Copyright (c) 2020 trippiece All Rights Reserved. 壮大な自然美を誇るアメリカ中西部. 大自然のほかにも、ラスベガス・サンフランシスコなどの大都市観光も魅力です。. アメリカの12月の気温と降水量についての気象統計データと12月の米国各都市の気候に適した服装を紹介しています。12月にアメリカへ旅行に行く方は、事前に米国の各主要都市の気温を確認して、旅行の準備をしましょう。 マックスむらいの温泉談義。今回は北米編第2弾!!上田部長がコロラドある「アメリカで最も楽しい」といわれる温泉リゾート「Glenwood Springs」の最高の眺望温泉【Iron Mountain】を語ります! 成田からテキサス州ダラスで乗り換えて約16時間。アメリカ中西部に位置するネブラスカ州オマハは、46万人の人口を擁する州最大の都市 … 五大湖の1つエリー湖からオンタリオ湖へ、カナダとの国境を流れるナイアガラ川が、ちょうど中ほどで落差約50mを一気に流れ落ちるナイアガラの滝。. ★★★ ... (バッドランズ国立公園は、もう一つの観光名所マウントラッシュモア国立記念公園から120キロメートルの距離にあり、車で訪れることができます。 5月にはアメリカ東部の各都市では気温が一気に上がり、春の陽気により穏やかで快適な天候になります。ただし、ボストンでは朝晩は涼しくなることも多いです。そのため、春の服装だけではなく、気温が低い日のためにもう一枚の服の用意も必要でしょう。(アウターは日中は必要ないと思いますが、 … アメリカ観光と言えばニューヨークやカリフォルニアが人気ですが、本当のアメリカを知りたいなら文化の中心「アメリカ中西部(Midwest)」をおすすめします。実際に訪れて気付いた、「アメリカ中西部」をおすすめする20の理由をまとめました。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。), 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。, 名実共に世界最大!アメリカの野外フェス「サマーフェスト」がアツすぎる! | RETRIP, 11日間、700のアーティスト、そして動員数100万人のモンスターフェス「Summerfest(サマーフェスト)」!アメリカのミルウォーキーで行われるこのフェスが、世界最大の野外音楽フェスなんです!音楽好きは必見ですよ!, 来客数4000万人!「モール・オブ・アメリカ」が世界一である理由とは? | RETRIP, 世界最大級のショッピングモール「モール・オブ・アメリカ」。世界で一番多くのお客さんが訪れる巨大商業施設です。年間4000万人が訪れる「モール・オブ・アメリカ」の人気の理由は、一体何なのでしょうか?訪れてみると、いくつかの理由が浮かび上がってきました。, アメリカ・シカゴで人気のB級グルメ「シカゴピザ」。普通のピザとは一味も二味も違うこの”ピザ”は、とにかく分厚いのが特徴!厚い生地の中にたっぷりのチーズと具材が入った濃厚なピザです。シカゴ周辺でしか味わえない「シカゴピザ」を食べにシカゴに行きましょう!, 【日本でも人気爆発!】大人気ポップコーン店「ギャレットポップコーン」は本場シカゴで味わうべき | RETRIP, 2013年日本にも初上陸した高級ポップコーン「ギャレットポップコーン」その発祥地であるシカゴで現地の味を体験しよう!, 手作りの歴史フェス?古きよきアメリカを感じる「ヘリテージ・デイズ」 | RETRIP, アメリカ中西部アイオワ州の小さな町「オズボーン」で毎年行われるお祭り「ヘリテージ・デイズ」。手作りポップコーンや1900年代の機会、バッファローのシチュー、そして楽しい「メディスンショー」まで、古き良きアメリカを感じることができるイベントです。, 癒しのビーチリゾート、ハワイ。