風刺画をめぐって再び事件が起きたことにフランスでは衝撃が広がっていて、現場を訪れたマクロン大統領は、「表現の自由を教えていたという理由でフランス国民が殺害された。イスラム過激派によるテロの犠牲者だ」と非難したうえで、テロに屈しないため国民に団結を呼びかけました。, フランスのパリ近郊で、男性教員が、男に首を刃物で切られて殺害されました。被害者の男性教員は、授業で生徒にイスラム教の預言者の風刺画を見せていたことなどから、検察はテロ事件として捜査し、これまでに男の家族など9人を拘束しています。, パリ近郊で16日夕方、不審な男がうろついているという通報を受けて警察官が駆けつけたところ、男性が首を刃物で切られて殺害されているのが見つかり、近くにいた男が刃物で警察官を襲おうとして射殺されました。 殺害された教師の国葬を決定 フランスのテロ、引き金は生徒の保護者が投稿した動画か 2020年10月19日 06時00分 . そして、フランス中の学校で、テロ時の避難訓練exercice de confinementなどが行われることに。 12月4日には、フランス政府は、テロに遭遇した場合の身の守り方を示したポスターを公開。 フランスでは、5年前、預言者の風刺画を掲載した新聞社「シャルリ・エブド」がイスラム過激派に襲撃されて12人が死亡したほか、先月、この新聞社が再び風刺画を掲載したあと、事件が起きた建物の前で、男女2人がパキスタン出身の男に刃物で切りつけられました。 一方、容疑者について地元メディアは、ロシア出身の18歳のチェチェン系の男だと伝えていて、捜査当局はこれまでに男の家族や、男性教員が勤務していた中学校の生徒の保護者など9人を拘束したということです。 近年、フランスではイスラム過激主義に心酔した人物によるテロ攻撃が相次いでいる。こうした事件が続けば、フランス国内に住む多くのイスラム教徒にも悪影響が及んでしまう。前述した教師殺害事件後、多くのイスラム教徒が遺憾の意を表明した。 このうち、男子生徒の父親は「息子によると、先生はイスラム教の生徒を傷つけないようにと、授業が始まるとき、『これからムハンマドの風刺画を見せるから、ショックを受けてほしくないので、イスラム教徒の生徒は手を挙げて教室を出てもかまわない』と説明していた」と話していました。 Sputnik / Alexei Druzhinin, 日本の新聞報道についてロシア政府 「米アラスカの住民をロシア帝国の臣民と見なすべき」と提案, 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの, 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの, 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの, スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの, そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ), 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド), インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング), テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合, 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明. 預言者の風刺画をめぐって、フランスでは、宗教の批判も表現の自由として認められるべきだという考え方が強く支持される一方、イスラム教徒や中東諸国からは、宗教の冒とくだとして、強い反発もあります。 マクロン フランス的世俗的価値を守る計画を発表、イスラムの分離主義と戦うと!2020-10-02 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 風刺画をめぐって再び事件が起きたことにフランス国内では衝撃が広がっていて、現場を訪れたマクロン大統領は、「表現の自由を教えていたという理由でフランス国民が殺害された。イスラム過激派によるテロの犠牲者だ」と非難したうえで、テロに屈してはならないとして国民に団結を呼びかけています。, 殺害された男性教員の授業を受けていたという生徒の保護者が、現地メディアのインタビューに応じました。 フランスの首都パリ郊外で16日夕方、歴史を担当する男性教師が首を切断されて死亡する事件が起こった。殺害された教師は言論の自由を扱った授業で、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を見せていた。警察は現場近くで容疑者を発見し、射殺した。