]。, 1988年12月に長崎市議会で本島等長崎市長が「天皇の戦争責任はあると思う」と発言した問題は大きな波紋を呼んだ。, 日本全国から、さらに国外からも多くの封書、葉書などが寄せられ、それらをまとめた書籍も発行された。『長崎市長への七三〇〇通の手紙』は、1988年12月8日から1989年3月6日まで市長宅に届き、そこから編集部に送られたはがき、封書、電報、電子郵便の合計7323通が収録されている。その内容については、市長を激励するものが6942通、批判・抗議するものが381通で、圧倒的に市長が支持されている内容となっている。, ただし本島市長を「支持する」内容が即ち「天皇の戦争責任を認める」ものとは言えず、たとえば「その勇気に感銘した」という論旨のものや、反対勢力の暴力的恫喝的な行動への批判を表明するもの[17]なども散見される。しかし、自分の体験などに言及しつつ市長の発言に支持を表明するものも数多く収められている。, 連合国のイギリス、オーストラリア、ソ連、中華民国は昭和天皇の戦争責任を追及し、一部は「死刑にすべき」と主張していたが、マッカーサーの政治的判断で追訴を免れ、イギリスも第一次世界大戦でドイツの皇帝ヴィルヘルム2世を追放したことが独裁者アドルフ・ヒトラー総統の誕生とナチスの台頭を招いたとして、昭和天皇を占領管理の道具に利用すべきだと主張した。[要出典]具体的には、昭和天皇をアメリカ軍の捕虜として管理し、さらにその捕虜を通して内閣総理大臣及び最高裁判所長官の任命に関与し、内政干渉するという計画書が策定された。, 一方で、イギリス、オランダ、中国の各国世論大半からは昭和天皇を憎悪の対象として見られた。, 1971年(昭和46年)に昭和天皇がヨーロッパを訪問した際、ベルギー、フランスでは歓迎を受けたが日本と交戦国であったイギリス(日英同盟での旧同盟国)、オランダでは昭和天皇に憎しみを持つ退役軍人からの抗議に遭い、イギリスでは馬車に乗っている最中に「天皇は帰れ! https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12405632343.html, ● 【 天皇って誰 】ですか、何でそんな偉いんですか ¦ãŒã‹ã£ãŸã€æ–¹ã® ・天皇裕仁のワースト・オブ・ク 「思し召し」大会 という記事が1,100を超えるブックマークがついて話題沸騰中です。そこで今日は、昭和天皇の戦争責任と、民主主義社会の実現にはどんな考え方が必要かを考えてみます。 !」と抗議を受けた。, イギリスの場合、大衆紙の『ザ・サン』は「血に染まった独裁者」として昭和天皇の写真を掲載し、昭和天皇を「バッキンガム宮殿からVIP待遇を受けた血に染まった独裁者達」として特集していた[18]。大喪の礼の際にメディアでは昭和天皇の戦争責任を問う報道があった。[19], オランダでは昭和天皇が乗車する車に卵や魔法瓶や手植え苗を投げるほど反日感情が根強く、昭和天皇が在位中の1986年のベアトリクス女王の日本訪問はオランダ国内で反対を受けた。, アメリカでは戦争終結直前の1945年6月29日に行われた世論調査によれば、「昭和天皇を処刑するべき」とする意見が33%、「裁判にかけるべき」とする意見が17%、「終身刑とすべき」とする意見が11%であった[20]。, 1975年(昭和50年)に訪問したアメリカでは、侍従長入江相政によると「天皇に対する激しい憎しみを露わにしたアメリカ人もいた」といい関係者を悩ませたものの、歓迎ムードであり、後にディズニーランドにも訪問した。また昭和天皇はアメリカ兵犠牲者の慰霊碑に訪問して、アメリカ人を喜ばせている。, しかし後にハーバート・ビックスは著書『昭和天皇』において「昭和天皇が戦争に積極的に関与した」という主張を提示し、論争を引き起こした。, 昭和天皇の戦争責任を追及する立場の人物が主張する説によれば、「戦争によって不幸な状態に陥れられた被害者全般に対しての責任がある」とする考え方がある, また上記に列挙した戦争責任について、「日本には戦争に対する責任を負うべき事実が存在しないから、天皇の戦争責任自体を問うことが設問として成り立たない」とする意見がある。また「国としての損失という面から考えると、当時の日本の主権者は天皇であり、その最大の被害者は天皇自身であった」とする意見もある, 相良竜介編集『ドキュメント昭和史6占領時代』所収「戦争責任と天皇の退位」平凡社、p53, 歴史科学協議会『歴史評論』2015年8月号(第784)p6-p7、山田朗「戦争責任論の現在と今後の課題 ―戦争の〈記憶〉の継承の観点から― 」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=昭和天皇の戦争責任論&oldid=80380769, 「天皇は日本軍隊唯一絶対の統帥権者であった」。