彼はデトロイト・タイガース在籍時にジャスティン・バーランダーと共にチームの投手陣を背負ったマックス・シャーザー投手です。 現在はワシントン・ナショナルズのエースピッチャーですが、この9日のゲームで先発して完封勝利を収めたばかりか、7回 … 43 ランス・マッカラーズ・ジュニア マックスウェル・M・シャーザー(Maxwell M. Scherzer, 英語発音: [mæks ˈʃɝzɚ] ; 1984年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのワシントン・ナショナルズに所属。愛称はマッド・マックス。 09 マーウィン・ゴンザレス 15 カルロス・ベルトラン 03 キャメロン・メイビン MLBデトロイト・タイガース、2013年10月の試合日程と結果。日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。 01 カルロス・コレア 31 コリン・マクヒュー タイガースのジャスティン・バーランダーと婚約者のケイト・アップトン【写真:Getty Images】 ... ナ・リーグはマックス・シャーザーが史上6人目となる両リーグ通じて2度目の受賞を達成。 ... 件の女性は、タイガースの右腕ジャスティン・バーランダー … 16 ブライアン・マッキャン 03 マイケル・A・テイラー ジャスティン・バーランダーの「金持ちである」の噂について検証し、ジャスティン・バーランダーと資産の噂の話題性は0%(噂の真偽を示すものではありません)であると結論付けています。関連情報や参考情報を掲載しています。 28 カート・スズキ #mlb #DougFister,Doug Fister Stats | Baseball-Reference.com,2013 ALCS - Boston Red Sox over Detroit Tigers (4-2) | Baseball-Ref 21 タナー・レイニー, 22 フアン・ソト 10 ユリ・グリエル ジャスティン・バーランダー(タイガース) ブランドン・モロー(マリナーズ) 4/12: ブライアン・ウィルソン(ジャイアンツ) ケリー・ウッド(インディアンス) 4/13: カイル・ファーンズワース(ロイヤルズ) 4/14: マックス・シャーザー(ダイヤモンドバックス) 56 フェルナンド・ロドニー もし、同じチームにバーランダーがいなかったら間違いなくチームのエースと言えると思いますw そして、シャーザーといえばこれ↓ですね そうです。彼は左右の瞳の色が違 … ベイスターズ三嶋 バーランダー、シャーザーより格上だった 投稿日 2018年8月8日 11:00:25 (総合) 【悲報】お寺の娘さん、弟を溺愛するあまり一緒にお風呂に入って … 04 ジョージ・スプリンガー(シリーズMVP) 22 ジョシュ・レディック デトロイトタイガースのローテwwwwwww 1 : 風吹けば名無し@転載禁止 :2014/08/01(金) 13:28:33.94 ID:tSKFsFRE 2013サイヤング賞 シャーザー ジャスティン・ブルックス・バーランダー(Justin Brooks Verlander, 英語発音: [ˈd͡ʒʌstən brʊks vɚˈlændɚ]; 1983年2月20日 - )は、アメリカ合衆国バージニア州グーチランド郡マナキンサボット出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのヒューストン・アストロズ所属。, タイガース時代では2006年に新人王、2011年にサイヤング賞を受賞。アストロズ時代では2017年にチャンピオンリングを獲得、2019年にサイヤング賞を受賞。, タカホーリトルリーグ(Tuckahoe Little League)所属時からコントロールは酷いものの、抜きん出た肩の強さを見せていた。13歳の時には父リチャードの手に負える球速ではなくなっており[3]、キャッチボールを止められてベースボールアカデミーに入れられた。アカデミー入学直後に行った球速測定では、既に84mph(約135.2km/h)を記録していた。高校入学時には93mph(約149.7km/h)、その後一時期呼吸器障害により球速を落とすが、オールド・ドミニオン大学(英語版)進学時に復活[3]。在学中にフォーシーム・ファストボールとツーシーム・ファストボール以外にカーブとサークルチェンジを習得して投球の幅を広げ、大学通算で335.2イニングで427奪三振を記録。また3年連続で全米選抜に選出された。, 2003年7月に開催されたサントドミンゴパンアメリカン競技大会の野球アメリカ合衆国代表に選出された[4]。, 2004年のMLBドラフト1巡目(全体2位)でデトロイト・タイガースから指名を受ける。