�\��(�l�lR`��5����M@G?e`+��5�X��%���3��.2�s�3�ɼ���`��iz�ٞ���>Ì�T k�cs��080���1�1M�� �p���a 昨年の交通事故死者数は前年より51人少ない4863人で10年連続の減少。これは快挙といえるんじゃないだろうか? 237 0 obj 236 0 obj {>�\�d/��K����*x)��Ys�WcB�Nd2����`����W��&O�I������^��B3y6;�e�.�I�.�wt6��V�~���n+Ș��(���hʒ?��2�0{~,;��O�{d|~�#�S��4% E���o��K}=���)]�{�s�G����~xH{9m~;TS��ES ��K.�����7�1��@���X�\5o�™r��i_�y��r�a=���m�|�f�ӗ������qHj�)�)�������Hq�5����?��P��a��`��͟$���_���E4���S>�)���pZP�a�2��:F�`��"�Y�� startxref 件へと顕著な減少を示し、こ の期間全体を通じて死亡率は 下降する傾向にあった。 しかしながら交通事故による負傷率はこれとは裏 腹に増加傾向を見せ、1999年には100,000人当たり の負傷者数は85.5人という異例の高い割合となった。 stream x�c``�e``�c`c`�6bd@ A�(G?D�U�5�ԣ�.|`p���`�O:�w�[�!+���BgΜ9À�90r� S�f�+a@vԬ��x]��� 都道府県によって交通事故件数や死者数はさまざまです。さらに1人当たりの交通事故死亡リスクには違った傾向が見られます。ここでは、事故を起こさないために知っておきたい交通事故件数・死者数の都道府県別ランキングと事故原因について解説します。 {�4�`� ��#A����0�@[7V&ELj6*�E΀8�Ad�aq~�A'dh,D�y"������8!Cc!2�s`|���������`Np�[���8!Cc!2�s��܆� ��S�~� ��q�b���y=t���pf���8a��Bl1rX��`�,�ڔ.��緥~�{���s��ہ�mh��H-�_�L��x���#!s�͜ZW�t�d S�����I`��&aD��߈�M��JjJ�����5��ux8pB��및�{�lyq������bb8���W�# ;��y� �b8]������Ǯ4��xa]��F��w��4�"�d�(�^��w3(¸C�U�L��� Gf���b";�όu3���f���%����GR�#d�I=�Pn��� ǔ�nl�\Od�I*��e-�)�*��t�f�2�}.xA�y7�ȓύ ��OS�!Pœ�#̺���)��@g���~z�2� ���/�I]� �Ne��h� 235 0 obj %���� 0 昭和30代~40年代にかけて、日本は高度経済成長時代、モータリゼーションとも重なり、交通事故死者数は1万6000人を超え、交通戦争と呼ばれるほどの社会問題になった。'70年にはピークを迎え、減少していくものの、'80年中盤から再び増加に転じ、1万人を突破し第2次交通戦争と言われる状態に。, 昨年の交通事故死者数の4863人は、昭和27年とほぼ同じ死者数だ。この時代はまだ日本はモータリゼーションを迎えておらず、ヒルマンミンクスをいすゞが、オースチンA30を日産がノックダウンしていた時代だ。47年前の昭和27年と'10年の自動車保有台数を比べると、昭和27年は25万4542台、昨年はその300倍の7600万台だ。いかに事故死者数が少ないのかわかる。, 交通戦争と呼ばれ、最も死者数が多かった昭和45年と比較すると死者数は3分の1に減少した。, いっぽう、事故の発生件数は72万4811件で当時とほぼ変わらず、負傷者数も89万4281人でほぼ同じ。事故はそれほど減っていないが車両の安全性能向上と救命医療の高度化が、死者数の減少に寄与していると思われる。, まず死亡事故者数減少の一因として考えられるのは飲酒による事故の減少。昨年11月末時点で5004件、うち死亡事故につながったのは254件だった。, 飲酒運転による死亡事故は平成14年6月に改正された改正道路交通法により罰則など強化されたことで減少してきたが、平成16年、17年は減少幅が小さい。, しかし平成18年9月以降の飲酒運転根絶に対する社会的な機運の高まり、飲酒取り締まりの強化とともに平成19年9月の飲酒運転のさらなる厳罰化および、平成21年6月の悪質、危険運転者に対する行政処分の強化などにより18年以降は再び大幅に減少し続けており、10年前の4分の1だ。, ただ取り締まり件数は実は激減している。昭和24年から平成20年までの取り締まり件数の推移を見ると、ピークは昭和59年の1373万5091件。平成元年に1000万件を切ってからは一度も1000万件を超えることなく、若干の増減はあるが、減少傾向(死亡事故減少カーブと同調)にあり、20年は平成元年比で約41%減となる817万5691件。違反の少なさが死亡事故減少に大きく影響している。, 自宅を売って1000万円で「美しい農村」に引っ越し、夫婦は崩壊した【2020年ベスト記事】, 31歳の妻が絶句、「孫の保育園行事」に参加しまくる「モラハラ義母」に耐えられない…, 貯金1000万円の「使い込み」がバレて家庭崩壊した、38歳主婦の「ヤバすぎる結末」, 飲酒運転取り締まりや罰則強化が交通事故死者数を減らすことにつながった。ドライバー自身の意識も大切. 238 0 obj ?X��[Hu)7k_c�����OƧ�Ϸ�C�����r�e���7H����O�{yz��B�i;��M͚�+_M^�F�����;S&piIkո:!���H+��w2������w��G�S����ƾ���U�6�{zٍ 9�� endobj 世界保健機関(who)は昨年1年間で、中国の交通事故死亡者数が20万人以上に達し、そのうち1万人が児童であることを明らかにした。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じ… endobj %%EOF 235 44 まず死亡事故者数減少の一因として考えられるのは飲酒による事故の減少。 昨年11月末時点で5004件、うち死亡事故につながったのは254件だった。 