メリル・ストリーブ逮捕. 歳川隆雄氏、バイデン氏の副大統領候補「反日・親中」のライス元大統領補佐官? アメリカ. Ambassador: Susan E. Rice - Obama's White House - TIME, The Calgary Sun - Susan Rice on tap to become the U.S. ambassador to the United Nations, http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E0CE1D61030F930A2575AC0A964958260, Susan Rice, Former White House and State Department Senior Official, Joins Brookings Institution, http://www.newsweek.com/id/93350?tid=relatedcl, Jarrett, Podesta, Rouse to lead Obama transition; Bill Daley co-chair, Key members of Obama-Biden national security team announced, http://www.boston.com/news/politics/politicalintelligence/2008/12/obama_names_nat.html, “Ambassador to the United Nations - Susan Rice (Announced)”, http://www.realclearpolitics.com/lists/cabinet/rice.html, “Trusted Obama adviser Susan Rice is first African-American woman named to be US envoy to UN”, https://web.archive.org/web/20081205165303/http://www.startribune.com/nation/35326694.html?elr=KArks%3ADCiUMEaPc%3AUiD3aPc%3A_Yyc%3AaUU, The Atlantic Council of the United States - Board Members, Freeman Spogli Institute for International Studies Annual Report 2007, Proxy Statement Pursuant to Section 14 (a) of the Securities Exchange Act of 1934, http://www.theatlantic.com/doc/200109/power-genocide, “Intelligence Failure? ジャージ・ソロス処刑. スーザンライスとゴンドリーザライスが同一人物になっていて最初は驚きましたが(笑、そのあとの、歳川隆雄氏の記事が大変参考になりました。 大統領選はまだ決着がついたとは思っていませんが、スーザンライスが副大統領になったら日本は本当に困りますね。 奇しくも、同じ姓を持つ二人の秀才の黒人女性が、米国の安全保障を担うポストに就いた。「二人のライス」は、取り返しのつかない判断ミスを犯して、現在の北朝鮮情勢にも少なからぬ影響を与えた点でも、似たもの同士です。 この件に関して、日本での報道を探すんだけど出てこないw . スーザン・ライスの「興味深いことに、日本は謝罪を求めていない」という発言は、アメリカ側の謝罪するのかという一般世論に対してのもので、「オバマ大統領が謝罪する」や「日本が謝罪を求めているのか」という報道から湧きあがった世論に対してのものではないですかね。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. フィル・スーザン [元オジー・オズボーン] / ジェイ・シェレーン [イエス]) 《日本盤限定ボーナストラック》b> 12. 〔スーザン・ライス〕が起用されなかって一安心な日本; ホントにアメリカは勝てないか?:米中戦争; 支那の外交下手=王毅の尊大な立ち居振る舞い 日本は〔姜昌一〕の大使就任を拒否せよ; 外務大臣ルールを守った茂木が可哀想だ スポンサーリンク. "[5]を略した"Spo,"というニックネームを得ていた[4]。, 父親からは、決して人種を言い訳にしたり、利点として利用しないように常々教えられていた。幼いころはいつも「コロンビア特別区からの初の上院議員になるのが夢だ」と言っていたという[3]。 ジョン・ブレナン処刑. 焦点:日本政府、バイデン陣営と関係構築へ 対中政策を注視 2020/11/09 17:05. スティーブン!