ゴルフスイングで最も多くの人が悩むスイングの始動“テイクバッグ”。 「手であげてしまう」や「インに引いてしまう」といった様々な種類の悩みが生じやすいゴルフスイングでも重要な箇所です。 今回は、そんなゴルフスイングの要であるテイクバックの正しい軌 ゴルフスイングの基本動作の中にバックスイングがありますが、トップの高さや位置を決める重要な動作になります。バックスイングとは基本的に腰から上にクラブを振り上げる動きとトップスイング迄の事を指しています。コンパクトなトップの人は短くて、オーバ この一瞬の出来事に大きくかかわってくるのが「バックスイング」です。 ゴルフ を始めたての方はどうしても 「インパクトの瞬間」にばかり気を取られがち ですが、バックスイングが間違っていると正しい軌道でヘッドがボールに衝突しないので、ボールに余計な回転が加わったり狙った方� チンバックをすることで、テイクバックをする方向へ視界が広がりますから、ゴルフクラブを真っ直ぐに引けているのか見ていたのかもしれないですね。チンバックはテイクバック時に後方に引かれていくゴルフクラブを目で追うためのものではありませんので・・・憶測ですけどね。 ゴルフでテークバックとはスイングの始動部分のことをいいますが、この部分の動きがその後のスイングに大きく影響を与えるので、どのように動かすかはとても大切です。そこで正しいテークバックの方法とクラブヘッドの軌道についてご説明いたします。 テイクバックとはバックスイングの始動に当たる部分のこと。 そのテイクバックを重要視しないゴルファーが多いですが、どんな動作でもスタートが悪ければその後の動きに悪影響が現れます。 そこで正しいテイクバックとはどのようなものなのか、そして上手くできるコツなどを説明します。 This article is a sponsored article by ''. ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップで国内メジャー2連勝を自身2週連続優勝で飾ったキム・ハヌル。みんなのゴルフダイジェストでは、難しいセッティングの中でもスコアを守った彼女のパッティングに注目。あのテークバックの小ささは、ちょっとすごい! ゴルフでテークバックの方向は真っ直ぐ引くのが良いのか?インサイドに引くのが正解? この記事では、初心者ゴルファーが最も迷うといわれているテークバックの方向について解説していくます。 テイクバックからトップまで右股関節で体重を受け止めるなどとゴルフ雑誌に書いています。 この記事を書いた人が正確にゴルフを理解していないのでしょう。 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップで国内メジャー2連勝を自身2週連続優勝で飾ったキム・ハヌル。みんなのゴルフダイジェストでは、難しいセッティングの中でもスコアを守った彼女のパッティングに注目。あのテークバックの小ささは、ちょっとすごい! スイングアークになるのよ。 お~!! 5つもイイことあるじゃん! ポイントは、 いつもよりちょっとだけ、 ゆっくりテイクバックすると. バックスイングではフェースの向きに注意. ゴルフのバックスイングではフェースの向きがどの方向を向いてるのがよいのか?正解をお教えします! 管理人のプロフィール. こちらでは、パターでテイクバックなしの打ち方は違反、でもパター上達のコツが凝縮されていることについてまとめました。テイクバックなしのパター練習をすると方向性と距離感が良くなりタッチがつかめるようになります。どのように練習するのがいいのでしょうか? 「運ぶ」ゴルフでツアー初優勝・比嘉一貴のスウィングをプロが解説, カップを掲げる腕が太い!? ゴルフのスイングフォームでは、テークバックのときに左膝が内側に入ると、インパクトポイントでグリップが低くなり、ダフリの原因になると考えられています。 そこで今回は、左膝が内側に入る代表的な2つのスイング法を交えて、その是非について考えていきます。 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップで国内メジャー2連勝を自身2週連続優勝で飾ったキム・ハヌル。みんなのゴルフダイジェストでは、難しいセッティングの中でもスコアを守った彼女のパッティングに注目。あのテークバックの小ささは、ちょっとすごい!, まるでベテラン選手!? ドライバーショットからアイアンショット、アプローチ、パッティングに至るまで、ゴルフスイングにおいて大事なことは芯に当てることです。