イエズス会の宣教師のルイス・フロイスの著作「日本史」の織田信長に関する部分を研究者がピックアップし解説も加えたもの。 「日本史」はヨーロッパへの報告書として書かれたようだが、フロイスの上司が「あまりに冗漫にすぎる」と断じたくらい描写が細かい。 をクリックお願いします。, 「とあるキリシタンの家臣が愛人と同居していたので、信長は『キリスト教の教えに反してるんじゃないのか』と咎めた。後日再び愛人と住んでいることがわかったので、信長はその家臣をクビにした」(意訳), 信長は部下の風紀には割と厳しい一面もあり「二条城建築中に人夫が女性に絡んでいたので、信長がキレて首をはねた」(意訳)なんて話もあります。, これがもしフロイスに会ったのと同じ頃の話でしたら、そりゃフロイスとしては「不埒な輩に厳しいこの人は、きっとキリスト教を保護してくれるに違いない」って思いますよね。, フロイスは『日本史』の中で、豊臣秀吉については割と酷評しているのですが、キリスト教への理解度の他に、女性に対する態度が違ったからなのかもしれません。, その後は諸国で日本の記録を取りながら、後輩のイエズス会士と信長の折衝役を務めました。, 一日10時間も書いていたこともあるそうですから、フロイスはこの仕事や日本が心底好きだったんでしょうね。, この記録が後世に『日本史』としてまとめられるのですけれども、当時の地名や人名がローマ字で書かれているため、他の記録には書かれていないような読み方がわかるようになったものもあります。, しかし信長が【本能寺の変】に斃れ、秀吉の世になると、伴天連追放令によってフロイスを含めた宣教師たちの肩身は一気に狭くなってしまいます。, 後に聚楽第に行ったことがありますし、一時はマカオに行ったのに再来日しているくらいなので、既に日本に骨を埋める気でいたのかもしれません。, そして二十六聖人の殉教(秀吉によるキリシタン処刑)の記録を書いた後、フロイスは65歳の生涯に幕を閉じました。, これほどの功績がある人なのに、何だかしっくりこないですよね。亡くなった場所は長崎なので、長崎のどこかにあるだろうとはいわれているのですが。, もし秀吉がキリスト教憎さで「フロイスの墓を作ることはまかりならん!!」と言っていたらいったで、それなりの記録が残るでしょうし……それ以前にとっ捕まって獄死していた可能性だって高いでしょう。, どうせなら司教座も何もない異教の地である日本より、遺稿とともにフロイスの棺もマカオに送って、そこで埋葬するほうがキリスト教的に良さそうな感じがしませんか?, 熊本県天草市五和町御領にコスメ・デ・トーレスのものらしきお墓があるとのことなので、断定はできませんけれども。, 長崎近辺で一山当てたい方は、フロイスのお墓を探してみてもいいかもしれません。徳川埋蔵金を探すよりは可能性高そうです。, なお、ルイス・フロイスはじめ、日本に関わる宣教師のことを知るには、世界同時配信された『MAGI(マギ)』がおすすめです。, ヨーロッパに送られた天正遣欧少年使節という日本人少年たちの目を通して描かれますので、がぜんとっつきやすいです。, フロイスの出番は少ないものの、ヴァリニャーノなどをはじめ、多くの関係者が登場します。, 【参考】 スポンサーリンク 1568年の初謁見から82年の本能寺の変まで、ポルトガル人宣教師フロイスが見た織田信長の素顔とは。 紙の本. 記事やイラストの無断転載は固くお断りいたします。ご要望の際は、お問い合わせよりご一報下さい。. 例)帰蝶、織田信長, 本サイトはリンク報告不要です。 フロイス日本史/wikipedia. 完訳フロイス日本史 2 織田信長篇 2 信長とフロイス (中公文庫) 著者 ルイス・フロイス (著),松田 毅一 (訳),川崎 桃太 (訳) フロイスの『日本史』によると、大坂城が豪華絢爛(けんらん)だったことについては、秀吉が高い出自でないものの、信長の後継者になったことで天下を掌握したと指摘したうえで、秀吉が「皆の者の心を自分に向けるため、あらゆる方法で自分を権威付けて飾る」と述べている。 1579年、イエズス会司祭ジョヴァンニ・ピエトロ・マフェイ(イタリア語版)はポルトガル国王エンリケ1世の命により、『ポルトガル領東インド史』の編纂を開始した。この時マフェイは、当時すでにインドと日本からの通信者として知られていたルイス・フロイスの事を思い出し、同年11月6日にイエズス会第4代総長エヴェラール・メルキュリアン(英語版、フランス語版、スペイン語版)への書状を出し、フロイスを布教の第 … 例)帰蝶、織田信長, 本サイトはリンク報告不要です。 