天皇は憲法第11条と勅諭によって軍の統帥権者であるとともに忠君の道徳が強調され、上官の命令は天皇の命令として遂行する事が正当化された。参謀本部等は天皇のみの命令を受ける機関であり、規定、命令等は全て天皇に報告され、裁可を受けて天皇の命令として伝達・実施された。統帥権者である天皇が命令指揮しない戦争はないのであり、これだけでも「責任は疑う余地がない」。, 径書房編集部(編) 『長崎市長への七三〇〇通の手紙 天皇の戦争責任をめぐって』 径書房、1989年。. なぜ僕らの連帯責任に?」 そう、たしかに東久邇宮首相はたいへんに軽率だったといえるでしょう。何しろこの発言は九月五日。敗戦の日からまだ三週間しか経っていなかったのですから。なぜ戦争に負けたのか。 それから戦争に負けたのはあくまでも昭和天皇であって日本人ではない. /// 作成:2019-02-20、改定:2020-01-07, 天皇の戦争責任が、【 回避された 】納得の理由 | 世界の歴史と科学技術, ↑これらの暴露された文言を読めば、【 ã‚³ãƒŸãƒ³ãƒ†ãƒ«ãƒ³ï¼ä¸–界共産主義指導本部 】の思想が、如何に、【 ç‹¬è£ã‚’目的としたもの 】であったのかが良く判ります。, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12332237023.html, https://www.youtube.com/watch?v=6aFAw0i-lJQ, https://www.youtube.com/watch?v=xzIuzm6m7Kg, https://www.youtube.com/watch?v=but0m2UxCMk, https://www.youtube.com/watch?v=inE1DSH0jrk, https://www.youtube.com/watch?v=3Ko1EW601DQ, https://www.youtube.com/watch?v=yKbdeiogYk4, https://www.youtube.com/watch?v=r9_CPCQlKr4, https://minato-intl.com/who-is-douglas-macarthur, https://www.bing.com/search?q=天皇とマッカーサー, https://www.youtube.com/watch?v=nbnmo_5Tlmo&list=PLpw-ttKqXo1wzqC8BtQSNukghVQ9NEabR, https://www.youtube.com/watch?v=G0TYzfuM4zw, https://www.youtube.com/watch?v=JmHKmlyJRZ4, https://www.youtube.com/watch?v=GXXaIW2sxzI, https://www.youtube.com/watch?v=u9370m4sARk, https://ameblo.jp/dokkanoossann/theme-10104977087.html, https://www.youtube.com/watch?v=1nTQKzFfbYY, https://www.youtube.com/watch?v=-s_kjB2ZrZk, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1251264447, https://ameblo.jp/japmasa778/entry-12301869714.html, https://www.youtube.com/watch?v=7uBndGJpv18, https://www.youtube.com/watch?v=Xx2NEYxMnzQ, https://www.youtube.com/watch?v=apPZLLGbQIM, https://www.youtube.com/watch?v=nkG5J84CbC0, https://www.amazon.co.jp/s/url=search-alias%3Daps&field-keywords=マッカーサー回想記, https://www.amazon.co.jp/s/url=search-alias%3Daps&field-keywords=裏切られた自由, https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