endstream endobj 196 0 obj <>>>/Filter/Standard/Length 128/O(���%6¶��M�%�OR/&:>u@�)/P -1324/R 4/StmF/StdCF/StrF/StdCF/U(3_D�ae�s�`��� )/V 4>> endobj 197 0 obj <>/Metadata 11 0 R/OCProperties<>/OCGs[225 0 R]>>/Outlines 17 0 R/Pages 193 0 R/StructTreeRoot 22 0 R/Type/Catalog>> endobj 198 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/Properties<>/XObject<>>>/Rotate 0/StructParents 0/Tabs/S/Type/Page>> endobj 199 0 obj <>stream ◆中国国家統計局によると、2020年7月~9月の実質GDP成長率は前年同期比4.9%(以下、変化率は前年同期比、前年比)となった。1 1月~3月の▲6.8%から4月~6月は3.2%へと急回復し、7月~9月も順調な回復が続いたことになる。� 中国にとっては第13次5カ年計画(2016年-2020年)の最終年であり、経済成長の減速に歯止めをかけねばならず、景気の行方から目が離せない。 2020年9月18日 小岩井 忠道(中国総合研究・さくらサイエンスセンター) 今年の世界全体の実質国内総生産(GDP)成長率はマイナス4.5%となり、2021年は5.0%に回復するという「経済見通し中間報告」を16日、経済協力開発機構(OECD)が発表した。2 ���?��-ç�. 中国国家統計局は17日に発表したデータによると、2020年第1四半期(1-3月)のgdpは概算では20兆6504億元(1元は約15.2円)で、不変価格に基づく計算では前年同期比6.8%減だった。 h�bbd```b``����A$� �f���H�E`Y��� ���� ����90�Dr(���� R�l� ��� �-�2~�6�,R�" bs:�E������V��Hs�?S�{� 6� 中国 国内総生産 ラスト 前回 最高 最低 ユニット; gdp成長率 2.70: 11.70: 11.70-10.00: パーセント 2020年1月17日に発表された、2019年の中国のGDP(実質国内総生産)成長率は6.1%でした。2 2018年のGDP成長率は前年比6.6%(2017年は同6/8%)だったので、2018年より0.5ポイント縮小したことにな … 2020-t. B250) 2020年第3四半期gdp成長率は改善 中国国家統計局が. %PDF-1.6 %���� 10月19日に発表した、2020 年7~9月期の実質gdp(国内総生産)成長率 E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp. aITݩ=l��c��9W��bQ{8��)�(mE�+�{d�Q��5Ls#!Xy�_��[�4��J�{�d�ж�P�TA29H�>2Xa���$��X���xC�,B�;�_;��21@�d*?E Vwg=��d: Ve�aRӥ8�����3��I#V��/� �҈�46��x } X� 中国国家統計局は19日、主要経済指標を発表しました。7-9月期の実質gdp成長率は前年同期比+4.9%と、市場予想(同+5.5%)を下回ったものの、前期の同+3.2%から伸び率が拡大しました。 もっとも、在庫調整、外需の停滞、所得不安が重しとなり、回復ペースは鈍化する見通しである。2 2020年は+1.4%成長、2021年は+8.6%成長と予想する。 %%EOF ��Lduk��/c�֮R�(&��ʀ_�n]��K#C9R�[����NJ�Z?hVB5㜇�#�.��'� 誘致, 中国国家統計局の10月19日の発表によると、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率は4.9%と、プラス成長に回復した第2四半期(4~6月)から1.7ポイント上昇した(添付資料図参照)。第3四半期のGDP成長に対する需要項目別の寄与度は、総固定資本形成(投資)が2.6ポイント、最終消費支出(消費)が1.7ポイント、純輸出(外需)が0.6ポイントだった。新型コロナウイルスなどの影響で、前の2四半期は消費の寄与度がマイナスになっていたが、今期はプラスに転じた。, 2020年1~9月の主要経済指標をみると、投資(全国固定資産投資、農業を含まない)は前年同期比0.8%増(1~6月は3.1%減)、うち、インフラ投資は0.2%増、民間投資は1.5%減となった。