いつ訪れても素敵な景色が広がっている最高のリゾート地ですよね。今回は筆者がオアフ島を4泊6日で訪れた際のプランをご紹介します。ワ…, 世界にはあなたの想像を絶するような絶景があります。そのような絶景を眺め、「価値観が変わった」「もわず涙してしまう」という方も多いはずです。そのような、人生の価…, 日本人が大好きなハワイは美しい自然をはじめ、定番と言われるおすすめ観光スポットがあちこちにあり、一度行ったらはまってしまう魅力的なリゾート地です。初めてハワイ…, 今年もクリスマスシーズンがやってきます。今年のクリスマスはどこに行くか決まりましたか?今回は、クリスマスデートで行きたい東京近郊のクリスマスイベント&スポット…, 冬が近づいてきました。寒い冬の日、デートで飲食店に行くと足元が冷たくなってしまった!なんていう経験はありませんか?足元は一度冷えると中々温まりませんよね。そこ…, お昼を食べようと思っていたのに、用事を済ませていたらもうこんな時間...こんな状況に遭遇したことがあるという方、多いのではないでしょうか。今回はそんな”遅めの…. ラスベガス旅行おすすめ観光スポット15選! ホテルやセドナの大自然など Midwest (アメリカ中西部 ... が連続するグランドサークルや、東海岸の都市圏に比べれば、日本で名を知られた有名観光地が少ないのは事実です。しかし、きちんと情報収集すれば、「何もない」ことはあ … クリーブランド、オハイオ州 4. 一口にアメリカ南部と言ってもその定義は様々ですが、フロリダ州を除く11の州が主にアメリカ南部と言われています。独特の食文化や音楽が生まれたアメリカ南部は、観光におすすめの都市がいっぱい。今回は気になる治安も含めて、アメリカ南部の観光情報をまとめます。 その水量と轟音に自然の驚異を肌で感じます。. ミネアポリス、ミネソタ州 6. アメリカ合衆国中西部(アメリカがっしゅうこくちゅうせいぶ、英: Midwestern United States, Midwest )とは、アメリカ合衆国の中央部北側にある州を集合的に呼ぶ呼称である。. 世界的な大瀑布と金融・工業の街. アメリカ中西部(Midwest)最大の都市「シカゴ」は、実はステーキが有名!郊外には農場も広がっていて、現地で取れた新鮮なお肉が楽しめます。街中に40店舗ものステーキ専門店がひしめくシカゴで本物のステーキを味わいましょう。, アメリカ中西部は"アメリカのハートランド (America's Heartland)"と呼ばれています。アメリカ文化の中心となっていて、ほとんどの公共テレビ放送でも中西部のイントネーションで話しているんだとか。, ウィスコンシン州「ミルウォーキー(Milwaukee)」で毎年開催される音楽フェス「サマーフェスト(Summerfest)」は、11日間で100万人を動員する世界最大のフェス。これのために世界から人が集まります。チケットが良心的な値段なのも人気の秘密。, 世界最大のショッピングモール「モール・オブ・アメリカ(Mall of America)」は、ミネソタ州「ミネアポリス(Minneapolis)」にあります。ブランド店だけでなく遊園地や水族館まで入った複合施設は、丸一日遊べちゃう大きさ。, シカゴ名物「シカゴピザ」。普通のピザとは一線を画す分厚くてチーズと具材がたっぷり詰まったそれは、シカゴでしか味わえない名物B級グルメです。, 日本でも人気の「ギャレットポップコーン」の本場はシカゴ。日本では発売されていないフレーバーも、アメリカだったら食べることができちゃいます!最近では「ギャレット」だけでなく様々なポップコーン屋さんも増えてきて、現地でも話題沸騰中なんです。, アメリカ中西部はアメリカの”食”を支えるエリア。どこまでも続くとうもろこし畑や小麦畑はアメリカらしい壮大なスケール。景色を見ながらドライブするのもおすすめです。, アメリカ中西部は、アメリカ文化の中心地。