指名から契約まで4か月を要し、10月25日に球団史上最高額となる契約金315万ドルで入団した[5][3]。, 2005年はA級レイクランド、AA級エリーで好成績を残し、メジャーに昇格。7月4日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たしたが、5.1回を投げ4失点で敗戦投手。2試合目は7月23日のミネソタ・ツインズ戦で6回5失点でまたも敗戦投手。これがこの年のメジャー最後の登板となり、AA級エリーに降格した[6]。マイナーリーグでの防御率1.29は全体で6位の成績だった[7]。, 2006年は開幕から先発ローテーションに定着。5月には4勝1敗・防御率1.73の成績でルーキー・オブ・ザ・マンスに選出され、5月22日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー初完封を達成[8]。オールスターゲームのアリーグの32人目の選手を選出する「ファイナルボート」にノミネートされたが、選出はならなかった[9]。シーズン通算で30試合に先発登板し、投球回200回未満で21被本塁打とやや被弾が多かったものの、防御率3.63はリーグ第4位、球団新人投手としては1976年のマーク・フィドリッチの19勝以来の高水準となる17勝を上げ[6]、124奪三振は球団新人右腕投手の新記録となった[6]。投票で28票中26の1位票を集め、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された[10]。, 投手コーチのチャック・ヘルナンデスは「非常にインパクトを受けたのは、彼のメンタル的な安定さ」で「大概の若いピッチャーは失敗を恐れてやりすぎるものだが、彼はピンチに陥っても感情のコントロールができている」と証言する通り精神的に非常に安定しており、登板時に投球や審判の判定によって取り乱す事はほとんどない。しかし、ケニー・ロジャースが「シーズンを通して気持ちを抑える難しさを学んでいるところだ」と証言している通り[11]、6月17日から8月1日にかけて7連勝したが、8月11日以降は3勝5敗・防御率5.86と調子を落とした。, 2007年6月12日、デトロイトでのミルウォーキー・ブルワーズ戦で、タイガースの投手としては1984年4月7日のジャック・モリス以来、デトロイトでは1952年8月25日のヴァージル・トラックス以来となるノーヒットノーランを達成した[12]。オールスターゲームに初めて選出された。18勝6敗・183奪三振と前年を上回る数字を記録し、勝率.750はリーグ1位となった。, 2年目のジンクスを跳ね返し、エースへ成長。シーズン終了後にミゲル・カブレラを獲得するなどの大型補強で強力打線が完成したが、先発投手で確実に計算できるのは自身1人という状態で2008年の開幕を迎えた[13]。初の開幕投手を務めたが、不調で負けが先行。6月11日からは6連勝を記録して8勝9敗まで持ち直したが、その後2度の4連敗を喫し、リーグワーストの17敗でシーズンを終えた。優勝候補と目されていた[14]チームは地区最下位に終わった。9月1日のニューヨーク・ヤンキース戦では自己最短の1.2回、8失点で降板。試合後の会見で「今年はいろいろ不運なことが多くて、自分のシーズンを持っていかれた感じ」と話し、この日のストライクゾーンが厳しかったと発言したため、ジム・リーランド監督からは責任転嫁の姿勢を批判された[14]。, 2009年は4月は1勝2敗・防御率6.75・34奪三振だったが、5月は5勝0敗・防御率1.52・56奪三振の成績でピッチャー・オブ・ザ・マンスに選出され、その間に球団史上1971年のミッキー・ロリッチ以来となる3試合連続2桁奪三振を達成した[15]。最終的に19勝・269奪三振を記録し、最多勝利・最多奪三振の二冠(勝利数はCC・サバシア、フェリックス・ヘルナンデスとタイ)を獲得した。サイ・ヤング賞の投票ではザック・グレインキー、ヘルナンデスに次ぐ3位。, 2011年は自身2度目のノーヒットノーランを達成。終盤に12連勝を記録するなど24勝5敗・防御率2.40・250奪三振を記録し、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の投手三冠を達成する大活躍でチームの24年ぶりとなる地区優勝に貢献。初のサイ・ヤング賞を満票で受賞し、更に投手としては1992年のデニス・エカーズリー、先発投手としては1986年のロジャー・クレメンス以来となるMVPも受賞した。, 2012年はオールスターゲームの先発投手に選ばれたが、集中打を浴びて1回で5点を失った。地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズでは3試合先発全てで勝利投手となったが、サンフランシスコ・ジャイアンツとのワールドシリーズ第1戦では4回5失点と打ち込まれ敗戦投手になった。