フランスのエマニュエル・マクロン大統領は事件現場を訪れて教員らに連帯の意を表し、事件について「テロ攻撃」との見解を示した。, マクロン大統領は関係閣僚らとともに犯行現場となった学校を訪問し、教育の現場に携わる市民に連帯の意を表した。演説の中でマクロン大統領は教員らに呼びかけ、「私たちは皆さんとともにいる、全国民があなたとともにいる、今日も、そして明日も」と語った。また、犠牲者の教員は「言論の自由を教えたことで殺害された」とし、事件をテロ攻撃と呼んだ。, 事件は現地時間で16日午後5時(日本時間の17日午前0時)ごろ、パリ郊外にあるコンフランサントノリーヌの学校近くで発生した。, CONFLANS-SAINT-HONORINE Yvelines Ven 16 Oct 2020 17hhttps://t.co/pdCS4EcxLJProfesseur géographie trouvé décapité près Lycée Conflans-Saint-HonorineAssassin abattu Eragny par BAC> un Tchetchène né 2002 Moscou arrivé enfant en France pic.twitter.com/rtDPTlqYfX, ​捜査関係者によると、学校付近に不審人物がうろついているとの通報を受けて警察が出動し、被害男性の遺体と、凶器を持った男を発見した。身柄拘束を試みたところ、男が威嚇してきたため、警察は男を射殺した。, 現在は検察のテロ対策課が捜査を進めている。フランスの一部メディアによると、容疑者の男はモスクワ生まれで、18歳だったという。容疑者に前科はなく、過激派組織の活動にも関与していなかった模様。警察はこの事件の関連で4人の容疑者を逮捕した。いずれも射殺された容疑者の関係者。, パリのロシア大使館関係者によると、大使館側はフランス当局から射殺された容疑者について情報提供の依頼を受けていない。, パリでは9月下旬、風刺週刊紙シャルリー・エブドの元本社前で、パキスタン人の男が2人を刺傷する事件が発生したばかり。男は同紙によるムハンマドの風刺画掲載に対する報復として犯行に及んだと見られている。, https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/570/87/5708752_0:168:3042:1880_1199x675_80_0_0_d3c2d53a4e289598fec2ede5fd1c2ba4.jpg.webp, https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo.png, https://jp.sputniknews.com/life/202010177857642/, 下記の「登録」ボタンをクリックすると、貴殿の個人情報の処理と、個人情報保護方針への貴殿の同意が確認されたことになります。, プロフィールが削除されました。プロフィールの再現は削除後30日以内であれば、登録の際のこちらからの送信メールにあるアドレスから可能です。, ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。, © フランスのテロ容疑者が犯行声明 ムハンマドをけなしたおまえの犬の1匹を殺した!2020-10-18. パリ近郊で教師殺害、風刺画関係か マクロン氏「テロの犠牲」 2020/10/17 06:52 フランス当局は16日、パリ北西の郊外コンフランサントノリーヌで中学校の歴史教師が男に刃物で襲われ、死亡したと発表し … それを聞いたイスラムの親が学校近くで教師を襲ったわけだ。 フランスのテロ容疑者が犯行声明 ムハンマドをけなしたおまえの犬の1匹を殺した!2020-10-18. 教師斬首テロに対する団結集会が開催 パリ郊外の学校で金曜日、ムハンマド預言者の風刺画を授業で紹介した、歴史教師が斬首されるテロ事件を受けて、団結と抗議の意を表して日曜日、フランス各地で集 … Ulala(ライター・ブロガー) 「フランス Ulala の視点」 【まとめ】 ・中学教師が首を切断された。容疑者は18歳のチェチェン系難民男性。 ・「表現の自由」の授業で「シャルリー・エブド」のムハンマド風刺画使ったことが原因。 ・2015年にも「シャルリー・エブド」の本社でテロ、12人死亡。 検察はテロの疑いで捜査を始めました。, パリ近郊で16日夕方、不審な男が学校の周りをうろついているという通報を受けて警察官が駆けつけたところ、刃物で切られた男性が路上で倒れているのが見つかりました。 地元メディアによりますと、被害者の男性は現場近くの中学校の歴史の教員で授業で「表現の自由」について教える際、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せていて、このことがSNSで拡散して一部の保護者が反発していたということです。 