スピルバーグ処刑. Let's Go Back to Sudan”, http://www.washingtonpost.com/ac2/wp-dyn/A64828-2002Jun29, http://www.vanityfair.com/politics/features/2002/01/osama200201?currentPage=1, “'Clinton did not have the will to respond'”, “Responses to Al Qaeda's Initial Assaults”, National Commission on Terrorist Attacks Upon the United States, http://govinfo.library.unt.edu/911/report/911Report_Ch4.htm, The Ethiopian-Eritrean War: U.S. Policy Options, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スーザン・ライス&oldid=80348585. 鳥インフル、都城でも確認 宮崎3例目、広域に拡大. スーザンライスって北の核認めて米朝国交正常化しようとした極左だろ こんな奴が国務相だったら日本ヤバいんだが 67 : 2020/11/09(月) 06:16:39.78 ID:2/N/nHCy0 反日親中のライスね 日本人でバイデン応援してるのは馬鹿 ネトウヨ連呼してる五毛に騙されるなよ コンドリーザ・ライスとヒルが北朝鮮をテロ支援国家から外したのは、我々日本人にとっては大変な驚きでした。 それを清野さんが知らなかったとはびっくりです。 11. 改めて指摘するまでもなく、副大統領は大統領に万が一の事態が出来した場合、大統領職を継承する。, もし、バイデン氏が当選すれば来年1月の就任時に史上最高齢大統領となる 反日・親中派「バイデン米大統領候補」が副大統領候補に反日・親中派スーザン・ライス氏を起用. ほかにも、ライス氏選択の理由がある。それは「後継重視」である。 クリントン政権の1993~97年に国家安全保障会議(NSC)スタッフとして、97~2001年の国務次官補(アフリカ担当)を含むと16年間、民主党政権の中枢に位置した。政策継承重視!, 共和党のトランプ大統領が勝てば、米国は今まで通り日本との共存政策をとるが‥反日の民主党のバイデン氏が勝てば、日本は属国のまま、日米地位協定や日米合同会議、日米安保条約によって米国と中国の両方から今まで以上に血税を搾り取られることのなる。, 反日・親中派「バイデン米大統領候補」が副大統領候補に反日・親中派スーザン・ライス氏を起用 | モモタロウ島, ご紹介 ① 健康増進・免疫力アップ情報 ②③④ メディアが隠すニュースや世界情勢などお伝え ⑤オープンリールデッキ&オーディオ ⑥ 「クレー射撃」と「ライフル射撃」 ⑦学校で教わった歴史は間違い ⑧ 異常気象・大気汚染から身を守る ⑨モモタロウ島の自然, バイデン氏の副大統領候補に外務省幹部も“危惧” 「反日・親中」のライス元大統領補佐官で決定か, クリントン政権の1993~97年に国家安全保障会議(NSC)スタッフとして、97~2001年の国務次官補(アフリカ担当)を含むと16年間、民主党政権の中枢に位置. バイデン氏の副大統領候補に外務省幹部も“危惧” 「反日・親中」のライス元大統領補佐官で決定か  2, 要は、年齢差は20歳もあるが、同じ釜の飯を食べた「戦友」と見ているのだ。 エンプティ・プロミス (feat. ナンシー・ペロシー逮捕. 後発の日本では2010年頃からカーシェアの急速な拡大が見られる。政府も人口減少・ 高齢化の進展を背景とした地域活性化策に加え、地球温暖化対策としてカーシェアの普 及促進を支援している。 ロバート・デ・ニーロ処刑. これ東亜日報w 何やってんだよ!日本のマスゴミは!! 数日前からこの話題で持ちきりなんだけど!! 話題にしたくないってことか!! 追記 . 大学はスタンフォード大学に入学し、トルーマン奨学金を受け、1986年に歴史学の学士号を得て卒業した。成績優秀な学生で構成されるクラブ「ファイ・ベータ・カッパ[6]」の会員にも選ばれている[7]。卒業式当日には、学長ドナルド・ケネディが「私は君が誰だか知ってるよ。」と声をかけ握手してきた[4]。なおコンドリーザ・ライス前国務長官は、姓が同じ「Rice」で、共に女性の外交政策専門家であり、アフリカ系アメリカ人、スタンフォード大学に縁がある(コンドリーザ・ライスは2009年からスタンフォード大教授)といった共通点があるが、血縁関係があるわけではない[2][8]。ローズ奨学生となり、オックスフォード大学の大学院に進学したライスは、1988年に修士、1990年に博士号を取得して卒業。王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)はライスの博士論文「ジンバブエにおける共和制構想、1979年-1980年:国際的平和維持活動が意味するもの」を、英国で最も優れた国際関係分野の論文と評した[3][9]。, オックスフォード大時代のクラスメートや教授には、国連や国際法の役割を主張するもの(アダム・ロバーツ、ベネディクト・キングスベリー[10])、世界規模での経済ガバナンスと国際的な経済協力体制構築を主張するもの(ナイリ・ウッズ、ドナルド・マークウェル[11])、ロシアの権威主義に断固たる態度をとるべきと主張するもの(マイケル・マクフォール[12])などがいる。