サイ・ヤング賞の投票ではデビッド・プライスに4ポイント及ばず、2年連続の受賞を逃した[17]。, 2013年3月29日、2015年から2019年までの契約延長が決定。契約内容は年俸2800万ドルで5年総額1億4000万ドル。さらに2019年シーズンにサイ・ヤング賞の得票5位以内に入っていれば、2020年シーズンを年俸2200万ドルの内容で契約延長することができる。2013年から2020年までの総額2億200万ドルは投手に支払われる額としてMLB史上最高額となる[18]。, 2014年1月9日に体幹の筋肉の修復手術を行った。復帰には6週間かかる見込みで、デーブ・ドンブロウスキーGMは「スプリングトレーニングには間に合うだろう」と発表した[19]。スプリングトレーニング中の2月18日に復帰し、ブルペンで54球を投げた[20]。レギュラーシーズンでは、2008年以来の不調に陥る。9年連続での2ケタ勝利となる15勝を挙げたが、2年連続で12敗して自責点がリーグワースト。防御率4.00はおろか4.50を超えたのも2008年以来であった。この年通算150勝を達成。, 2015年は故障の影響もあり、20試合の先発登板に留まって5勝8敗に終わった。この年は、ルーキーイヤー以来10年ぶりに規定投球回未達だった。, 2016年は2年ぶりに開幕投手を務めた(6回3失点で勝敗つかず)。4月は防御率5.46だったが、徐々に持ち直し、5月18日に通算2000奪三振を達成[21]、7月以降は18試合123イニングで9勝3敗・防御率1.98と好投を続けた。シーズン通算では16勝(リーグ6位タイ・9敗)・227.2イニング(リーグ2位)・防御率3.04(リーグ2位)・254奪三振で4年ぶり4度目となる最多奪三振を獲得。WHIPでもリーグトップを記録した。サイ・ヤング賞の投票では1位投票は30人中14人を獲得したが、元同僚のリック・ポーセロに5ポイント及ばず2位に終わった。この結果にバーランダーの婚約者であるケイト・アプトンがTwitterで選考委員や受賞したポーセロを罵倒するコメントをし、大きな波紋を呼んだ[22]。, 2017年8月30日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャー初打点を記録した[23]。この年は8月までに28試合に先発したが、10勝8敗、防御率3.82と前年よりも成績を落としていた。, 2017年8月31日にフランクリン・ペレス、ダズ・キャメロン、ジェイク・ロジャースとのトレードで、後日発表選手または金銭と共にヒューストン・アストロズへ移籍した[24]。移籍後は5試合に先発し、5勝無敗・防御率1.06・WHIP0.65と驚異的な好投を見せ、地区優勝に貢献した。両チーム合計では33試合先発で、15勝8敗・防御率3.36・219奪三振と、前年に続き200イニング到達・奪三振率9.0越えを果たした。ポストシーズンでも5試合先発・1試合リリーフで4勝1敗・防御率2.21と好調を維持し、球団初のワールドシリーズ優勝に貢献した。特にリーグチャンピオンシップシリーズでは2勝・防御率0.56を記録し、MVPを受賞した。, オフの11月にケイト・アプトンと結婚式を挙げた[25]影響でヒューストンで行われた優勝パレードは欠席した[2]。, 2018年は開幕から好投を続け、5月までに12試合で7勝2敗・防御率1.11とロケットスタートを見せた。6月、8月に月間防御率がそれぞれ4.34、5.29と失速を見せたが、5月16日のエンゼルス戦で大谷翔平から通算2500奪三振[26]、8月19日のオークランド・アスレチックス戦で通算200勝をそれぞれ達成[27]。34試合先発で16勝9敗・防御率2.52(リーグ3位)、奪三振290(同1位、自己最多)・214.0イニング(同2位)・WHIP0.90(同1位)の好成績を挙げ、5度目となる最多奪三振受賞となった。, 2019年3月23日、2020年から2年総額6600万ドルで契約延長に合意した[28]。 48 ハビー・ゲラ 2008年から開幕投手を務めているバーランダーは11年シーズンにサイ・ヤング賞を受賞。一方、マックス・シャーザー投手は昨年21勝3敗で最多勝とサイ・ヤング賞に輝いている。 「非常に難しい決断だった。なぜならマックスは昨年リーグ最高の投手だった。 