/fce93545125696bebb8f2a84f07e56c2, http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=333232, https://blog.goo.ne.jp/kirakiraboshi31/e/e6cab844a41fca0b2a5e0f3d0282a128, http://www.prideandhistory.jp/book-archive/book1/section1/chapter3/clause3/000245.html, https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/25b8f4973482aac77f741da46a75df0a, https://www.susanoo.net/overseas-plot/plan-for-total-enslavement-of-mankind, https://www.youtube.com/watch?v=doPlKvTdIbA, https://www.youtube.com/watch?v=Olz616LG2iE, https://www.youtube.com/watch?v=nLYvuFFInlE, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12344263748.html, ttps://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12334373066.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12335294101.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12334456307.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12405632343.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12328489300.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12525570606.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12523837547.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12564074785.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/theme-10105195942.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/theme-10104599563.html. すれに67年が来た、それでも死んでいった者は、天皇バンザイと言って、何の違和感も持たず死んでいった。死んだ者は、死んだんだから、仕方が無いで、済ませてよいのか。何故、戦争の事後処理が出来ないのか。これで戦後は終わったと言えるのか。 ● 【 ハングルは教えた 】、朝鮮発展にも尽力した Amazonで典洋, 加藤, 青嗣, 竹田, 大三郎, 橋爪の天皇の戦争責任。アマゾンならポイント還元本が多数。典洋, 加藤, 青嗣, 竹田, 大三郎, 橋爪作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また天皇の戦争責任もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ´ãªã©ã€æ—¥æœ¬ã‚‚【 一定の役割を果たした 】と言えるでしょう。 従って戦争責任は天皇一人が負うしかないんだ● 戦争の歴史 軍三省調整委員会)の会議では、マッカーサーに対し、天皇に戦争責任があるかどうか証拠を収集せよ、との電報を打つことが承認された。 日本人は天皇には逆らえなかったんだから責任はない. く、また、それに反対する声も負けず、論争が続いているところです。 しかし、そもそも「戦争責任」とはいったい何なのか。 