なおアダム・ロバーツは国際的な人権侵害問題専門家でもあるが、ライスもこの問題には特別な関心を払っている。, ライスはカナダ・ブリティッシュコロンビア州ビクトリア出身で、スタンフォード大学時代に知り合った[13]米ABCニュース・プロデューサーのイアン・キャメロンと1992年に結婚[14]、2人の子供を授かり、家族と共にワシントンD.C.で暮らしている[7][15][16][17][4]。, 1988年の大統領選ではマイケル・デュカキスの外交政策顧問を務めた。1990年代初頭には世界的なマネジメントコンサルティング企業であるマッキンゼー・アンド・カンパニー社で、マネジメント・コンサルタントとして働いた[18]。マッキンゼー時代は、トロント・オフィスに勤めている。クリントン政権では、1993年から1997年まで国家安全保障会議スタッフを務め、うち1993年から1995年までは国際機関・平和維持担当部長、1995年から1997年まではアフリカ政策大統領特別補佐官兼上級職を務めるなど、様々な立場で政権運営に関わった。, ライスと家族ぐるみの付き合いがあり、昔からの師でもあったマデレーン・オルブライトは、1997年国務長官に就任すると、クリントン大統領(当時)にアフリカ担当国務次官補としてライスを推薦した[3]。一方で、連邦議会黒人幹部会(Congressional Black Caucus)の黒人議員幹部らは、ライスを「ワシントンに同化した黒人エリート」の一人であるとみなし、国務次官補の第一候補とはしなかった[3]。, だが、ジェシー・ヘルムズ上院議員が議長を務めた、上院の助言と同意を得るための公聴会が開かれると、ライスはまだ乳飲み子だった息子を抱いて出席し、これが公聴会の民主・共和両党の上院議員に好印象を与え、ライスは「"助言と同意"を得るプロセスを楽々とパスした」[3]。ライスは、クリントンが2001年に政権を去るまで、アフリカ担当の国務次官補を務め続けた。, 多くの官庁職員や外交官がライスを「とても聡明だが、経験不足で柔軟性に欠ける」と評している[19]。「若く、頭脳明晰な野心家」で、「アメリカの安全保障を強化することを目的として、アフリカを世界経済の枠組みの中に組み入れる」ために働いていると考える者もいた[3]。一方で「権威主義者。生意気。自分と違う意見を考慮することを嫌がる」と批判する声もあり、伝えられるところによれば国務省アフリカ局の外交官といざこざを起こしたとされる[3]。ニューズウィーク誌国内版記者でもあるマーサ・ブラントはスタンフォード・マガジン誌の記事にこう書いている。.mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}, 2001年から2002年まで、戦略分析機関インテリブリッジ最高経営責任者兼代表を務める[20][21]。2002年、米シンクタンクブルッキングス研究所に外交政策・グローバル経済開発プログラムのシニアフェローとして参加し、米国の外交政策、破綻国家、世界的貧困の影響、国家安全保障への国境を越えた脅威といったテーマで研究を行った。2004年の米国大統領選では民主党ジョン・ケリー候補の外交政策顧問であった。2002年、スタンフォード大学の黒人卒業生の栄誉の殿堂入りを果たしている[9]。, ブルッキングス研究所を辞職し、2008年米国大統領選挙においてバラク・オバマ上院議員(当時)の上級外交政策顧問を務め、オバマ当選後の2008年11月5日、オバマ・バイデン政権移行チームの諮問委員会に選出された[22]。2008年12月1日、オバマ次期大統領は、彼女をアメリカ合衆国国際連合大使に推薦し[23][24]、同時にその地位を閣僚級に格上げした[25]。ライスは史上2番目の若さで[25]、史上初の黒人女性の国連米国代表となった[26]。ライスはニューヨークの他、新たにヒラリー・クリントンが国務長官に就任した国務省のあるワシントンD.C.に政権移行作業チームを構える予定であると発表している。, 2012年にオバマが大統領に再選されると、第2期政権においてクリントンの後任として国務長官への就任が取り沙汰されていたが、2012年9月リビアで起きた領事館襲撃事件をめぐり「(計画的なテロではなく)自然発生的に起きたもの」と発言したことに対し議会共和党などから「政治的な意図から国民に誤った情報を流した」との強い反発を受けたことを考慮して、自ら辞退した[27][28]。, 2013年7月1日、アメリカ合衆国国家安全保障問題担当大統領補佐官に就任した[29]。アジア安保に関して、彼女は米国と中国とのG2進展には興味があるが同盟国日本への関心は薄い。また2014年11月、チャック・ヘーゲル国防長官は、シリアやISILへの対応に関してライス補佐官と対立して辞任した。