11 エバン・ガティス 09 ブライアン・ドージャー 55 ポール・メンハート(投手), Max Scherzer Contract Details, Salaries, & Earnings, USA Baseball Alumni: Players (Since 1984), 2008 Arizona Diamondbacks: Top 10 Prospects, Arizona Diamondbacks Transactions August 2008, “Tigers agree to 2014 contracts with five players”, http://detroit.tigers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140117&content_id=66795654&vkey=pr_det&c_id=det, Tigers agree to one-year, $15.5M deal with Scherzer, Scherzer has 7-year, $210M deal with Nats, Winning culture led Scherzer to Nationals, Scherzer plans to pitch in World Baseball Classic, 24 All-Stars among initial confirmed players for 2017 World Baseball Classic, Finger injury to sideline Scherzer for WBC, Max makes history as 3rd-fastest to 2,000 K's, Scherzer homers, then exits with neck spasm, Scherzer heads to DL with neck inflammation, Scherzer 4th ever with 4 straight 250-K seasons, Nationals' Max Scherzer wins NL Cy Young Award, Immaculate inning, 13 K's for Max in 10th win, Scherzer gets historic K in tough-luck loss, Chris Sale, Max Scherzer start All-Star Game, Max Scherzer runner-up for NL Cy Young Award, 6月6戦6勝のシャーザーが快挙 防御率1.00以下&68奪三振以上はメジャー史上4人目, Max's masterpiece gives Nats 2-0 NLCS lead, Scherzer finishes 3rd in NL Cy Young voting, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マックス・シャーザー&oldid=80428309. 04 デーブ・マルティネス アナ シャーザー投手とビューラー投手の素晴らしい投手戦でしたが、軍配が上がったのはシャーザー投手でした。 ... 3度目ノーヒットノーラン!剛腕バーランダーの投球を黒木が解説 ... 阪神タイガース. 3 筒香4の0、打率1割台 シャーザーに抑えられる 4 大谷は欠場 エンゼルス5連勝で借金13→8 5 ダルビッシュ次回は10日レッズ戦 秋山と対戦も コーチ 44 ダニエル・ハドソン 10 ヤン・ゴームズ 25 ジョー・ディロン(打撃補佐) 51 ワンダー・スエロ マックスウェル・M・シャーザー(Maxwell M. Scherzer, 英語発音: [mæks ˈʃɝzɚ][2]; 1984年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのワシントン・ナショナルズに所属。愛称はマッド・マックス。, 2015年に2回ノーヒットノーランを達成しており、通算で3度サイ・ヤング賞を受賞している。, クレイトン・カーショウと並んで2010年代のMLBを代表する選手の一人であり、2010年代で挙げた161勝、2452奪三振はいずれもMLB全体で単独1位の記録である。また同期間のサイ・ヤング賞受賞回数(3回)もカーショウと並んでMLB全体1位タイの記録である。, 2003年のMLBドラフト43巡目(全体1291位)でセントルイス・カージナルスから指名されたが、契約せずにミズーリ大学コロンビア校へ進学。大学では、2005年にビッグ12カンファレンスで1位となる防御率1.86・131奪三振を記録し、カンファレンス最優秀投手に選出された[3]。同年の大学野球アメリカ合衆国代表に選出されている[4]。, 2006年のMLBドラフトでアリゾナ・ダイヤモンドバックスから1巡目(全体11位)で指名された。代理人はスコット・ボラスだった。, 2007年5月31日に[3]契約金300万ドルに加え、4年430万ドルのメジャー契約で入団[5]。ドラフト指名から入団までの間は独立リーグフォートワース・キャッツでプレーしていた[5][3]。