https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12344263748.html http://ilovenippon.jugem.jp/?cid=26, ● 【 日本は自衛戦争 】、マッカーサー元帥が証言 https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12564074785.html, https://ameblo.jp/dokkanoossann/theme-10104750668.html, ● 反日の嘘話 16日、新華社は、終戦記念日での天皇陛下と安倍晋三首相とではその姿勢に大きな違いがあると指摘した。資料写真。 昭和天皇の戦争責任論(しょうわてんのうのせんそうせきにんろん)は、1931年(昭和6年)9月18日の満州事変勃発から1945年(昭和20年)8月15日のポツダム宣言受託による日本の降伏までの十五年戦争(満州事変・支那事変/日中戦争・大東亜戦争/太平洋戦争)に対する昭和天皇の戦争責任に対する議論のこと。, 敗戦後の連合国軍占領下での連合国からの極東国際軍事裁判(東京裁判)における対外的責任に基づく訴追問題と、日本国内における敗戦責任、戦争によって出た犠牲に対する責任の議論などがある。, 終戦直後の南原繁は戦争責任について具体的に法律的、政治的、倫理的カテゴリーを区分した上で発言した。山折哲雄によれば戦後まもなくは天皇の戦争責任が取り上げられ退位すべきだという意見もあった[1]。, 21世紀となってから秦郁彦は戦争責任は法律的、政治的、道徳的、形而上的の区分があると発言した[2]。, 東京裁判では昭和天皇が大日本帝国憲法の規定によって、大日本帝国陸軍および大日本帝国海軍の統帥権を有する国家元首、かつ大日本帝国陸海軍の最高指揮官(大元帥。軍の階級としては陸海軍大将)であったため、「侵略戦争」を指導した国際法違反を昭和天皇が犯したとする法的責任があったと指摘を受けた場合に、訴追対象になる可能性があった。, 一方、立憲君主制の下に日本国民に対する政治的、道徳的責任、すなわち国民国家に対する多大の人的・物的損害と領土失地などの敗戦責任を何らかの形で取るべきであったのではないかという議論があった。後者については秦によれば、昭和天皇は自らが退位することで責任を取る意思があったが、こちらも実現することはなかった。, その後、同盟国であった第一次世界大戦敗戦後のドイツにおける帝政崩壊とは相違して、占領政策を円滑に行うためのGHQ(SCAP、連合国軍最高司令官総司令部)の意図もあり、敗戦後も皇室は維持されることになった。昭和天皇は1947年(昭和22年)5月3日の大日本帝国憲法改正による日本国憲法施行後も1989年(昭和64年)1月7日に崩御するまで第124代天皇として在位し続けた。, 昭和天皇の戦争責任を追及する立場の人物が主張する説によれば、「戦争によって不幸な状態に陥れられた被害者全般に対しての責任がある」とする考え方がある[要出典]。この被害者には、日本の民間人の被害者、軍人や兵士の被害者、日本が進出した中国(戦後の中華人民共和国)やその他のアジア諸国の軍人や民間人の被害者、日本の残虐な扱いで犠牲になったアメリカ軍などの欧米諸国の軍隊の戦争捕虜を含む連合軍の軍人なども含まれており、それらに対して天皇が責任を取らなければならないと主張している。さらに一部の人々は、アメリカなど欧米列強の被害者に対する責任は無視して、アジア諸国の被害者については責任を認めようとする考え方が、情緒的なものではあるが一定の国民に共有されていると主張している。, また、類似の意見として戦争時の敵国の被害者を完全に除外するが、結果的に日本が戦争に敗れ、また日本の軍人や民間人に多大の犠牲者を出したことについての責任だけを限定して認めようとする立場もある。このような考え方は、東京裁判で裁かれた東條英機(太平洋戦争開戦時の内閣総理大臣)の陳述などに見ることができ、現在でも多くの日本人の共感を勝ち得ていると主張している。ただ、東京裁判の被告人として有名な東條英機は連合国側に与えた被害を無視すると主張してはいない。また昭和天皇の戦争責任については認めていない。, 昭和天皇の戦争責任の追及には否定的な立場の人物が主張する説によれば、「昭和天皇は立憲君主として『君臨すれども統治せず』との立場を貫いたのであり、戦争責任は昭和天皇を輔弼または帷幄上奏した政治家、軍人らにある」とするものである。, また、昭和天皇の戦争責任の追及に否定的であるとともに、政治家、軍人らの戦争責任も否定する立場の人物が主張する説によれば、「昭和の戦争を日本が独立国として存続するための自衛戦争、あるいは西洋帝国主義諸国の植民地主義と戦って、過酷な支配の下にあったアジア植民地を欧米列強から解放するための戦争であった」と主張し、「戦争は天皇が専らアジア諸国の侵略を目的として企図したものではない」と主張している。