昔からのアメリカンカルチャーを体験できるような場所も多くあります。その一つ「オズボーン(Osborne)」という小さな町では、毎年古き良きアメリカを感じることのできる手作りのお祭りが開催されています。, 一日の終わりにパフェで彩りを。中目黒に"シメパフェ"専門店「INITIAL」オープン, 【アメリカ】今にも崩れそう!?スリル満点のポテトチップロックの上でジャンプしてみな…. どれもどこでも食べられるようなジャンクフードが主流のアメリカ料理ですが、短い歴史の中にもアメリカは移民によって作られた国なので、アメリカンフードは様々な国からのエッセンスが取り入れられています。西海岸や東海岸など、アメリカ旅行した際に食べる フロリダの西海岸、フォートマイヤーズ沖の島です。とにかく海が綺麗なフロリダですが、ここでは「Sanibel Stoop」とローカルに呼ばれる貝拾いが有名。世界三大シェルビーチのひとつと言われ、砂浜でのアクティビティに子供たちは大喜びするでしょう。 町は静かなビーチタウン。ギャラリーなどを見ながらゆっくり散策、のんびりビーチウォークを楽しむことができます。 アメリカ中部の観光情報が満載の阪急交通社が提供するアメリカ観光ガイド。ラスベガスやグランドキャニオン、モニュメントバレーなどアメリカ西部の観光スポットを詳しくガイドいたします。 アメリカ・ミネソタ州最大の都市ミネアポリス。国内最大級のショッピングモールや数々の美術館など観光スポットが満載です。今回はそんなミネアポリスとお隣の州都セントポールの観光スポットについて紹介します。 カンザスシティ、ミズーリ州 とご紹介しました。 私はこの中ではシカゴにしか行ったことがないのですが、シカゴ美術館やシカゴ川のクルーズ、とても良かったです。 またちょうど時期が独立記念日だったので、展望台からいくつも花火大会 … アメリカ中西部観光地に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済okツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかり … ツアーの検索・ご予約も簡単。. アメリカ中西部の観光地をまとめました。興味関心によって立ち寄るべきところを絞り込む必要があります。シカゴを中心に交通網は完備されていますが、移動距離が思った以上に長くなります。本当に見たいものはどれか、街それぞれの特徴を捉えて絞り込んでください。 アメリカ中部|アメリカ観光ガイド. セントポール、ミネソタ州 7. オマハ随一の観光スポット、ヘンリー・ドゥーリー動物園&水族館. アメリカ中西部という言葉は、少しわかりにくい感じがします。合衆国を東西に切り分けた東半分を、更に南北で真っ二つ。残った北東方向の陸地のうちの西側が、それに該当するのです。具体的には、五大湖の真ん中から西側、というイメージでしょうか。 アメリカ第三の大都市であるシカゴ、アムトラックのあらゆる路線が集中するこの交通の要衝を中心に、ミネアポリスやデトロイトといった人口の多い都市がいくつも点在しています, なので、西部や大平原とは様子がガラッと変わって、ここではナイアガラの滝を除くと、特に自然の美を鑑賞する場所は、あまりありません。 ここで追求するべきは、ひたすら人工的な楽しみです。例えば、クリーブランドやセントルイスには、歴史ある交響楽団が存在しています。シカゴで見物するべきは摩天楼の数々ですし、インディアナポリスではモータースポーツの祭典が開かれます。 また、大都市が多いので、スポーツ観戦にも向いています。四大スポーツのいずれかのチームの拠点が、だいたい大きな都市には一つくらいはあるものです。, その意味では、好みに合わない人もいるかもしれません。 そもそも旅行の楽しみとはなんでしょうか? 