しかし、この芯に当てることがけっこう難しく、アマチュアゴルファーの中には、パターですらきちんと芯に当たっていない人が多いように思います。 All rights reserved. バックスイングを粗雑に行うと、スイング全体に悪影響が出ます。アマチュアのゴルファーの多くがおそらく緊張からくるせいで、バックスイングに力が入り過ぎ本来のパワーを蓄積するという目的が達成されていません。ゴルフのスイングは1秒間の瞬間芸です。 テイクバックとはバックスイングの始動に当たる部分のこと。 そのテイクバックを重要視しないゴルファーが多いですが、どんな動作でもスタートが悪ければその後の動きに悪影響が現れます。 そこで正しいテイクバックとはどのようなものなのか、そして上手くできるコツなどを説明します。 ようこそ!管理人のたま蔵です! このサイトは、ゴルフ初心者の方に役立つゴルフの基本基礎が学べます。 ここに書いてることを実践するだけで 100 ゴルフのスイングでは、フォロースルーを大きくすることが良いと言われます。 ほとんどのアマチュアゴルファーは頭ではわかっていても、これができていません。 バックスイングが大きく、フォローは小さい。 つまり、逆になってしまってるんですね。 ゴルフ上達のワンポイント集。今回は、多くのアマチュアがやってしまっているテークバックの間違いについて解説します。始動の「ある動作」でクラブがスイングプレーンに乗る可能性がなくなってしまうことをご存知でしょうか? ゴルフダイジェスト社 メジャーの最終日だけあって難しい位置にピンが切られる中、崩れる様子が微塵もなかったキム・ハヌル。注目したいのは、そのテークバックの小ささだ。, 上の連続写真は2016年に撮られたもの。テークバックでは右足のつま先の位置にまでしかクラブが引かれていないが、フォローでは左足の幅を大きく超え、なおかつヘッドが高い位置に跳ね上がっている。実際、サロンパスカップでも彼女のテークバックは抜群に小さかった。なぜか?, 「パッティングではトップからダウンスウィングへの切り返しで、フェースの面が狂うケースが多いのですが、テークバックが小さく、フォローが大きいとそのリスクが避けられます」というのはみんなのゴルフダイジェスト編集部員でプロゴルファーの中村修だ。, 「イメージ的にはバックスウィングとフォローで1:2くらいの大きさで振っているように見えますね。サロンパスカップではセンターシャフトのパターを使っていましたが、今回は上の写真よりさらにテークバックが小さいように見えました。テークバックが小さく、フォローが大きいと、基本的には軌道はアッパーブローになります。すると、インパクト直後にボールに順回転がかかりやすくなり、狙ったラインの通りに転がるようにもなります」(中村), 「サロンパスカップの会場である茨城GCはグリーンの傾斜が強く、最終日はピンポジションも難しい設定でした。そんななか、彼女は狙って入れに行くパット、距離を合わせるだけのパットを明確に使い分けていました。傾斜の強い場所にピンが切られると、オーバーした場合返しのパットも曲がるラインになる危険性があるのですが、彼女のパッティングはパンチが入らないため大オーバーのリスクがない。だからこそ、狙う・守るをしっかり使い分けられたのではないでしょうか」(中村), 一般アマチュアは、ハヌルとは逆に、テークバックが大きく、フォローが小さい場合が多い。それだと切り返しでフェース面が狂いやすいし、インパクトではパンチが入りやすい。「スマイルクイーン」を見習って、テークバック小・フォロー大の打ち方を試してみてはいかがだろうか。, 2週連続優勝で乗りに乗っているキム・ハヌル。2017年は3勝が目標と語っていたが、この勢いに乗っていけば3勝どころじゃなくどんどん勝利を重ねていきそうだ。そんなハヌル、実は関係者の間ではその「気遣い力」を絶賛されていた!, パッティングの秘訣は「パターを『12ミリ』浮かせて打つこと」。ある大学教授の大発見を記事化したところ、読者から大きな反響があった。今回はその第二弾。みんなの苦手な下りのパットには、絶対的なコツとも言える「入るテークバック」が存在した!. 飛距離を求めるドライバーですが、あまりにも思い込みが強いと力みが入ってテイクバックがギクシャクしたり、高さのあるトップにこだわってフォームを崩してしまうことがあります。 