, これに対して、昭和天皇の戦争責任を追及する立場の人物は、戦後の国際的な冷戦体制によって、アメリカ合衆国を中心とする資本主義・自由主義陣営の西側諸国が日本の共産化を阻止するため、侵略戦争に荷担した日本指導層を戦争責任を追及せずに政財界に復帰させた逆コースによって天皇の戦争責任の追及が今でも阻まれていると主張している。これらの人々は、1990年代頃に顕著になった自由主義史観といった議論や運動は、この流れに沿ったものであると主張している。, 戦争当時の日本では国家主権は天皇に帰属し、日本国内でも外国でも天皇は日本の元首であり最高権力者であると認識されていて、戦争を始めとするすべての政治的な決定は天皇の名のもとで下され、遂行されたという歴史的事実から、天皇に戦争責任があったとする主張がある[3]。, 極東国際軍事法廷(東京裁判)では天皇は起訴されなかったが、裁判長のウィリアム・ウェブは、個人的な意見として天皇の戦争責任を言及した[4]。, ウェブはこう述べて、天皇には戦争責任があるが、政治的配慮によって起訴されていない事を明らかにした[6]。, また、天皇自身も戦争責任を意識している節は各種証言や手記によって確認されている。ポツダム宣言受諾の際の1条件(国体護持)をめぐる回答や、(中曽根らの進言に沿って[要出典])戦後に退位を望む意向を示したことなど[要出典]。, 天皇の戦争責任を問う声は、敗戦直後からすでに緩やかな形で存在しており、三好達治は人間宣言した天皇について、「神にましまさぬ陛下は、人の子として世の中の道理にお従いになるがよろしい」と述べ、人としての責任を問い、アメリカから帰国した大山郁夫は天皇の退位を論じた[7]。, 1948年の『中央公論 昭和23年7月号』に大山郁夫が寄稿した『戦争責任と天皇の退位』では、「それ(=戦争についての天皇の責任)は単純に個人道徳上のそれにあるにとどまるものではなく、さらに・・・政治道徳上の責任に渡るものだと思う」と書いている[8]。, 山田朗は、「戦争指導の責任を追及する時期や体験としての戦争を語る時期を経て、侵略性告発を伴う加害性責任が問われるようになったが、この時代にはまだ天皇の責任は問われておらず、天皇の責任を問うたのは井上清の『天皇の戦争責任』が嚆矢であった」と書いている[9] 。, 昭和天皇が死去した1989年1月7日、日本共産党が「天皇裕仁は侵略戦争の最大かつ最高の責任者」とする中央委員会声明を発表している[11]。, 2005年5月8日に菅直人(当時民主党元代表、後に首相歴任)は出演したテレビ番組で「天皇機関説的に動いていたから直接的な責任はないが、象徴的な戦争責任はあり、退位することで戦争責任を明確にするべきだった」と述べた[12]。, より具体的に昭和天皇の具体的な意識と判断を含めて責任を追及する声もある。昭和20年(1945年)2月14日に近衛文麿元首相(終戦後、戦犯指名により自殺)は敗戦を確信して天皇に上奏文を出し、敗北による早期終結を決断するように求めたが[13]、天皇は「もう一度敵をたたき、日本に有利な条件を作ってから」の方がよいと判断、これを拒否したという。このことは、少なくともある局面では天皇が能動的判断で戦争の継続を選択していることを意味するとも取れ、またこのときの判断次第ではそれ以降の敵味方の損害はなかった可能性をも示す。つまり、このときに天皇がこれを受け入れていれば少なくとも沖縄戦や広島・長崎の被爆はなかったはず、というものである[14]。, 外交評論家の加瀬英明も終戦時の昭和天皇の態度について「要は天皇以下、当時の指導者たちには、国民に対する責任感が全くなかった。この無責任な人間としての心を失った姿が、戦後日本の狂いの初めであると思う。苦境に際して、己の責任を回避して、他に責任を転嫁、己の生き残りを優先する。迷惑をかけた人々に対し、何らの責任を取ろうとしない。この無責任体制が、今日の日本をもたらしたと言えないか」と述べている。, 大日本帝国憲法では、天皇には、拒否権のみが存在し、実際の意思決定や政策立案は内閣(内閣官制の下)と帝国議会(日本国憲法下の国会)によって行われていたとする意見がある[要出典], また当時の大日本帝国憲法では「天皇の政治的無答責が規定されている」とする意見がある。, しかし、「君主無答責」の規定による戦争責任からの逃避は、第一次世界大戦ではヴェルサイユ条約でドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が退位後ではあったものの「前皇帝」として戦争責任を問われたことがあり[15]、国際法上訴追の可能性がまったくなかったわけではない。