美食や快適な環境も結構ですが、自宅にいては味わえない、その土地ならではの尖った個性が好奇心を刺激する……そういうものではないでしょうか? だとすれば、きれいに構築されつくした大都会というものは、所詮どこでも代わり映えなどしないものではないでしょうか? しかし、隙間を探せば、やはり「その土地らしさ」が滲み出ている街もあります。ドイツ人移民の街もあれば、アフリカン文化の強い街もあります。そういった違いを敏感に嗅ぎ分けて、その都市ならではの雰囲気を味わうのも、この地域を旅する楽しみなのでしょう。, さて、この地域を訪れる人は、スポーツ含め、文化的な何かに焦点を当てているはずです。その意味では、リンク先の全体のまとめだけ見ても大雑把過ぎて参考にならないかもしれません。 そこでここでは各都市で提供されるエンターテイメントを表形式でより詳細にお伝えします。, 野……野球 フ……アメリカンフットボール バ……バスケットボール ア……アイスホッケー サ……サッカー オ……オーケストラ、オペラ ラ……ライブハウス 補……地元でどんな音楽が好まれているか、またはイベントなど, このように細かく追っていくと、街ごとにちゃんと個性があるのがわかります。 上のまとめだけでは書ききれなかったことを追記していくと……, シカゴの建築物が必見なのは、19世紀末から大きく建て直されたからです。1871年の大火によって、市内の広い範囲が焼失しました。その後に建造された建物でも、特に代表的なのがルッカリーでしょう。, 一方、大火以前からの建築物もあります。それがウォータータワーで、こちらはミシガン湖から水を供給するための建造物だったおかげで、焼けずに済みました。他にも、マリーナシティやトリビューンタワーなど、見所がいっぱいです。, これらのシカゴの建造物を見るには、自分で歩いて見て回ってもいいのですが、シカゴ建築財団が観光用のツアーを催行しており、中にはミシガン湖のクルージングを伴うもの、日本語のオーディオガイドがつくものなどもあります。, ミネアポリスは、対岸のセントポールとあわせてツインシティズと呼ばれますが、なんというか、本当に「都会」です。見所がモール・オブ・アメリカになってしまうくらいに都会です。ショッピングと水族館とアトラクションという……ここでなくてもいいのでは、と思わせてしまう何かを感じてしまいます。 しかし、日本と違って大都市といっても、すぐ郊外に出られます。スティルウォーターという町があり、ここはミネソタ州で最初に入植者が立ち入った場所としても知られています。峡谷の美しさと街並みの古さを楽しみつつ、ワイナリーを訪問し、クルーズ船に乗ることもできます。 また、ミネアポリス市内でもミシシッピ川クルーズを楽しむことができますし、五大湖の一つスペリオール湖に面したダルースへの小旅行も人気です。 都市そのものより、周辺の小さな町を訪れると、もっと楽しく過ごせるでしょう。, インディアナポリスは「インディ500モーターレース」の開催地で、これは毎年5月に行われています。 またミルウォーキーでは、6月末頃から音楽の祭典である「サマーフェス」が開催されますが、その後もイベントは続きます。ドイツ、アイリッシュ、イタリアンと民族ごとのお祭りが繰り広げられ、最後にはネイティブ・アメリカンの集会まで行われます。そのため、夏にミルウォーキーを訪れる場合には、事前にホテルを予約しておく必要があるでしょう。, 中西部という地域は、最初に植民者が集中した東部とは違って、後から流れ着いたドイツ系移民が多数を占めた地域でした。また、ドイツ化したスラヴ系住民も多かったのです。ですが、工業化と共に大勢の黒人が流れ着き、デトロイトなどの工業地帯で働きました。だから黒人文化の色濃い都市もあるのです。 街それぞれに文化が残る一方で、人種差別も薄れてきている場所です。ある意味、アメリカらしい地域なのでしょう。, さて、ナイアガラの滝といえば有名です。 世界三大瀑布の一つがこれで、今でも大勢の観光客を集めています。, それは国境です。 