『日本式 基督論』第二章 ルイス・フロイスの『日本史』 ルイス・フロイス(Luis Frois, 1532~1597)は、ポルトガルのイエズス会宣教師です。 1563年に来日し、織田信長の信任を得て畿内・九州で布教を行いました。 このルイス・フロイスが書いた日本史には信長の人柄も記述しているらしく・・・ -----「王(信長)は例のごとく、親切だ」 「信長は生来純粋で、説得することが容易である」 「その葬儀は、信長という非常に王者の風格をもつ、優れた人物に相応しいものとなった」-----信長のお葬式、確か� 『完訳フロイス日本史』を手掛けた筆者が自ら解説を加えながら、フロイスが見た信長や秀吉をはじめとする当時の人々の様子が描かれています。 読みやすくまとめられているので、まず『日本史』のエキスを知りたいという方におすすめです。 ルイス・フロイス | 2020年03月19日発売 | 厚い信任を受けたポルトガル人宣教師の見た織田信長の素顔。一五六八年、初めての謁見の様子から、安土築城、八二年の本能寺の変、直後の明智光秀の死まで。戦国日本の第一級史料「日本史」から信長に関する章を訳出し、詳細な訳注と解説を加え … ※続きは【次のページへ】をclick!. ルイス・フロイス、ヴァリニャーノ、黒人・弥助をまとめてご紹介してみます。ルイス・フロイス1532年にリスボンに生まれたルイス・フロイスは、9歳になった1541年、ポルトガルの宮廷に仕えた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 検索ボックスにお好みのキーワードを入れて下さい。当サイト内の記事を探せます。 特に注目したいのはフロイスの見聞録(「日本史」12巻)で,信長・秀吉の時代の日本の社会や世相を知る第一級史料といえる。 以下は,川崎桃太著『フロイスの見た戦国日本』(中公新社)から引用した … ルイス・フロイス(1532年~1597年)は、ポルトガルはリスボン出身のカトリックの司祭。 世界各地への宣教に努めたイエズス会という男子修道会から派遣されてきた宣教師でもありました。 1563年。 31才のルイスは横瀬浦(現長崎県西海市北部の港)に上陸。 日本語を学び、布教活動を開始しました。 1565年には京都に入り、室町幕府第13代将軍・足利義輝に保護されながら布教活動に励んでいました。 のち、義輝が永禄の変で殺害されると、フロイスも三好氏に追われて京都を離れ、摂津国・堺に避 … こちらは2ページ目になります。 紙の本. 織田信長。 日本人なら誰もが知っているこの名前を聞いて、あなたはどんな人物像を思い浮かべますか? 一般的な織田信長のイメージは短気で激情家、誰の追随を許さない苛烈な人物というものです。 確かに彼の所業の中に … また、フロイスの『日本史』の他のところでは、光秀について、「築城について造詣がふかく、すぐれた建築手腕の持ち主」と評しており、そうした築城術をいつ、どこで身につけたかわからないものの、信長家臣の中では周囲から築城名人とみられていたことがうかがわれる。 5つ星のうち5.0 2. ルイス・フロイス(葡: Luís Fróis [luˈiʃ frɔjʃ] 、1532年 - 1597年 7月8日(慶長2年5月24日))は、ポルトガルのカトリック 司祭、宣教師。 イエズス会士として戦国時代の日本で宣教し、織田信長や豊臣秀吉らと会見。 戦国時代研究の貴重な資料となる『日本史』を記したことで有名。 回想の織田信長―フロイス「日本史」より (中公新書 328) 松田 毅一 、 川崎 桃太. しかしながら、『日本史』による明智光秀の人物像は、あまり受け入れられていない。 1992年に放送されたnhk 大河ドラマ「信長 king of zipangu」はフロイスの視点からみた信長の一代記である。 フロイスは大名のことを「王」と記載した。 1568年の初謁見から82年の本能寺の変まで、ポルトガル人宣教師フロイスが見た織田信長の素顔とは。 信長の死後は執筆に専念~全国を巡り『日本史』を編纂 ルイス・フロイスにとって、 信長との関係は良好 だったようです。 彼はのちの著書で、「地球が丸いことを理解した」などしるし、信長について好印象だったことを書き残しています。 