また東京裁判でも「君主無答責」論が公式に利用されることはなかった[16]。, また上記に列挙した戦争責任について、「日本には戦争に対する責任を負うべき事実が存在しないから、天皇の戦争責任自体を問うことが設問として成り立たない」とする意見がある。また「国としての損失という面から考えると、当時の日本の主権者は天皇であり、その最大の被害者は天皇自身であった」とする意見もある[要出典]。, また、天皇は日米開戦を論議した御前会議の最中に、開戦に反対したとする意見もある。昭和天皇はダグラス・マッカーサーとの会見で、「戦争責任は日本国民にではなく、すべて自分にある」と述べたとされている[要出典]。, ただし、サンフランシスコ講和条約において、「天皇が自国の戦争に責任を負うべきものがあることを承認する」という条項は無い。, 戦後、日本の戦争犯罪を裁いた東京裁判では、昭和天皇を訴追する動きもなかったわけではないが、早い時期にそのような動きは撤回され、天皇は裁かれないことになった。また、戦争直後には昭和天皇が退位するという選択肢もまったく検討されなかったわけではないが、実際には戦後の民主的な選挙によって構成された国会によって日本国憲法が制定され、大多数の国民の支持を得た上で昭和天皇は天皇の地位にとどまり、戦後の象徴天皇制が始まった。, これに対して、昭和天皇の戦争責任を追及する立場の人物[誰? http://ilovenippon.jugem.jp/?cid=23 https://ameblo.jp/dokkanoossann/theme-10104599563.html, /// 天皇の戦争責任が、【 回避された 】納得の理由 ● 愛国心を育てる名言 【101-200】 > 何で白人共を追い出した後に日本語教育する必要 ç†å¤§è‡£ã‚„国会議員が靖国神社に参拝するかしないかという話… https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12328489300.html, ● 初代【 神武天皇の実在 】を、考古学で証明した, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12328423898.html, ● 半島韓国が、【 異常反日に 】なった本当の理由 単にその方が便利だからでしょう。, 【 統治する国の言葉 】を教えるのは、極自然なことだと思います。ちなみに日韓併合時には、日本語とハングルの両方を教えたらしいです。教育にも熱心だったことで、【 å˜ãªã‚‹æ¤æ°‘地ではなかったこと 】がこれで証明されるのです。, ● 愛国心を育てる名言 【001-100】 https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12335294101.html, ● 共産主義はどうして、【 必然的に独裁になる 】, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12335742228.html, ● 【 社会主義と共産主義 】の、決定的に違う部分, https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12392299024.html, ● ソ連も中国も韓国もドイツも、【 米国が作った 】 体的に法律的、政治的、倫理的カテゴリーを区分した上で発言した。 山折哲雄によれば戦後まもなくは天皇の戦争責任が取り上げられ退位すべきだという意見もあった 。. ]。, 一方で、これらの討論などは法律などによって規制されているわけではない。つまり、日本人が昭和天皇の戦争責任の追及をタブー視して、タブーがあると主張する天皇の戦争責任を追及する立場の人々が否定的に見られるのは、大半の日本人が天皇の戦争責任に対して否定的な見解である証左であると見なす論者もいる[誰? 終戦前後、昭和天皇を退位させようとする動きがあったことは知られてはいても、その詳細を知っている人は少ないでしょう。それは盛り上がり、しかし挫折したのでした。(3ページ目) ]は、アメリカによって行われた合理的な措置であり、戦後日本の民主化への移行をスムーズに導いた要因であるとしている。この措置は、日本国民に根付く天皇の伝統文化的な価値観と誇りを破壊することによって生じるであろう多大な悪影響と混乱を回避し、民主化達成後の日本国民自らがその価値観を象徴天皇という概念として受け入れるための意識改革にとって適切な思考期間を与えた成功例であると主張している。