12月7日に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングではダイヤモンドバックス傘下で4位、速球部門では有望株の中で最高の評価を受けた[6]。, 2008年は開幕をAAA級ツーソン・サイドワインダーズで迎え、4試合の登板で23イニングを投げ、38奪三振を記録。4月27日、球団はヤスメイロ・ペティットをツーソンへ降格させ、シャーザーをメジャーへ昇格させた[7]。2日後のヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。6月11日の登板後、ツーソンへ降格したが、8月29日に再びメジャーに昇格[8]。同年、先発として7試合、リリーフとして9試合、計16試合に登板。, 2009年12月9日にデトロイト・タイガース、ニューヨーク・ヤンキースとの三角トレードでダニエル・シュレーレス、オースティン・ジャクソン、フィル・コークと共にタイガースに移籍。このトレードではカーティス・グランダーソンがヤンキースに、エドウィン・ジャクソンとイアン・ケネディがダイヤモンドバックスに移籍した。, 2011年は防御率こそ悪化したが15勝でジャスティン・バーランダーに次ぐ二番手の投手となる。, 2012年はスプリングトレーニングで絶不調で、開幕後もしばらく調子が上がらなかったが、終わってみれば自己最多の16勝とリーグ2位の231奪三振を記録した。奪三振率11.08は先発投手ではMLBトップだった。, 2013年は開幕13連勝を記録し、7月16日に行われたシティ・フィールドでのMLBオールスターゲームで、アメリカン・リーグの先発投手として登板し、2回を無失点に抑えた。同年はシーズンを通じて好調で、21勝3敗・防御率2.90・240奪三振・WHIP0.97と結果を残し、最多勝利のタイトルとサイ・ヤング賞を受賞。, 2014年1月17日にタイガースとの年俸調停を回避し、1550万ドルの1年契約に合意した[9][10]。レギュラーシーズンでは、防御率が3.00台に乗った(3.15)が、18勝(5敗)を挙げて2年連続での最多勝となった。奪三振と奪三振率は、3年連続でそれぞれ230超・10.0超となった。オフに、FAとなった。, 2015年1月21日にワシントン・ナショナルズと7年総額2億1000万ドルで契約を結んだ事が発表[11]され、入団会見を行った[12]。背番号は、新しく「31」となった。6月20日のピッツバーグ・パイレーツ戦でノーヒットノーランを達成[13]。さらに10月3日のニューヨーク・メッツ戦で2010年のロイ・ハラデイ以来史上6人目となるシーズン2度目のノーヒットノーランを達成した[14]。最終的には33試合に登板し、ナ・リーグ8位の防御率2.79・リーグ4位のWHIP0.92を記録。いずれもリーグ最多タイの3完封勝利を含む4完投し、14勝を挙げて通算100勝も達成。奪三振276はリーグ2位にランクイン且つ4年連続230以上となる数字であり、与四球率1.34も自己記録を更新するなど、スティーブン・ストラスバーグの調子が上がらない中、大エースとしてチームを引っ張った。この活躍ぶりもあって、シーズンオフのサイ・ヤング賞投票では5位に入った[15]。, 2016年5月11日のタイガース戦で9イニングではロジャー・クレメンス、ケリー・ウッド、ランディ・ジョンソンに次ぐMLB最多タイ記録となる20奪三振を記録した(6安打2失点で完投勝利)[16]。このシーズンは序盤被本塁打が激増し(5月までにで72.1イニングで15被本塁打を記録)安定感を欠いたが、徐々に調子を上げ、6月、7月は防御率1点台を記録。最終的にはリーグトップの20勝・284奪三振・228.1イニング・WHIP0.97、リーグ8位の防御率2.96を記録し、自身3度目(ナ・リーグでは初)の最多勝と初の最多奪三振の2冠を達成した。打撃では自己最多の13犠打で、野手も含めて両リーグ最多を記録。ロサンゼルス・ドジャースとのディビジョンシリーズでは、第1戦と第5戦に先発したが、12回3被本塁打5失点で0勝1敗に終わり、チームも2勝3敗で敗退となった。しかしレギュラーシーズンの活躍は評価され、自身2度目のサイ・ヤング賞を受賞し、史上6人目の両リーグでの受賞者となった[17]。オフの11月8日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のアメリカ合衆国代表への参加の意思を表明し[18]、12月5日に選出された[19]。, 2017年1月9日に右手薬指を疲労骨折したため[20] 、自身のツイッターで選出されていた第4回WBCアメリカ合衆国代表辞退を表明した[21]。 36 ウィル・ハリス 15 マット・アダムス 41 ブラッド・ピーコック 41 ジョー・ロス 13 アズドルバル・カブレラ 14 ... シャーザーってここ数年は世界最強右腕だけど、カーショウの全盛期よりは成績のクオリティ落ちるんだよな ... タイガースの時バーランダ―の格下、dhのないナリーグというのを割り引いて考えないと。 