep Zen Goに勝ち越してます! 出典https://twitter.com/mainichi_igo 仲邑菫(なかむらすみれ) 年齢 9歳(2019年1月現在) 出身地 大阪府. 2019年7月8日(月)、最年少プロ囲碁棋士、仲邑菫(なかむらすみれ)さんが最年少でプロ初勝利をあげました。しかもまだたったの10歳、小学5年生ですよ。恥ずかしい話、今まで仲邑菫さんの存在を知らなかったので、今回は仲邑菫さんと女流囲碁棋士の世界を少しだけ調べてみました。 囲碁の日本棋院は5日、小学4年でアマチュア強豪の仲邑(なかむら)菫(すみれ)さん(9)=大阪市=を4月1日付でプロ棋士とすると発表した。プロ入り時の年齢は10歳0カ月で、史上最年少となる。記者会見での一問一答は以下の通り。 Nikkei Inc.No reproduction without permission. 有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。, 有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。, オープンイノベーションで生み出す 変化を乗り切る未来の働き方(東京海上日動火災保険). 仲邑菫(プロ棋士)小学校やプロフィール! . 囲碁の日本棋院が5日、最年少プロ棋士として小学4年の仲邑(なかむら)菫(すみれ)さん(9)を4月から採用することを公表した。 囲碁の最年少棋士、11歳の仲邑菫初段が14歳の上野梨紗初段と初めて対局し、2人合わせて25歳10か月で公式戦の最年少対局記録を更新しました。 藤沢里菜さんも、このままいくといろいろな記録を作りそうですね。 プロ棋士デビューが決まった の女の子、仲邑菫さん凄いですね! . ニュースの内容はこんな感じ。 囲碁の棋士採用試験に最年少で合格した天才棋士。 昨日からどのメディアでも大きく取り上げています。 「中学生じゅうにタイトルを取りたい」はもはや名言。 日本で最も強くて若い天才棋士の井山裕太さんも 「これからすごい棋士になるのは間違いない」 と絶賛するほどの腕前。 実際に井山プロに引き分けという 偉業を成し遂げています。 日本人は世界に通用しないと言われてきた 囲碁の世界で唯一世界で通用した井山プロが これだけほめるのだから相当な腕前なのでしょ … 第44期名人戦挑戦手合、芝野は開幕戦を落としたものの、その後4連勝して七番勝負を制した。史上初、10代名人の誕生となった。その戦いぶりは安定し、敗れた張栩名人に「完敗です」と言わしめたほどだった。 9月23日には、17歳の高校生、上野愛咲美女流棋聖が一般(年齢、性別の区別のない)棋戦で準優勝する。女性初の準優勝が快挙とクローズアップされたが、17歳という若さもすごいことだった。 なぜ10代の若手がトップに立てるようになったのだろうか。 囲碁、最年少プロ棋士は、誰ですか? 藤沢里菜初段が11才6ヶ月で最年少です。男性では趙治勲25世本因坊が11才9ヶ月です。 囲碁の世界が熱いです! 2019年4月1日付で、10歳の少女(発表時は9歳)「仲邑菫(なかむら すみれ)」さんが、プロ棋士になることが明らかになり、 史上最年少の棋士 が誕生しました! 囲碁界史上最年少のプロ になることが明らかとなりました。 これまでの記録は、藤沢里菜女流本因坊が持つ、11歳6ヶ月 でしたが、仲邑菫さんは、なんと10歳0ヶ月でのプロ入りとなりました。 囲碁の日本棋院は5日、小学4年生の少女、仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が史上最年少でプロ棋士の初段になると発表した。4 4月1日付のプロ入り時は10歳0カ月で、藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳6カ月を9年ぶりに更新する。 週刊碁が主催する『新初段シリーズ』にて、仲邑菫ちゃんが台湾のトップ女流棋士である『黒嘉嘉(こく・かか)七段(24)』と対局することになりました。黒嘉嘉七段は台湾でモデルの仕事もされている綺麗な方です。 白番: 黒嘉嘉七段(台湾) 黒番:仲邑菫 結果:白、黒嘉嘉七段の中押し勝ち 序盤の右下の攻防で激しく揺れ動いた後はほぼ形成は互角だったようです。160手あたりから緩やかに白が良くなってますね。そして最 … 国内最年少棋士の仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が2日、中国・福建省で行われた「中日女子囲碁超新星招待戦」の第1局に臨み、中国の呉依銘二段(13)に219手までで白番中押し負けし … 1 囲碁天才少女仲邑菫が史上最年少で囲碁プロ棋士に! 2 世界チャンピオンと比較! 2.1 井山裕太五冠 2.2 朴廷桓九段(韓国のNo.1)
2020 囲碁 プロ 最年少