消費(社会消費品小売総額)は7.2%減と引き続きマイナスとなったものの下げ幅は縮小し、四半期ベースでは第3四半期に0.9%増とプラスに転じた。1~9月の消費のうち、インターネット上の実物商品小売額(注1)は15.3%増と引き続き2桁増となり、全体の24.3%を占めた。工業生産増加額(付加価値ベース)は1.2%増(1~6月は1.3%減)とプラスに転じた(注2、添付資料表参照)。, 統計局の劉愛華報道官は今後の見通しについて、先行指標となる新規着工プロジェクトの計画投資額の増加や、国慶節の休暇期間中の旅客数が前年の約8割の水準まで回復したこと(2020年10月16日記事参照)などに需要の回復が示されていること、工業の設備稼働率が上昇するなど産業内循環の改善がみられること、PMI指数の上昇や企業の利益増加から企業マインドの好転などを挙げ、第4四半期(10~12月)も現在の経済の趨勢を維持する基礎や条件が備わっていると述べた。, 中国政策科学研究会経済政策委員会の徐洪才副主任は第3四半期の4.9%という成長率について、予想と一致していたとし、第4四半期も現在のような回復の勢いが持続すれば、2020年通年では2.5%前後の成長を見込めるとした(「21世紀経済報道」10月20日)。一方、経済指標をみると、工業生産の回復が比較的早い一方、製造業の投資は1~9月で6.5%減と低迷していること、消費も回復しているもののコロナ以前と比べると低い水準にとどまっていることなど、経済の回復に不均衡が生じているとも指摘している(同、注3)。, (注1)インターネット小売額は、実物商品と非実物商品(バーチャル商品、サービス)の販売額に分かれており、非実物商品の販売額は社会消費品小売総額には含まれない。(注2)2020年1~9月の貿易動向については2020年10月21日記事を参照。(注3)2020年9月の消費の伸び率は前年同月比3.3%増と、2019年通年(前年比8.0%増)と比べると半分以下の伸びとなっている。, ジェトロ海外調査企画課 中国の回復は予想を上回る速さで進んできたものの、世界経済がパンデミック以前の活動水準に戻るまでの長い登り道には、まだ幾度かの後退もありそうだ。 世界の成長見通しとリスク. 中国のgdpの推移 最終更新日:2020年10月14日 GDP(国内総生産)とは、国内の生産活動による商品・サービスの産出額から原材料などの中間投入額を控除した付加価値の総額。 243 0 obj <>stream 2020年の名目gdpで比較すると上位国は. 林氏は、「国際情勢がどのように変化しても、中国は2030年までは毎年8%のgdp成長率を維持するポテンシャルがある。通常の年であれば6%前後のgdp成長率を維持して、他国を3ポイント上回ることになる」との見方を示した。 国の経済力の物差しにはいくつかの指標があるが、よく使われるのがgdp(国内総生産)。 :ms@��S���__�Z��p�0 �T$u�ɥ�ζO���㈑��}@ScM_�L�����%^ fX�M�V�����������ڊ��n8�W� �W�V�UЇɖ>W�� W֬�\�ol��E�Q��%�A'cs8�԰�n���]�h^��sj��O����;tJ�Q1�t�ݐX�Ƶc1��H-Ѻ�)!��s�\���%��)�E\�I�)&1nBNJ5�А� [gOR���dSPMmp�����%cH�x�V�8�Wށ�����Cp���ѵ4,��d�w��%9z�}�q��vD��h4��J�sP��2�^�l��%cu���;���r&�VG�[�|U��˴w��/�Ӱ��R|v6���E� �@EK�kl�N祹���~�te���A�׀ЎC#��jD��� -KJ�1���O�����N��o�0��g�#xCIh��K��^j�:�?� 経済協力開発機構(OECD)は1日、最新の経済見通しを発表し、中国の2020年の国内総生産(GDP)実質成長率が1.8%のプラスになると予測した。 中国 国内総生産 ラスト 前回 最高 最低 ユニット; gdp成長率 2.70: 11.70: 11.70-10.00: パーセント 世界第2位の経済大国の中国は現在、新型ウイルスからの景気回復で世界をリードしている。 5%近い成長率で、2020年初めに新型ウイルスのパンデミック(世界的流行)が発生した当初の中国経済の不振ぶりとはかけ離れたものとなった。 中国gdp成長率、21年は7.9%まで回復へ=世銀 経済・統計 世界銀行は最新リポートで、中国の国内総生産(GDP)成長率が2020年に前年比1.6%まで鈍化し、1976年以来の最低水準を記録するとの見通し … 2020年7月16日 13時03分 【北京=坪井千隼】中国国家統計局が16日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比3.2%増となった。