ナがシャーザー アがバーランダーかな . しかし2016年はwar9位のポーセロが選ばれている。この年のwar1位はタイガースのバーランダーの7.2だったが、バーランダーは16勝。ポーセロは最多勝の22勝。 ... 2013年のア・リーグのwar投手1位は、マリナーズの岩隈久志だったが、シャーザーが … 02 アダム・イートン 08 ゲイリー・ペティス(三塁) 52 クレイグ・ビョルンソン(ブルペン) 53 ケン・ジャイルズ 07 トレイ・ターナー 14 A.J.ヒンチ 54 ケビン・ロング(打撃) 06 アンソニー・レンドン 16 ビクター・ロブレス 56 ブレント・ストローム(投手), 「2008年MLB選手名鑑 デトロイト・タイガース [大型補強で超強力打線が完成 不安要素は層が薄いブルペン]」『, Justin Verlander Contract Details, Salaries, & Earnings, Justin Verlander and Kate Upton had their long-awaited wedding on Saturday in Italy, 2005 Pitching Leaders for ERA - Baseball-Reference.com, “Justin Verlander named American League Rookie of the Month”, http://detroit.tigers.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20060605&content_id=1489311&vkey=pr_det&fext=.jsp&c_id=det, A Special Season for Verlander and the Tigers, Verlander, Tigers finalize five-year deal, David Price & R.A. Dickey Win Cy Young Awards, http://espn.go.com/mlb/story/_/id/9111981/justin-verlander-detroit-tigers-agrees-deal-which-worth-202-million-sources, http://m.tigers.mlb.com/news/article/66438614/justin-verlander-update/, Verlander throws 54 pitches in bullpen session, Verlander dazzles on hill, collects first MLB RBI, http://m.astros.mlb.com/news/article/251777026/astros-acquire-verlander-from-tigers/, Supermodel Kate Upton Marries Astros’ Justin Verlander Just Days After His World Series Win, Verlander's 200th win puts Astros alone in first, バーランダーが自身3度目のノーヒットノーラン達成 MLB史上6人目の偉業|ニフティニュース, バーランダーが記録ずくめの圧巻投球 「PS14勝は歴代3位」「地区S史上最多の8勝」, 【MLB WS】バーランダー、史上初PS200奪三振達成! 歴史的動画にファン祝福「リスペクト」, 【MLB WS】なぜかWSで勝てないア軍バーランダー 通算成績はまさかの0勝5敗、防御率5.73|ニフティニュース, Justin Verlander To Undergo Tommy John Surgery, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジャスティン・バーランダー&oldid=79885548. 59 ジョー・マスグローブ 39 デーブ・ハジェンス(打撃) 現地2020年7月3日、MLBがシャットアウト期間中、シャーザー、バーランダーらがフロリダに集結!こっそりアツいゲームを行っていたことが判明しました! 【MLB Pre-2019】ダグ・フィスターが引退を表明!バーランダー、シャーザーとともにタイガースの黄金時代を支えた右腕 . 47 ハウィー・ケンドリック ジャスティン・バーランダー(アストロズ)も「大エース」と呼ぶにふさわしい投手のひとりだ。 シーズンでは開幕から好調を維持し、6月11日のレンジャーズ戦で通算2000奪三振を達成[22]。