ナイアガラ・フォールズはアメリカ・カナダの国境に位置しているため、あらゆる角度から好きなように滝を鑑賞したいと思ったなら、国境越えが欠かせなくなります。 どちらかというと、カナダ側のほうが恵まれていて、正面から滝を見られる他、宿泊施設などもカナダ側に集中しているという状況です。とりわけ、スカイロンタワーに上ると、ナイアガラの全貌を見下ろすことができます。, よって国境越えの準備をしておく必要があります。 アメリカからカナダに入る場合、特にチェックはありません。カナダの入国に際しては通常、eTAが必要なのですが、それも不要です。イミグレーションオフィスの扉を出てレインボーブリッジの歩道を進み、カナダ側のゲートを越えます。手数料が50セントかかりますが、アメリカドルでもカナダドルでもいいようです。パスポートを見せてスタンプを押してもらいましょう。但し、車で通行する場合には、3.75ドルかかります。 カナダから戻ってくる場合には、カナダに行った理由や滞在時間などを確認されます。また、車で行き来する場合には手続きに時間がかかる傾向があるようです。 もし、先にカナダに入国していて、それからアメリカにはじめて入国するという場合には、普通に入出国カードに記入し、6ドルの手数料を支払うなど、入国手続きが必要になります。ただ、ESTAはなくても大丈夫なようです。 よって必要なものはパスポート、通行料金、自動車に乗っている場合には国際運転免許証も必要です。 特に夏のシーズン中には混雑が起きやすいので、時間の余裕はみておきましょう。, カナダ側には宿泊施設などがあるので、ではカナダドルが必要になるのでは、と心配になるかと思いますが、心配は要りません。カナダ側には、なんとカジノまであるので、そこで両替もできてしまいます。 クリフトンヒルという繁華街が作られていて、そこには観覧車からナイトクラブまで、なんでも揃っています。, あと、ナイアガラ観光は濡れます。 霧の乙女号という観光船があって、滝壷の直前に接近するのですが、当然水は飛び散るので、みんなびしょ濡れになります。レインコートは配布しているようですが、そんなのあっても容赦なく濡れます。 着替えも用意しておいたほうがいいかもしれません。あと、荷物の中も濡れないように保護するとか、ビニール袋で守るなどの工夫が欲しいところです。, アメリカ側でもっとも美しい眺望を望むなら、ゴート島に行くのもいいでしょう。 小さな島ですが、滝を間近に見られる絶好のポイントです。, 最後に、この地域をどう旅するかをよく考える必要があります。 シカゴを中心に、鉄道網もよく整備されているので、移動に苦労することはありません。しかし、問題はその「時間」です。 基本的に、どこに行くにも数時間単位なのです。, 例えば、シカゴからミルウォーキーまででも2時間近く。これが一番近い場所です。 ミネアポリスまで行くとなると、普通に列車で8時間です。また、シカゴからクリーブランドも7時間。他もそんな感じで、5,6時間はかかるのが当たり前になっています。, 要するに、寝台車を使って一気に遠くに行くとか、飛行機も織り交ぜるとか、うまく日程を組み合わせないと、一日が移動だけで潰れてしまうことも考えられるのです。 見る場所を絞り込むか、移動方法をよく検討するか、何か工夫するべきです。上記の表を見て、何に触れたいのかをよく考えてみてください。, アメリカ旅行では、ぜひアムトラック(列車)を利用したいものです。その本領発揮は、それこそ大陸を横断するような長距離移動ですが、数時間の旅であってもグレイハウンドよりは疲労も少なく済みますし、車窓の風景を楽しむこともできます。, 大平原とロッキー山脈は、大きく三つの地域に分割して考えることができます。山脈の西側にあるソルトレーク、東側のデンバーと周辺都市、そして北方に位置するボーズマンと周辺の国立公園です。いい旅をするには、上手に的を絞って移動方法を工夫する必要がありそうです。