仮に昭和天皇が戦犯として処刑されていた場合、あれほど日本国民がアメリカの占領政策に協力したであろうか。それだけではなく現在の日本人の価値観、思考などさまざまな点で異質の民族性を生み出していた可能性が指摘されている。, このように、昭和天皇の戦争責任を追及する立場の人々[誰?]は、天皇の戦争責任は戦後における未解明の問題として残されていると主張している。また、これらの人物は、戦後の日本で昭和天皇の戦争責任を追及することは禁じられており、何者かの強い圧力によりこの問題はタブー化され、その傾向はますます強まっていると主張している。その根拠として、1988年に天皇の戦争責任について市議会で答弁した長崎市長・本島等が銃撃された事件(長崎市長銃撃事件)等がその証拠であると主張している[誰によって? ● 共産主義は、【 ユダヤ世界支配の 】虚構理論 http://ilovenippon.jugem.jp/?cid=25 https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12334456307.html, ● 【 ユダヤ人 】とは何なのか、詳しく教えて下さい https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12334373066.html (回答先: Re: 天皇の戦争責任 投稿者 Narongchai 日時 2005 å¹´ 6 月 04 日 15:26:00) Narongchaiさん、レスありがとうございます。 天皇は実権力によって利用されただけなのか? それとも明治維新によって実権力を手に入れた天皇には「統治の結果責任」が存在するのか? い。 第一回会見は、マッカーサーと昭和天皇の他、ボナー・フェラーズ代将、通訳フォ… > なぜ昭和天皇は戦争犯罪者として裁かれなかった 結論から言えば、日本の場合【 正当防衛の戦争だった 】と言うことでしょう。 太平洋戦争の、【 主犯や黒幕… 戦国武将が戦に負けても領民が負けた事にならないのと同じさ. https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12525570606.html 1941å¹´12月8日の真珠湾攻撃で火蓋が切られた太平洋戦争。 この時、日米両国民のお互いに対する感情は最悪のものでした。 では、いつから日米関係はそんなに悪化してしまったのか。 ペリーが黒船で日本にやってきて、日米が出会った瞬間からずっとこんな感じだったのでしょうか。 もちろん、そんなことはありません。 日本がまさに国運を賭けて戦った日露戦争(1904年)では、アメリカは日本の味方でした。戦費の足りない日本に莫大なお金を貸してくれたし、戦争を終わらせるための和平調停を斡旋 … ● 【 創作歴史とマスコミ操縦 】で、ウソ蔓延の韓国 ]は、これらの一連の措置は、アメリカによって行われた非民主的な措置であり、昭和天皇の戦争責任を歴史的な研究課題として今日まで未解決のまま残した決定的な原因であるとしている。しかも、この措置は戦争責任に関する議論によって決定されたものではなく、多くは冷戦に向かう戦後政治の中で、日本を西側陣営に引き込もうとするアメリカなどの西側連合国の政治的な動機により採られたものだったと強く主張している。, 一方、昭和天皇の戦争責任を追及しない立場の人物[誰? ● 愛国心を育てる名言 【201-300】 「天皇の戦争責任」という井上清(京都大学名誉教授)の名著がある。私の手元にあるのは、1975å¹´8月15日初版の現代評論社本だが、著者没後の2004年に「井上清・史論集〈4〉天皇の戦争責任」として岩波現代文庫所収となっている。 http://ilovenippon.jugem.jp/?cid=30 ● 愛国心を育てる名著 【ジャンル別】 今年、天皇の代替わりを迎える。しかし、天皇の戦争責任の問題は依然として未解決である。昭和天皇は記者会見に際して(1975.10.31)、自らの戦争責任を問われた際、「そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究していないので、… https://ameblo.jp/dokkanoossann/entry-12523837547.html, ● 書籍【 反日種族主義 】で、覚醒し始めた韓国民 https://ameblo.jp/dokkanoossann/theme-10105195942.html
2020 なぜ天皇は戦争の責任を 問 われ なかった のか