今回はドライバーのテイクバックの仕方と、正しいダウンスイングについて解説します。 ゴルフのバックスイングで体や左ひざが右に動かないようにする方法 2019.10.05; シンプルで再現性が高いゴルフスイングは両手を意識して使おう! 2019.09.01 ; 人気記事ランキング. ゆっくり小さいテイクバックのすすめ タイガー・ウッズのパットはテイクバックが世界一小さい。 どんな距離を打つ時もゆっくりとしたテイクバックで、右足を超えてテイクバックを大きく取ることはない … ゆっくり小さいテイクバックのすすめ タイガー・ウッズのパットはテイクバックが世界一小さい。 どんな距離を打つ時もゆっくりとしたテイクバックで、右足を超えてテイクバックを大きく取ることはないです。 スライスが持ち球。右へのすっぽ抜けがよく出る。という人は飛ばないおじさんスイングになっているかもしれません。ちなみに、このスイングタイプに当てはまる”おじさん”は、「身体の動きには年齢の割に自信がある!」という人に多く見られます。 ゴルフスイングにおける「テークバック」。アドレスからバックスイングに移る際の初動のことを表します。普段はあまり意識することがないかもしれませんが、テークバックの基本と4つのコツを押さえて、より理想的なスイングに近づきましょう! ゴルフにおけるフォロースルーとは、球を打った後の動作のこといいます。このフォロースルーには、そこまでのスイングの良し悪しが現れるため、正しいフォロースルーを意識できれば、スイング全体が … バックスイングの上げ方に迷っているゴルファーに試して欲しい5つの上達ポイントを解説いたします!始動から切り返しまでの動きがスムーズに作れれば、ナイスショットの確率も大きくアップします!ゴルフ初心者は必見の内容となってますので、ぜひご覧になってみてください! © 2016- テイクバック時に下半身は左膝が全く動かさない; 膝を固定して上半身をねじる . 間違った5つのバックスイングから学ぶ正しい打ち方/テイクバックのコツを掴めば方向性が抜群に安定する! 更新日: 2018年4月26日 ゴルフのスイングは一種の 「瞬間芸」 です。 この動きがその後のスイングに大きく影響を与えるので、正しいテークバックの仕方を覚えることはとても大切です。, そこで正しいテークバックの仕方とクラブヘッドの軌道、そしてその練習法を説明していきましょう。. ゴルフスイングの悩みって、 いつまでたっても尽きないですよね。 ... スイングアークが小さいよね。 自然と大きな. ゴルフのテークバックは、スイングの始動部分のことを言います。 この動きがその後のスイングに大きく影響を与えるので、正しいテークバックの仕方を覚えることはとても大切です。 そこで正しいテークバックの仕方とクラブヘッドの軌道、そしてその練習法を説明していきましょう。 テイクバック時に下半身は左膝が全く動かさない; 膝を固定して上半身をねじる . センスと技術にパワーが加わった石川遼のスウィングをプロが解説. ゴルフスイングの基本!テイクバックの始動方法!2つの動作とは? ゴルフの左手グリップはロングサムよりショートサムの方がいい理由; ゴルフのバックスイングで右足股関節に体重をのせる方法!コツは… ミシェルウィーのパタースタイルは独特な事が画像で分かります。周りからは格好悪いと言われているパ... 入るだけで落ち込んでしまうくらい、バンカーを苦手としているゴルファーは少なくありません。バン... 2017年で女子ゴルフツアーでは38戦中13回韓国人女子プロゴルファーが優勝をしました。韓国... バンカーショットが苦手なゴルファーはクラブフェースを閉じている人が多いです。実のところバンカ... トップからダウンスイングに移り変わるのが「切り返し」部分です。実はこの切り返し部分はゴルフス... クラブはしっかり振れているのに、何故か飛距離が出ない。打ったボールが何故か真っ直ぐ飛ばない。... 「さくら」の愛称で日本女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら選手ですが、その独特なスイングは誰にでも... ゴルフのスイングでのミスといえばチーピン、フック、スライス、ダフリ、トップです。これらすべてのミ... ゴルフ場はゴルフ練習場のように平らな場所ばかりではありません。むしろほとんどの場所に傾斜があ... ビジェイシンと言えば、追放処分を受けた経歴と世界ランキング1位や賞金王と言った経歴の、光と影を経験... ゴルフスイングで腕が遅れると言われますが、本当に腕が遅れてゴルフクラブが先行することはありません... 