, ライスは、アメリカ民主党国際研究所 (National Democratic Institute) やユニセフ・アメリカ基金 (U.S. Fund for UNICEF) などの役員を務める他[20]、米シンクタンク大西洋評議会  (Atlantic Council) の評議員[30]、スタンフォード大学フリーマン・スポグリ国際教育研究所  (Freeman Spogli Institute for International Studies) 諮問委員[31]、米独立系情報サービス会社BNA  (Bureau of National Affairs) 役員[32]、NPOパートナーシップ・フォー・パブリック・サービス  (Partnership for Public Service) [15]役員、ボーボワール・ナショナル・カテドラル小学校(Beauvoir National Cathedral Elementary School)理事、およびNPO団体インターニュース・ネットワークの役員などを務めた[33][34]。, 外交問題評議会およびアスペン戦略グループ  (Aspen Strategy Group)  のメンバーでもある[18][35]。, 1998年10月5日号のニューズウィークには、ライスについて、"聡明ではあるが、経験不足で柔軟性に欠ける、と多くのアフリカの外交官や米国の専門家にみなされている”と記述した記事が掲載された。同記事では、, "ワシントンは、1996年のルワンダからザイールへの多国籍軍の侵攻および、その後の悪名高い独裁者モブツ・セセ・セコの打倒について偽装的発言をした。(当時のクリントン)政権の情報源は、この侵攻について前もっての情報は持っていなかったと主張したのだ。しかし、ある軍事戦略立案部門高官によると、ワシントンはそのような事変が起きたとしても反対しないことをあらかじめ約束していたという。それは、クリントン政権の考えとしては、些細なことなのだろう。スーザン・ライスは当時知人に、”誰であれ、モブツよりはまし。”と述べていたことがある。だが多くのアフリカ問題専門家は、ワシントンが暗黙のうちにコンゴの国境侵犯に共謀したとすれば、それは地域を危険なほどに不安定化するものだと考えている。"[19], サマンサ・パワーは、2001年9月のアトランティック・マンスリーに、スーザン・ライスが政府内の電話会議で、"もし我々が、現在進行中の事態に対してジェノサイドという言葉を使いながら、それを座視しているとみられるとしても、それが11月の議会選挙にどのように影響するでしょうか?"と発言したと書いている。しかし同じ記事で、パワーは、ライスがその過ちを認めていると指摘し、"そのことについて責任を感じているようだ"とも書いている。[36]。, 2002年のワシントン・ポストの読者投稿記事にて、前スーダン大使のティモシー・カーニーとニュース寄稿者のマンスーア・リアズは、ライスと対テロ責任者のリチャード・クラークが、オサマ・ビン・ラディンがスーダンにいる間に、彼を無力化する機会を逃したことにかかわりがあると指摘している。カーニーとリアズは、スーダンとオルブライト米国務長官は、オサマ・ビン・ラディンの逮捕につながる可能性のある情報分野での協力について合意寸前であったのに、ライスとクラークが国家安全保障担当の大統領補佐官のサンディ・バーガーを説得して、オルブライトの決定を覆したという[37]。, 同様な疑惑は、2002年1月号のバニティ・フェアーで寄稿編集者デビッド・ローズが[38]、また"Losing bin Laden"の著者リチャード・ミニターも2003年11月号の雑誌ワールドのインタビューで指摘している[39]。, カーニー、リアズ、ローズ、ミニターはいずれも、スーダンはオサマ・ビン・ラディンを米国に引き渡すという提案をし、ライスはこのスーダンの提案を受けないと決定するにあたって、その中心人物であった、と書いている。合衆国に対するテロリスト攻撃についての調査委員会(いわゆる9-11調査委員会 (9/11 Commission) )は、その調査報告書で、"スーダン国防相ファティワ・エルワは、スーダンはオサマ・ビン・ラディンをアメリカに引き渡す提案をしたと主張しているが、当委員会は、それが真実であるという、信用に足りる証拠を見つけることは出来なかった。スーダン駐在大使カーニーは、スーダンに、オサマ・ビン・ラディンを追放させるように指令を受けていただけである。当時、オサマ・ビン・ラディンにたいする訴追はなかったので、大使カーニーは、追放以上の要求をスーダンに対して行う法的論拠を持っていなかった。”と結論づけている[40]。, Freeman Spogli Institute for International Studies, "The Meteoric Rise of the State Department's Susan Rice. スーザン・エリザベス・ライス(Susan Elizabeth Rice、1964年11月17日 - )は、アメリカ合衆国の外交政策顧問、元アメリカ合衆国国際連合大使。, クリントン政権2期目には、国家安全保障会議スタッフ、アフリカ担当国務次官補を務め、オバマ政権では、2009年1月22日の上院議会で全会一致で国連大使に指名された。