完訳フロイス日本史〈1〉将軍義輝の最期および自由都市堺―織田信長篇(1) (中公文庫) ルイス フロイス , 松田 毅一 他 | 2000/1/1 5つ星のうち4.0 23 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). 紙の本. ルイス・フロイス/wikipedia (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). 「お前を蠟人形にしてやろうか!」 このフレーズでお馴染みの「悪魔」といえば、デーモン閣下。悪魔らしく外見やキャラクターの面で異彩を放ち、伝説のロックバンド・聖飢魔Ⅱにてボーカルを務める彼は、この世界でも多くのファンを獲得していることで知られています。 回想の織田信長-フロイス「日本史」より (中公文庫) ルイス・フロイス. フロイスによる『日本史』における信長評. 1563年 ルイスフロイス はカトリックの男子修道会の イエズス会 から派遣され、肥前に上陸します。. 完訳フロイス日本史(1(織田信長篇 1)) posted with カエレバ 楽天市場で探す. 厚い信任を受けたポルトガル人宣教師フロイスの見た織田信長の素顔。1568年の初めての謁見から安土築城、82年の本能寺の変、直後の明智光秀の死まで。戦国日本の第一級史料「日本史」から信長に関する章を訳出し、詳解する。文庫化にあたり新たに人名索引を付す。 フロイスは『信長公記』と並んで検証される一次史料『日本史』の著者として有名な人ですね。 今回はこの人の生涯とともに『日本史』の中身も見ていきましょう。 お好きな項目に飛べる目次. というように、信長はキリスト教を支持していました。 新しいコトが好きな信長にはピッタリだったのでしょう。 このルイス・フロイスが書いた日本史には信長の人柄も記述しているらしく・・・-----「王(信長)は例のごとく、親切だ」 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 検索ボックスにお好みのキーワードを入れて下さい。当サイト内の記事を探せます。 完訳フロイス日本史(2(織田信長篇 2)) - ルイス・フロイス - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 中央公論新社. Yahooショッピングで探す フロイスの日本史 ─まんがで読破─【電子書籍】[ ルイス・フロイス ] posted with カエレバ 楽天市場で探す. 信長は説得に失敗、一旦岐阜へ帰還する。【信長公記】 「六角殿は、一つには信長に対する恐怖から、またこの企画を自ら先に拒絶したことを恥じていたので、その通過を拒もうと考えた。」【フロイス日本史】 9月7日、信長が義昭に出陣の挨拶を行う。 『フロイスの日本史 (まんがで読破 MD108)(→amazon)』 1568年2月8日、足利義栄が朝廷の将軍宣下を受け、第14代将軍に就任する。 1568年6月上旬、武田信玄からの使者 秋山虎繁が訪問。 織田信忠・信玄の六女 松姫の婚約祝い(後に解消となる)として貢物(蝋燭、漆、熊の皮、名馬など)が届けられる。信長は秋山虎繁をもてなし、七度の盃、梅若大夫の能、長良川での鵜飼鑑賞を案内する。 7月上旬には信長から武田信玄へ貢物を進上する。【甲陽軍鑑】 1569(永禄12)年1月5日、本圀寺の変(六条合戦)。信長が岐阜へ戻った隙に、阿波国から三人衆(三好長逸 … 1ページ目から読む場合は 回想の織田信長 : フロイス「日本史」より ルイス・フロイス著 ; 松田毅一, 川崎桃太編訳 (中公文庫, [フ16-1]) 中央公論新社, 2020.3 ルイス・フロイス、ヴァリニャーノ、黒人・弥助をまとめてご紹介してみます。ルイス・フロイス1532年にリスボンに生まれたルイス・フロイスは、9歳になった1541年、ポルトガルの宮廷に仕えた。 1569年(永禄十二年)4月8日は、織田信長がルイス・フロイスに京都居住を認めた日です。 フロイスは『信長公記』と並んで検証される一次史料『日本史』の著者として有名な人ですね。 今回はこの人の生涯とともに『日本史』の中身も見ていきましょう。 回想の織田信長 フロイス「日本史」より (中公文庫) 新刊 著者 ルイス・フロイス (著),松田毅一 (編・訳),川崎桃太 (編・訳). Amazonで探す. ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスは1563年(永禄6年)に来日し、キリスト教の布教活動を行います。 前回に引き続き、戦国時代の日本にやってきたヨーロッパ人宣教師、ルイス・フロイス(1532~97)の目をとおして当時の日本の様子を紹介していきます。 ルイス・フロイスは重要人物で高校日本史ではこうならいます。 ポルトガルのイエズス会宣教師。1563年に来日。京都で信長に謁見、秀 … 特に注目したいのはフロイスの見聞録(「日本史」12巻)で,信長・秀吉の時代の日本の社会や世相を知る第一級史料といえる。 以下は,川崎桃太著『フロイスの見た戦国日本』(中公新社)から引用した … との宣教師フロイスの解釈にて信長公は合理主義者でありまるで共産主義者の如くに宗教の否定者のやうにさへ書き描かれて居る。 だが史實としての信長公はむしろ逆に神佛を保護し其の力ー其れも天道思想によるものか? 「日本史」の執筆者. 織田信長。 日本人なら誰もが知っているこの名前を聞いて、あなたはどんな人物像を思い浮かべますか? 一般的な織田信長のイメージは短気で激情家、誰の追随を許さない苛烈な人物というものです。 確かに彼の所業の中に … フロイス『日本史』/wikipediaより引用 しかし信長が【 本能寺の変 】に斃れ、秀吉の世になると、伴天連追放令によってフロイスを含めた 宣教師 たちの肩身は一気に狭くなってしまいます。 完訳フロイス日本史 織田信長篇 3 安土城と本能寺の変 中公文庫 - ルイス・フロイスのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 新書 日本史〈6〉豊後篇 (1978年) フロイス, 松田 毅一 他 - 宣教師フロイスが記した明智光秀と細川ガラシャ (聖書を読んだサムライたち) 守部 喜雅. 『日本式 基督論』第二章 ルイス・フロイスの『日本史』 ルイス・フロイス(Luis Frois, 1532~1597)は、ポルトガルのイエズス会宣教師です。 1563年に来日し、織田信長の信任を得て畿内・九州で布教を行いました。 執筆・出版の経緯. 記事やイラストの無断転載は固くお断りいたします。ご要望の際は、お問い合わせよりご一報下さい。. フロイスの「日本史」はここで完成し時の総長クラウディオ・アクアヴィーヴァに送られた。 しかしフロイスの記述様式をヴァリニャーノは快く思っておらず、厳しい批評を下した箇所があるのであるが、現在はそうした箇所こそが歴史資料として欠くべからざる箇所とみなされている。 2020-03-19. スポンサーリンク 1ページ目. 5つ星のうち4.2 4. 回想の織田信長 フロイス「日本史」より (中公文庫) 新刊 著者 ルイス・フロイス (著),松田毅一 (編・訳),川崎桃太 (編・訳). 織田信長はルイス・フロイスから地球儀をもらうと世界の広さをすぐに認識し、新しい物好きの彼の興味を大いにそそることに。 また織田信長は宣教師・ヴァリニャーノがやってきた時に世界地図をもらって、彼らがやってきた航路の説明を受けます。 (フロイス『日本史』より)(・ω・)b あまり知られていませんが、実は信長は、民衆に対して『正義と慈悲』を実際に実行し続けているんですよね! 永禄10年(1567)9月に、岐阜の北加納(きたかのう。 『フロイス日本史』(フロイスにほんし)、正式には『日本史』(にほんし、ポルトガル語: Historia de Iapam )は、戦国時代末期の日本でキリスト教の布教活動を行ったイエズス会 宣教師 ルイス・フロイスによる編年体 歴史書。 Amazonで探す. 回想の織田信長 : フロイス「日本史」より ルイス・フロイス著 ; 松田毅一, 川崎桃太編訳 (中公文庫, [フ16-1]) 中央公論新社, 2020.3 1563年に来日し、織田信長の信任を得て畿内・九州で布教を行いました。長崎で没しています。 フロイスの『日本史』(中公文庫)から、気になったエピソードをいくつか取り上げてみることで、日本人とキリスト教の関わりをみていくことにしましょう。 【ルイス・フロイス】 『フロイス日本史』(フロイス にほんし)、正式には『日本史』(にほんし、ポルトガル語: Historia de Iapam )は、戦国時代末期の日本でキリスト教の布教活動を行ったイエズス会 宣教師 ルイス・フロイスによる編年体 歴史書. 