正しいスイングをチェックする時、スイングプレーンという言葉を使うことがあります。この言葉が生... ゴルフスイングのブレで上手くインパクトができないようであれば、グリップの構える位置が悪いのかもし... ゴルフの精度を確認するときに、初速とヘッドスピードから計算されるミート率が使われています。この数... テレビでゴルフ中継をみると プロのスイングは左手をまっすぐにしています。そえっを参考に同じよ... テークバックは、アドレスからスイングをスタートさせる始動部分のこと。テークバックでは、腕を使いすぎずに肩の回転でスイングをスタートさせてください。, 正しいテークバックの仕方をすると、シャフトが平行の時にターゲットラインに平行になり、クラブヘッドが後ろから見たときに、スイングプレーンの中に納まっていて手と重なって見えます。, そしてテークバックの時には、フェースの向きも意識しなければなりません。シャフトが水平の時の正しいフェースの向きは、前傾角度と平行になります。これよりもトゥが下を向いてフェースが地面の方を向くとクローズで、トゥが上を向いたらオープンになります。, テークバックのフェースの向きは球筋にも大きく影響するので、しっかりと正しい向きにするように意識してください。シャフトが水平な時点で正しいフェースの向きでないと、インパクトでフェースの向きをスクエアにするのが難しくなってしまうからです。, テークバックの仕方がアウトに上げてしまうとフェースは閉じて上がりやすくなります。アウトに上げてしまう原因は、肩の回転が少なく、手や腕だけで上げてしまっているからだと考えられます。, 後ろからテークバックの仕方を見たときに、手の位置がアドレスよりも前に出ていたらクラブヘッドもアウトに上がりやすくなります。そのためアドレス時に作った手と体の間隔を維持したままのテークバックの仕方を意識するようにしてください。, そして肩の回転が少なくなるとトップが浅くなってしまい、その結果ダウンスイングもアウトから下りやすくなってしまいます。, 肩の回転が浅いトップにも関わらず、無理にクラブヘッドだけをインサイドから下ろそうとすると、クラブが寝てしまい、それと同時にフェースが開いてしまうので、スライスや右へのプッシュアウト、シャンクなどのミスショットになるでしょう。, そうならないようにするには、手や腕だけでクラブを上げずに、肩の回転を意識してクラブをあげるようにすることを忘れないでください。, その感覚を養う練習方法としてやってもらいたいのは、アドレスで通常よりもクラブを短く持ち、グリップエンドをお腹に付けて構えて、グリップエンドがお腹についたまま肩を回してテークバックする方法です。この練習でアウトに上がらない感覚を身に付けると良いでしょう。, テークバックの仕方がアウトになってしまう人は、まずはアドレスのチェックが必要です。, アドレスで手が体に近くないかを確認しましょう。アイアンショットの場合は、手と体の間隔はこぶし1個半~2個になります。, 次に、アドレスで前傾が深すぎないかをチェックしてください。前傾が深いとテークバックで肩の回転がしにくくなり、手や腕だけでクラブを上げやすくなってしまいます。, 先に話したように、テークバックがアウトに上がってしまうのは、手や腕を使いすぎていることが大きな原因なので、肩の回転でテークバックできるように、腕にボールを挟んで練習する方法や、グリップエンドをお腹に付けてグリップを持ち、お腹に付けたままテークバックする練習をしましょう。そうするとテークバックがアウトに上がらなくなります。, またスイングだけが原因でなく、クラブに問題がある場合も考えられます。使っているクラブが、軽すぎると肩の回転ではなく、手や腕だけでテークバックをしてしまう場合があります。使っているクラブをお店等で一度診断してもらうのも良いかもしれません。, 逆に、テークバックの仕方がインサイドに上がげてしまうとフェースが開きやすくなります。, そうするとダウンスイングでもインサイドからクラブが寝て下りてしまうので、右へのプッシュアウトやスライス、シャンクなどのミスショットになります。, その原因の1つは、腕のローリングが大きくなり、バックスイングでフェースが開いてしまうことです。, まっすぐな球筋を打つためにはダウンスイングでフェースを閉じる必要があります。