1784イニングでの達成は歴代3番目のスピード記録であった[23]。オールスターゲームにも出場し、自身2度目の先発投手を務めた。8月1日のマーリンズ戦で初本塁打を放ったが、直後に首の痙攣で降板[24]、故障者リスト入りした[25]。9月19日のブレーブス戦でルイス・ゴハラからシーズン250奪三振を記録し、史上4人目となる4年連続250奪三振を記録した[26]。シーズン通算では、故障者リスト入りの影響もあり投球回こそ減少したが、16勝6敗、防御率2.51、268奪三振で2年連続の最多奪三振受賞となった。11月15日、2年連続、自身3度目のサイ・ヤング賞を受賞した[27]。, 2018年はまず開幕戦で10奪三振の球団記録を更新した。その後も好投を続け、6月5日のタンパベイ・レイズ戦で両リーグ最速で10勝に到達[28]。7月2日のボストン・レッドソックス戦では移籍後通算1000奪三振に到達し、2球団で1000奪三振を記録した11人目の選手になった[29]。オールスターゲームにも出場し、2年連続3回目の先発投手を務めた[30]。後半戦も好調を維持し、9月25日のマーリンズ戦で自身初となるシーズン300奪三振を達成(この試合も含め、この年は二桁奪三振を18試合で記録した)[注 1][31]。18勝(リーグ1位)・防御率2.53(同3位)・220.2イニング(同1位)・WHIP0.91(同1位)・奪三振率12.2(同1位)の好成績で2年ぶりの最多勝・3年連続の最多奪三振の2冠となった。サイ・ヤング賞投票ではジェイコブ・デグロムに敗れ2位だった[32]。, 2019年も開幕投手を務めた。5月までは本調子が出ず、チームも低迷していたことから負けが込んだ。それでも4月26日には史上3番目の速さで通算2500奪三振に到達した。6月は圧巻の投球を見せ、6戦6勝・防御率1.00・68奪三振を記録[注 2][33]。全てで7回以上投げ、2失点以下、9三振以上を奪った。6月12日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では前日のバント練習で自打球が顔面に直撃し鼻を骨折しての登板ながら、7回無失点・10三振で6勝目を挙げた[34]。同月の月間MVPに選ばれた。7年連続でオールスターゲームに選出されたが、故障を理由に出場辞退。背中の張りで自身2度目の故障者リスト入りして後半戦を迎え、一度登板するも再び故障者リストに戻って1か月近く離脱した[35]。8月後半に復帰して同29日のボルチモア・オリオールズ戦で8年連続200奪三振に到達するも、9月は防御率5点台と調子を落としてレギュラーシーズンを終えた。最終成績は19先発で11勝7敗、防御率2.92、243奪三振(リーグ3位)だった。, ポストシーズン、まずワイルドカードゲームで先発し、5回3失点でリードを許して降板したが、チームは逆転勝利を収めた[36]。ディビジョンシリーズ第2戦では8回裏にリリーフとして登板して1回無失点に抑えた。第4戦には先発して7回1失点で勝利投手になった。チャンピオンシップシリーズ第2戦は7回無失点の好投でチームのスイープに貢献[37]。球団も自身も初めてのワールドシリーズでは、第1戦に先発して5回2失点で勝利投手になった。第5戦にも先発予定だったが、「腕をあげることができない」ほどの首痛で登板回避[38]。それでも最終第7戦で先発登板して5回2失点の粘投。リードを許していたが、チームは逆転勝利を収め、球団史上初のワールドシリーズ制覇を果たした[39][40]。オフにはサイヤング賞投票で3位に入った[41]。, 2020年は新型コロナウイルス感染症流行の影響で60試合の短縮シーズンに。12先発で5勝4敗、防御率3.74、92奪三振だった。, サイドスローに近いスリークォーターから繰り出す、常時92-96mph(約148-154km/h)、最速99.4mph(約160km/h)のフォーシーム、スライダー(85-86mph)、チェンジアップ(84-85mph)が主要な持ち球で、時折カーブ(78-79mph)も投げる。2017年からはカットボールも投げるようになった。基本的にはこれらの球種で三振を多く奪うスタイルである。特にスライダーへの評価は高く、メジャーリーグ全球団の監督を対象にした2015年の部門別ベスト選手アンケートでは、ナショナルリーグのスライダー部門で1位に入っている[42]。, 選手間の評価も高く、シーズンMVPを3回獲っているマイク・トラウトからも最高の投手に挙げられている[43]。, 名前の由来は両親が学生時代に交際している時、2人でマックスという猫をかわいがっていたことから。その猫がある日突然いなくなって残念でたまらなかったので2人は、将来結婚したら最初の男の子にマックスと名付けることに決めたという[45]。, 大学で出会った相手と2013年11月に結婚した。