女性としてはジーン・カークパトリック、マデレーン・オルブライトに続きアメリカ合衆国史上3人目、アフリカ系アメリカ人女性としては初の国連大使である[1]。国連大使退任後は同政権で国家安全保障問題担当大統領補佐官に任命され、政権交代まで務めた。なお同じアフリカ系アメリカ人女性でジョージ・W・ブッシュ政権の国務長官を務めたコンドリーザ・ライスとの血縁関係はない[2]。, 1964年11月17日、ワシントンD.C.のシェパード・パーク地区に生まれる[3]。父親のエメット・J・ライスは、コーネル大学経済学教授で、1979年から1986年までは連邦準備制度理事会の理事も務めた[3]。母親ロイス・ディクソン・フィットは、教育政策学者である。大学入学まではワシントンD.C.にある全日制の私立女子校であるナショナル・カテドラル・スクールに通い、トライアスロンの選手であった他、生徒会の会長や卒業生総代も務めた[4]。バスケットボールのチームではポイントガードとしてオフェンスを指揮し、"Sportin'. シャン・コーエイ [ドゥイージル・ザッパ / ミートローフ]) メディア掲載レビューほか 日本 国内でも全 ... スーザン・ライス処刑 . adsense002. ますます中国寄りにシフトするアメリカと同盟国・日本の微妙な関係 「バイデン副大統領は、スーザン・ライス安全保障担当大統領補佐官と並ぶホワイトハウスの『2大親中派』なので注意した方がいい。 2020.08.04 オバマ前大統領は、副大統領のバイデン氏に全幅の信頼を置き、, 通常の副大統領以上の権限を与えたことは周知のことである。 ", 「スポーツ好きな」、「スポーツマンらしい」または「冒険を伴う」、「賭博的な」の意味。出典:, Beauvoir National Cathedral Elementary School, http://topics.nytimes.com/top/reference/timestopics/people/r/susan_e_rice/index.html?inline=nyt-per, Black Community Services Center Hall of Fame, http://www.oup.com/us/catalog/general/subject/Politics/InternationalStudies/InternationalOrganizations/?view=usa&ci=9780198279266, https://web.archive.org/web/20070808031359/http://www.oup.com/us/catalog/general/subject/Politics/InternationalStudies/InternationalSecurityStrategicSt/?view=usa&ci=9780198292364, “The Myth of the Authoritarian Model: How Putin's Crackdown Holds Russia Back”, http://www.foreignaffairs.org/20080101faessay87105/michael-mcfaul-kathryn-stoner-weiss/the-myth-of-the-authoritarian-model.html, U.N. バイデン氏の副大統領候補に外務省幹部も“危惧” 「反日・親中」のライス元大統領補佐官で決定か 2020.8.4 夕刊フジ(産経新聞)より ⇒ 要は… 反日・親中派「バイデン米大統領候補」が副大統領候補に反日・親中派スーザン・ライス氏を起用 | モモタロウ島 スーザン・エリザベス・ライス (Susan Elizabeth Rice、 1964年 11月17日 - )は、 アメリカ合衆国 の 外交政策 顧問、元 アメリカ合衆国国際連合大使 。 外交責任者の国務長官には、オバマ前大統領の腹心だったスーザン・ライス元国連大使や、長年バイデン氏の外交顧問を務めるトニー・ブリンケン元米国務副長官らの名前が挙がる。オバマ政権で大統領補佐官を務めていたライス氏は、米中で世界を仕切る「新しい大国間関係」という中国の主 スーザンライスが国務長官になったら日本終わる。 169 メンマ (光) [LT] 2020/11/09(月) 12:15:43.40 ID:m+eoijML0 共和党の上院の抵抗に期待するしかないのか? ジョン・マッケイン処刑. ライジング・サン (feat. 米大統領選の民主党副大統領候補は、どうやら「2人の女性」のうち、スーザン・ライス元大統領補佐官(55、国家安全保障担当)に決まりそうだ。 名無しの果て. 彼女はまた、自分の功績が差別撤廃措置によるものだとして軽んじられるのではないかという不安を常に抱えていた[3]。 「ライス副大統領」なら日米貿易戦争を覚悟せよ バイデン氏の副大統領候補、日本に厳しいライス氏の公算高まる | JBpress(Japan Business Press) 2020.8.1(土) 今年秋のアメリカ大統領選挙で、民主党の候補者となることが確実視されているバイデン氏の優勢が伝えられている。
2020 スーザン ライス 日本