インパクトでスクエアに戻すためにはフェースのローテーションが大きくなるので、フェースの向きの管理が難しく、インパクトでちょうどスクエアにするのが非常に難しくなるのです。, もう1つの原因は、スイング始動で腰の回転を大きくしてしまうことです。スイングの始動は肩の回転でするのですが、腰を回転してしまうと、インサイドに上がってしまうはずです。腰の始動で回ってしまうと、トップで肩の回転量が必然的に増えてしまい、頭が右へ動きすぎてしまうのです。, またトップで肩と腰の回転差が少なくなり、飛距離に必要な捻転差も無くなってしまうでしょう。, テークバックの仕方がインサイドに上げてしまう時の直し方を紹介します。もちろん原因によって直し方は変わってきます。, これは、腕を使わずに肩の回転の意識をおいてください。そしてテークバックの時に左脇を開けないように意識します。, レッスン番組等でよく紹介されているのですが、ゴムボールを腕に挟んで練習すると、腕を使わないで、肩の回転でテークバックする感覚を掴む練習ができます。100円ショップで打っているボールで十分なので、購入して練習に使ってください。, ゴルフ雑誌等で「腰を使う」と書かれていることが多いので勘違いしてしまう人が非常に多いです。スイング始動では、腰を回転させないで、肩の回転でスタートさせるようにしてください。腰から下はなるべく動かさないで、肩を回転させるのです。手が右足の太もも前に来たら、肩の回転だけではスイングできないので、そこからは肩の回転につられて腰も回転させる順序になります。, テークバックの仕方で、肩の回転についてお話ししてきましたが、肩の回転の次に意識しなければならないのが、体重移動です。, スイングでは上体の力強い捻りと、それを支える両足の踏ん張りが必要になります。そのためには両膝をなるべく動かさないように意識してください。, テークバックで体重移動を意識すると、右膝が右に流れてしまう人を良く見かけます。右膝が流れてしまうと、踏ん張る力が一気に開放されてしまうので十分注意しましょう。体が硬い人は、左足の膝は少し右に引き寄せられて曲がっても、右膝は少し内側に力を入れるようにして動かさないようにしてください。, テークバックにおけるトップのポジションでの上体は、下半身の真上で回転完了するが理想的な形です。それが体の張りと強い捻りを生み、体重移動はあるものの、体の軸は左右にぶれないトップポジションになるのです。, またそのテークバックが上手く行えないのであれば、それ以前のアドレスを確認する必要があります。, アドレス、テークバックが上手く行えれば、その後のスイングをスムーズに正しい動きをしやすくなるので、この部分の正しい動きを徹底的に練習するようにしましょう!. バックスイングの起動は正しいテイクバックができればそれほど狂いは生じません。 しかし多くのゴルファーはテイクバックがいい加減で小さいスイング軌道で打っています。 ゴルフ上達の秘訣はどれほどテイ … ゴルフの正しいテークバックを身につけるとスコアを飛躍的に伸ばすことができます。捻転を意識した動きになり、体全体の力を使ってスイングできるようになり、ショットが安定するからです。 ゴルフにおけるフォロースルーとは、球を打った後の動作のこといいます。このフォロースルーには、そこまでのスイングの良し悪しが現れるため、正しいフォロースルーを意識できれば、スイング全体が … ゴルフは真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ戻す だけどスイングは円弧 ゴルフクラブを真っ直ぐ引く テイクバックで、真っ直ぐ引くの意味 テイクバックは、真っ直ぐに引く スイング自体は円弧を描く テイクバック … テイクバックはどの方向に上げるべき?コックはいつ使うべきなの?そんなお悩みのゴルファーへ!バックスイングがスムーズになる秘訣をプロゴルファーがレッスンいたします。気持ちよく振り上げられると、その後の動きも自然と良くなりますので、ぜひトライしてみてください。 ゴルフ上達のワンポイント集。今回は、多くのアマチュアがやってしまっているテークバックの間違いについて解説します。始動の「ある動作」でクラブがスイングプレーンに乗る可能性がなくなってしまうことをご存知でしょうか? バックスイングの上げ方に迷っているゴルファーに試して欲しい5つの上達ポイントを解説いたします!始動から切り返しまでの動きがスムーズに作れれば、ナイスショットの確率も大きくアップします!