278 0 obj グラフィック・図解: 2019年に全国で起きた交通事故による死者数が前年比317人(9.0%)減の3215人だったことが6日、警察庁のまとめで分かった。 ?��A���R�?~�������ao/���G�s�,��^�-&�� �i�V��Rg�j�ݚ�7�ɢD�ڬ �Z_� B�%�R 8My)Y�#���?�x�Û��%�ۏ? stream 指標:平成28年を基準値として平成32年の目標に向けて毎年同じ減少率で推移すると仮定した場合の当該年の推測値 h32目標 100 h32目標 750 h32目標 1,700 h29 指標 2,371 (未達成) ①バス 年 h20 h21 h22 h23 h24 h25 h26 h27 h28 h29 人身事故(件) 268 257 221 212 236 205 177 194 138 134 広告 タイは世界2位の交通事故の死者数 2015年のwhoの発表では、タイは人口10万人あたりの交通事故の死亡者数は世界で第2位。人口10万人中36.2人の死亡率で、1位のリビアの73.4人に続く高さだ。ちなみに日本は10万人中4.7人。 東南アジアの … xref 0000000015 00000 n 0000001286 00000 n 0000001903 00000 n 0000002015 00000 n 0000007655 00000 n 0000007838 00000 n 0000007989 00000 n 0000008206 00000 n 0000008458 00000 n 0000011496 00000 n 0000011805 00000 n 0000011960 00000 n 0000014395 00000 n 0000014651 00000 n 0000041847 00000 n 0000043015 00000 n 0000043175 00000 n 0000043412 00000 n 0000057287 00000 n 0000058218 00000 n 0000058373 00000 n 0000060488 00000 n 0000060740 00000 n 0000097293 00000 n 0000098457 00000 n 0000098616 00000 n 0000099938 00000 n 0000100194 00000 n 0000111303 00000 n 0000112075 00000 n 0000112239 00000 n 0000112480 00000 n 0000124242 00000 n 0000125172 00000 n 0000125386 00000 n 0000125486 00000 n 0000125737 00000 n 0000125866 00000 n 0000126182 00000 n 0000126351 00000 n 0000126599 00000 n 0000126728 00000 n 0000129491 00000 n 0000001566 00000 n trailer <]/Info 234 0 R/Prev 437461/Root 236 0 R/Size 279>> <> <>/PageLayout/OneColumn/PageMode/UseNone/Pages 233 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>> .�G�\&X�1�m]`>WͤQ�k�t�9� �����i&8�� &�ಇj&X�q�X�fݠ|��Y�e����`��(x8����S^f3�j�3�`-ډ8�����.�s��A�2�F�;{���L�����H&�h M��7�L��#�r~O���L0��j�r&�y�����3�8éL��X�骃j&��c�Z��{{������&�W}`f��h&Xk`:JOe��9�L���Si&����g$�1-��qf���2�J���k&��#��U %�����W}`��i&8�� ��ӹp�J&��c�9A��p&�4L�������.�z��&���JXL�w1{(�P�/�� �n�� �����9*�1�.wG0�7���8c�9�y��a���hp�~+}�+m�G��X�]��oa�W��x}SG�h0wd~4�-���=���# ;z�Jj�f`E�eY�25��beE���oA|(?�q�� ��#OE4���. <> <> %PDF-1.4 endobj つまり、交通事故死者数を減少させるためには、高齢者の死者数を減少させることが必須なのだ。 高齢者の交通事故死者数を減少させるには 近年問題となっているペダル踏み間違いによる事故など、高齢者が死亡事故を起こしやすい背景もある。 endobj 東北地方における交通事故は、発生件数、死者数とも減少している。 平成17 年は、道路延長1,000km 当たりの死者数で全国平均を下回っているものの、人口 10 万人当たり死者数、自動車10 万台当たり死者数及び致死率では上回っている。 統計の概要 ・ 統計の目的 道路交通に関する統計は、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路上において、車両、路面電車及び列車の交通によって起こされた人の死亡又は負傷を伴う事故を対象とし、全国の都道府県警察から報告された資料により作成した公的統計です。 endstream x��=�n-�q{}���6�h����d%�y0t��~j$ك�ح�g{�n�)�5��Ŗ�Y��������|��V�]����n��? 統計表 公表している各統計表の数値は、各資料作成時点の最新のものですが、後日新たな事実が判明した場合等には、数値の修正が行われる場合があります。 その際、公表済みの統計表に修正を反映させることはなく、以後の公表資料から修正を反映させます。 昭和54年には交通事故死者数は,8,466人まで減少。その後増勢に転じるが,平成4年を境に再び減少に転じる。 平成16年に交通事故発生件数は,95万2,720件,負傷者数は118万3,617人とそれぞれ史上最悪を記録 �,W:�[�.�z���{�����@\ �n� <>