フランス・パリ近郊で中学校の男性教師が男に首を切断され、死亡しました。男性はイスラム教の預言者ムハンマドを風刺する画を教材として使っていたということで、当局はテロ事件とみて捜査を始めて … 検察はテロの疑いで捜査を始めました。 ・2015年にも「シャルリー・エブド」の本社でテロ、12人死亡。 10月16日の夕方に流れたニュースは、フランス中を震撼させた。パリ郊外のイブリヌ県で中学の歴史教師サミュエル・パティさん(47歳)が首を切断されて殺害されたのだ。 男はこの際、アラビア語で「神は偉大なり」を意味する「アラー・アクバル」と叫んでいたということで、検察は男が男性を殺害したとみてテロ事件として捜査しています。 地元メディアは、被害者の男性が学校の教員で、授業で「表現の自由」について教える際、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せたことがあると伝えています。 木曜日、フランス南部の都市ニースの教会で発生したナイフ攻撃で3人が死亡しました。 これは、エマニュエル・マクロン大統領が「イスラム教徒によるテロ攻撃」と呼んだ行為であり、国は安全保障上の警告を最高レベルにまで引き上げました。 フランス 教師がナイフで斬首殺害される イスラムテロで4人拘束2020-10-17. 言論の自由を体現しようと、授業で問題となったムハンマドの戯画を使って自由討論をやらせたのだな。それを聞いたイスラムの親が学校近くで教師を襲ったわけだ。, フランスのテロ容疑者が犯行声明 ムハンマドをけなしたおまえの犬の1匹を殺した!2020-10-18, マクロン フランス的世俗的価値を守る計画を発表、イスラムの分離主義と戦うと!2020-10-02, フランスのパリ近郊で16日、男性が刃物で切られて死亡し、現場近くで刃物を持っていた男が駆けつけた警察官に射殺されました。 フランスでは5年前、預言者の風刺画を掲載した新聞社「シャルリ・エブド」がイスラム過激派に襲撃されて12人が死亡したほか、先月、この新聞社が再び風刺画を掲載したあと、事件が起きた建物の前で、男女2人がパキスタン出身の男に刃物で切りつけられました。 Sputnik / Russian Presidential Press Office/Mikhail Metzel/TASS/POOL, © フランスの首都パリ郊外で16日夕方、歴史を担当する男性教師が首を切断されて死亡する事件が起こった。殺害された教師は言論の自由を扱った授業で、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を見せていた。 また、別の男子生徒の父親は、「息子は不安がっています。とにかく、息子を学校には戻しません。学校に対して、また、なんらかの報復があるのではないかと恐れています」と話していました。, フランス 教師がナイフで斬首殺害される イスラムテロで4人拘束 | gekifutoriyaginekoのブログ, 地元メディアは、被害者の男性が学校の教員で、授業で「表現の自由」について教える際、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せたことがあると伝えています。, 被害者の男性教員は、授業で生徒にイスラム教の預言者の風刺画を見せていたことなどから、検察はテロ事件として捜査し、これまでに男の家族など9人を拘束しています。, 男はこの際、アラビア語で「神は偉大なり」を意味する「アラー・アクバル」と叫んでいたということで、検察は男が男性を殺害したとみてテロ事件として捜査しています。, 被害者の男性は現場近くの中学校の歴史の教員で授業で「表現の自由」について教える際、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せていて、このことがSNSで拡散して一部の保護者が反発していたということです。. マクロン フランス的世俗的価値を守る計画を発表、イスラムの分離主義と戦うと! 概要仏パリ郊外で教師のサミュエル・パティ(Samuel Paty)さんが首を切断され死亡した事件を受け、フランス各地で18日、大規模なデモが行われた。パリ中心部のデモには数千人が参加。授業でイスラム教の預言者ムハンマド(Prophet Mo 男性は死亡が確認され、現場近くで刃物を持った男が警察官を襲おうとしたため、射殺されました。 そのうえで、「息子もイスラム教徒だが先生のことが好きだった。優しくて朗らかで、イスラム教を嫌悪するような人ではなかったと言っていた」と話していました。 ロシア政府は、10月にパリ郊外でフランス人教師を殺害・斬首した犯人の葬儀がチェチェン(ロシア南部)で「敬意を持って」行われたかどうかについて関知していない。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官が、この件に関する報道に反応している。