� 中国の第3四半期(7~9月)のgdp成長率は、前年同期比で4.9%の成長となり、世界的に見ても注目を集める結果となりました。金融危機(リーマンショック)の時の様に、中国に経済復興の牽引役を期待する人たちが今でもいますが、本当に期待できるのでしょうか。 224 0 obj <>/Encrypt 196 0 R/Filter/FlateDecode/ID[<97B4B5FD03052240A7DA8EB179E974D0><6B53550068401D479E3A66BABB1D55C2>]/Index[195 49]/Info 194 0 R/Length 132/Prev 208631/Root 197 0 R/Size 244/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 中国の実質gdp成長率は、新型コロナの影響を受け、2020年第1四半期は前年比6.8%減と大幅に落ち込み、消費、生産、固定資産投資は、四半期ベースでは、これらのマイナス幅は縮小し、特に生産や固定資産投資が回復を牽引。 �1��n��q�Ƣ�~���t��R� j#�����_p��,��֭ǧH����X�u�܍7 ?��Q�a�&�. ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。, 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。, 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。, 外国企業 Copyright (C) 1995-2020 Japan External Trade Organization(JETRO). All rights reserved. 中国国家統計局の10月19日の発表によると、2020年第3四半期(7~9月)の実質gdp成長率は4.9%と、プラス成長に回復した第2四半期(4~6月)から1.7ポイント上昇した(添付資料図参照)。 i�)&�f�� �+,��'�9�7���D�ʺ �&�07�p!�.�&S�"te=ܕ� ���SDe����C=�R�l��yn�+0�!��W�Fg�ků�dM�%�1�v�2��1�Y0pH}���hE_�"�q����+�d>30K�o��:�|�����n��ؕk��6�%� 195 0 obj <> endobj endstream endobj startxref 潜在成長率は経済の正常化に伴い2020年代半ばにかけて1%程度まで回復した後、人口減少、少子高齢化が加速する2030年度にかけてゼロ%台後半まで緩やかに低下することが見込まれる。 2030年度までの10年間の日本の実質GDP成長率は平均1.5%と予想する。 �|�)�� l��n�o�A�A^�;珨�x�l.����+��oY�����"�}��u�m����Gs(4����x��F���N���Z~�f�X�j�t�iV¡@��S��5�����X��-�BW\'�|�+��hh�s�6�CC$���2O�� j�ײtEW޶�Wo�Nj:�:���r,���S��1�೻o��~D� 0 Tel:03-3582-3518 ��g9O����↉���D�BJ��V+�/�)ww��]I;�ꙭ������~v���"gy��er��,S]l+�i�I�&�4ЭS�f�Аq}$��U��XU�k�mK0�DvO9��ە�`&�b�J�� �?e�X���t��W^Z$�[��#�nm����r!�@�C=�kZ�oRV(9~���ҁy忙,$���^��/�ɦ? endstream endobj 200 0 obj <>stream 中国国家統計局の7月16日の発表によると、2020年上半期の実質gdp成長率は前年同期比マイナス1.6%と、同年第1四半期(1~3月)の同マイナス6.8%から5.2ポイント上昇した。 中国gdp成長率(2020年7~9月期)は改善 個人消費の回復を受け、新型コロナウイルス流行前の水準に近づく (審査確認番号. 中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議では、2025年までに中国を高所得国に、2035年までに一人当たりの所得が2万米ドル以上の国にすることを目指すと決めたようです。年間平均5%の経済成長率の目標が設定されるとの推測が出されました。 中国の2020年のgdp(国内総生産)実質成長率は1.5%程度にとどまるー。 衝撃的な予測が日本のシンクタンクから発表された。 中国gdp、2035年に倍増 長期目標で成長率は示さず 習政権 中国・台湾 2020/11/3 22:11 (2020/11/4 5:16更新)
2020 中国 gdp 成長率 2020