ゴルフ初心者は必見の内容となってますので、ぜひご覧になってみてください! テイクバックからトップまで右股関節で体重を受け止めるなどとゴルフ雑誌に書いています。 この記事を書いた人が正確にゴルフを理解していないのでしょう。 テイクバックを大きく取れば取るほど飛距離がアップすると思っている初心者ゴルファーさん、結構多いんじゃないでしょうか? 実は、テイクバックの大きさと飛距離は比例しないんです。 今回はそんなお話をしていきたいと思います。 テイクバックを大きく取れば取るほど飛距離がアップすると思っている初心者ゴルファーさん、結構多いんじゃないでしょうか? 実は、テイクバックの大きさと飛距離は比例しないんです。 今回はそんなお話をしていきたいと思います。 ゴルフスイングの基本動作の中にバックスイングがありますが、トップの高さや位置を決める重要な動作になります。バックスイングとは基本的に腰から上にクラブを振り上げる動きとトップスイング迄の事を指しています。コンパクトなトップの人は短くて、オーバ テークバックが何だかしっくりとこない。僕が初心者の頃は常にそう思いながらスイングしてましたが今やそのコツをつかんだのでシェアさせてもらいます。まずゴルフのテークバックには2つのポイントが … ゴルフスイングを決める重要な部分としてテークバックを見落としがちな人は多いです。 テークバックは非常に重要です。 スイングの始動から間違って動いてしまっている人はその後間違いをどこかで修正しないといけないのですが、これが一瞬のスイングの動きの中では無理に等しい。 キム・ハヌルのパット術。「テークバック小・フォロー大」をお手本にしよう!【勝者のスウィング】, 冬でもベストスコアを狙いたい! プロゴルファー・中井学に「冬ゴルフのコツ」を聞いてみた. ゴルフのバックスイングにおいて注意することは、前傾姿勢の維持と振りかぶり過ぎないということです。アマチュアゴルファーはその2点を維持することがなかなか難しいのですが、その原因はよく言われる「飛ばそう」という意識からくるものではありません。 ドライバーショットからアイアンショット、アプローチ、パッティングに至るまで、ゴルフスイングにおいて大事なことは芯に当てることです。しかし、この芯に当てることがけっこう難しく、アマチュアゴルファーの中には、パターですらきちんと芯に当たっていない人が多いように思います。 ゴルフでテークバックとはスイングの始動部分のことをいいますが、この部分の動きがその後のスイングに大きく影響を与えるので、どのように動かすかはとても大切です。そこで正しいテークバックの方法とクラブヘッドの軌道についてご説明いたします。 ②テイクバック ③バックスイング ④トップ ⑤切り返し ⑥ダウンスイング ⑦インパクト ⑧手首の返し ⑨フォロースルー ⑩フィニッシュ. ゴルフもクラブヘッドの芯で捉える、ことが大切なのです。 コンパクトなスウィングとは・・・? ... 多くの人は、大きなバックスイングと 小さい フォローの人がほとんどです。 これでは飛距離も出ないし、方向性も定まりません。 自分のスウィングをコンパクトにするには バックスウィン� ゴルフスイングの始動は、ゴルフテイクバックを腰から始めることがコツです。 手首からテークバックを始めている人を多く見かけますが、それですと腰への意識が弱すぎるので、飛ばないですし、恐らく9割方スライスかフックボールになっているのではないでしょうか? テークバックが何だかしっくりとこない。僕が初心者の頃は常にそう思いながらスイングしてましたが今やそのコツをつかんだのでシェアさせてもらいます。まずゴルフのテークバックには2つのポイントが … こちらでは、パターでテイクバックなしの打ち方は違反、でもパター上達のコツが凝縮されていることについてまとめました。テイクバックなしのパター練習をすると方向性と距離感が良くなりタッチがつかめるようになります。どのように練習するのがいいのでしょうか? 正しいバックスイングをするために、まずは、ゴルフクラブの特性を知ることが大切です。 ゴルフクラブの構造上、何も意識せずにバックスイングをしていくと、フェースが開く方向に力が働きます。 ゴルフでテークバックの始動の仕方をどこから始めればいいか悩まれてる方は多いのではないでしょうか?ここでは、手先で上げるのではなく、スムーズかつ体の回転で行うテークバックの始動の仕方を書かせていただきます。
2020 ゴルフ テイクバック 小さい