2人の子供が誕生している[46]。, 選手 27 ホセ・アルトゥーベ, 30 フアン・センテノ 35 ジャスティン・バーランダー 11 ライアン・ジマーマン 55 アロンゾ・パウエル(打撃補佐) ジャスティン・ブルックス・バーランダー(Justin Brooks Verlander, 英語発音: [ˈd͡ʒʌstən brʊks vɚˈlændɚ]; 1983年 2月20日 - )は、アメリカ合衆国 バージニア州 グーチランド郡マナキンサボット出身のプロ野球選手(投手)。 右投右打。MLBのヒューストン・アストロズ所属。 47 クリス・デベンスキー J・バーランダー投手は昨年、途中にアストロズに移籍してWSチャンピオンの立役者!M・シャーザー投手の球はTVゲームを見ているかのようなストレートを投げます。 タイガースではチームメートだったバーランダーとシャーザー. また、2012年の夏から2014年まで、デトロイト・タイガースには、シャーザー、バーランダー、サンチェスの3人が揃っていた。 ツイート シェア 02 アレックス・ブレグマン 31 マックス・シャーザー コーチ 19 アニバル・サンチェス 50 チャーリー・モートン 24 ティム・ボガー(一塁) 35 ヘンリー・ブランコ(ブルペン) 37 スティーブン・ストラスバーグ(シリーズMVP) 60 ダラス・カイケル, 監督 46 フランシスコ・リリアーノ 2019/2/14 2019/2/15 MLBプレーヤーの紹介 0 88 ジェラルド・パーラ, 監督 12 チップ・ヘイル(ベンチ) 63 ショーン・ドゥーリトル 9月1日のトロント・ブルージェイズ戦(ロジャーズ・センター)にて自身3度目のノーヒットノーランを達成した。14奪三振1四球の準完全試合。120球の力投だった。3度の達成は史上6人目。複数球団での達成は史上8人目。敵地で同じチーム相手に2度達成は史上初[29]。9月28日に歴代18人目となる通算3000奪三振を達成した。4イニング目で達成し、球場のスコアボードでも記録が紹介され、投げ終えて戻ったベンチでチームメートの祝福を受けた[30]。今季も34試合に先発し、21勝6敗(リーグ1位)、防御率2.58(同2位)、奪三振は昨季を上回り自己最多の300(同2位)、投球回223(同1位)の成績を挙げ、3回目の最多勝を受賞した[31]。ポストシーズンではタンパベイ・レイズとの地区シリーズ第1戦に先発登板し、7回1安打無失点の好投。二塁を踏ませない投球で、7回は3者連続空振り三振と圧倒。7回を100球(ストライク67球)、8奪三振3四球で1安打無失点。7回以上投げて1安打以下に抑えたのは史上13度目の快挙だった。地区シリーズ史上では最多の8勝目でポストシーズン歴代3位となる通算14勝目(7敗)を挙げた[32]。アストロズはワールドシリーズに進出し、第2戦に先発登板。2回にビクター・ロブレスから三振を奪い、ポストシーズン史上初の通算200奪三振を達成した[33]。しかし、6回を7安打4失点で敗戦投手。第6戦も2本塁打を浴びて5回3失点で敗戦投手となり、ワールドシリーズ通算7試合登板で0勝6敗、防御率5.68、被本塁打9。ワールドシリーズ史上0勝5敗となった初めての投手となった[34]。オフには8年ぶりにして2度目のサイ・ヤング賞を受賞[35]。, 2020年9月19日にトミー・ジョン手術を受けることを発表し、今季の残りの試合と来季を全休する見通しであることを明かした[36]。, スリークォーターから、常時95mph(約153km/h)前後、最速102mph(約164km/h)のフォーシームと、80mph前後のカーブ、80mph後半のスライダー、80mph中盤のチェンジアップを駆使する[37]。, バーランダーの投球に関してイチローは「(速球だけでなく)それぞれ(の変化球)が一級品。どれでも三振をとれる。やっぱりいいピッチャー」と絶賛している[38]。, 選手 48 リッチ・ダウアー(一塁) シャーザー プライス バーランダー ポーセロ サンチェス キチガイじみてる 3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2014/08/02(土) 10:59:27.42 ID:ekC5uhJS カズミアー グレイ サマージャ ハメル レスター 12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2014/08/02(土) 11:01:10.73 ID:iMuoR4Zr >>3 46 パトリック・コービン 14 ボブ・ヘンリー(三塁) 44 ルーク・グレガーソン 26 アレックス・コーラ(ベンチ) Oct 8, 2017, Attendance: 38010, Time of Game: 3:38. 21 デレク・フィッシャー