『フロイス日本史』(フロイスにほんし)、正式には『日本史』(にほんし、ポルトガル語: Historia de Iapam )は、戦国時代末期の日本でキリスト教の布教活動を行ったイエズス会 宣教師 ルイス・フロイスによる編年体 歴史書。 1569年(永禄十二年)4月8日は、織田信長がルイス・フロイスに京都居住を認めた日です。, フロイスは『信長公記』と並んで検証される一次史料『日本史』の著者として有名な人ですね。, 9歳でポルトガルの宮廷に入っていたということですから、元々それなりの身分を持った人だったのでしょう。, しかし彼はなぜか、16歳の若さでイエズス会に入ってしまいます。宮廷で何があったんでしょうかね。, 後々「日本史」ほどの大作を書き上げる割に、自分自身の日記などはないのが不思議なところです。散逸してしまった可能性も十分に考えられます。, いきなり僻地へ飛ばされた――というわけではなくて、当時のゴアはイエズス会の拠点になっていたのですね。, ザビエルはおそらく「ワタシはこれからニッポンに行くところデース。アナタもニッポンの話を聞いてみマスカー?」(※イメージです)とでも誘いかけたのでしょう。, フロイスは、ザビエルのお供をしてくれることになっていた日本人・ヤジロウ(またはアンジロウ)とも知り合い、まだ見ぬ極東の島国に大いに興味を惹かれたようです。, ゴアに来てから、ザビエルが日本へ出発するまでおおよそ1年くらいあったようですので、いろいろな話を聞いたと思われます, フロイスはまずお勤めに精を出しました。そして13年後、29歳のときに司祭となりました。, これも真面目に勤めた結果、31歳のとき、ついにフロイスは日本へ布教しに行けることになりました。, 他の宣教師による日本での布教が思うように進んでいないことに対して、イエズス会のお偉いさんも「どげんかせんといかん」と思っていたのでしょう。, 直後から他の宣教師にはなかなか見られない行動に出ています。なんと、自ら日本語を勉強し始めたのです。, そう思われる方も多いでしょうが、実は1579年の時点でも、イエズス会士の中で「日本語を一定以上使いこなせる」人はたった5人しかいませんでした。, フロイスは語学が得意だったとのことなので、ただ単純に興味を惹かれて日本語を学び始めた可能性もありますが、これは注目すべき点のような気がします。, 「パン」や「カステラ」など日本語に浸透したポルトガル語があるように、当時フロイスも「日本語はポルトガル語に少し似ている」と思ったのかもしれません。, フロイスは来日の翌々年に京都に入り、他の宣教師や日本人の修道士とともに布教活動を始めます。, しかし、その義輝が【永禄の変】で暗殺されてしまったため、フロイスらの立場も怪しくなってきました。, 永禄の変から四年が経過し、新しく将軍になった足利義昭と共に京へやってきた信長に会う機会を得て、そこから宣教師生活が一変します。, 物々しい対面というよりは「信長様、南蛮の宣教師が参っておりますが(ついでに)お会いになりますか?」というような、その場の流れによるものだったのでしょうね。, さらに信長は新しもの好きかつ、理路整然とした話を好みますから、フロイスの話にも大いに興味を惹かれたと思われます。, 「目覚まし時計を献上したが『壊れたら修理できなさそうだから返す』と言われた」(意訳), 『日本史』の中でも、信長は非常に好意的に書かれています。例えば……。 日本の日常生活なども詳しく記載したこの記録は、現在の私たちにおもしろいことを沢山教えてくれます。 フロイスが信長について記述した部分をピックアップしてみます。 ・信長は地球が丸いことを理解した 「フロイス日本史」によれば、フロイスは天文17年(1548年)3月に、2ヶ月間の研修を経てからインドに向かってリスボンを出帆、10月にゴアに到着後、聖パウロ・コレジオで研鑽を積み、ゴアやマラッカでの宣教活動について詳細な記述を残すなどで文才を発揮していました。 ルイス・フロイスの著書『日本史』には、日本人が残した記録にはないような貴重な情報もあったりして、かなり歴史的価値が高いものとされています。 そしてその本の中には、織田信長の容姿や性格についてもかなり詳しく書かれてあるのです! 国史大辞典 完訳フロイス日本史(2(織田信長篇 2)) - ルイス・フロイス - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。
2020 フロイス 日本史 信長