, 16世紀末に北米に渡ったイギリス人は、現地の先住民と争いながら勢力を広げていきました。先住民の側でも英仏といった西欧勢力と手を結ぶことがありました。入植者と先住民は交易と紛争を繰り返しながら、互いに憎悪を募らせ続けていきました。, アメリカの歴史について、いくつかに分けて記述していきます。まずはアメリカ合衆国の簡単な通史と、通史以前のアメリカについての簡単な説明を書きました。長い間、アメリカ大陸の先住民は孤立していました。それは大航海時代をもって終わりを告げます。, アメリカ東部には、ニューヨークをはじめ、ボストン、フィラデルフィア、ワシントンDCと、歴史上においても重要な大都市がいくつもあります。現代における政治・経済・文化の中心が、まさにここなのです。機会があればじっくり滞在してみたいものですね。, アメリカ旅行の注意点をざっとまとめました。細かいマナーや常識まで言い出すとキリがないのですが、とにかく安全に注意して、法律を守っていきましょうということです。人口密度の低いアメリカでは、いざ何かあってもすぐには助けが来ないこともありますから要注意です。. 本当のアメリカは田舎にあるといっても過言ではありません。超メジャーなアメリカ旅行情報をお探しの方にはつまらない記事かもしれませんが、ぜひ読んでいただきたいです。次回のアメリカ旅行の参考になるよう、アメリカの田舎についてご紹介します。 アメリカ・コロラド州デンバーの観光スポット5選!中西部最大都市の魅力とは? 投稿者:Estoyaqui; 更新日:2019.08.07; 地域: 北米 / アメリカ合衆国 / コロラド カテゴリ:観光名所 アメリカ西海岸旅行・ツアー・観光の代表的な観光地なら、クラブツーリズムにおまかせ!. アメリカ中西部の観光地おすすめと楽しみ方を都市別にご紹介!、いかがでしたでしょうか。 1. デトロイト、ミシガン州 5. セントルイス、ミズーリ州 3. シカゴの高層ビル、マウントラシュモア、雄大なナイアガラ. グランドキャニオン、ヨセミテ、イエローストーンなど大自然を楽しむアメリカ西海岸国立公園の旅。. (c) Yoko Nixon ヨーロッパから移民がやってくるずっと前から、ホットスプリングスは“蒸気の村”と呼ばれ、ネイティブ・アメリカンが疲れや傷を癒す水を求めて集まりました。その後1832年には、アンドリュー・ジャクソン大統領がアメリカで初めての政府認定保護地区(後の国立公園となる制度)として認定し、1921年には正式に合衆国国立公園に指定されました。 アメリカに数多くある国立公園の中でも、小さいながら長い歴 … 誰もが知ってる観光地、セドナにグランドキャニオン。 アメリカ大自然が好きな人なら知ってる国立公園、アーチーズにキャピトルリーフ。 有名ドラマのロケ地巡礼に、多分誰も知らない秘境中の秘境探訪 … アメリカ大陸の西部側には様々な魅力的な観光スポットがたくさんあります♡ロサンゼルスや、ラスベガスなど有名な名所で溢れているので、その中でも筆者が実際に行っておすすめしたいと思ったスポットをご紹介します☆素敵な街並みの観光スポットから、自然豊かなスポットまで様々です◎アメリカに行った際には是非チェックしてみてくださいね♪ シカゴ、イリノイ州 2. Aug 24, 2018. 東部、中西部、乗物の旅【出国編】 ... アメリカの日本では体験できないこと ... トラベルマガジン. アメリカ観光と言えばニューヨークやカリフォルニアが人気ですが、本当のアメリカを知りたいなら文化の中心「アメリカ中西部(Midwest)」をおすすめします。実際に訪れて気付いた、「アメリカ中西部」をおすすめする20の理由をまとめました。(なお情報は記事掲載時点のものです。 『2020年6月16日~27日の11日間、中西部の暑くて乾燥したエリア(ユタ・ニューメキシコ・ネバダ)の国立公園一帯をドライブで一回りしました。ぎらぎらの日差しに...』セドナ(アメリカ)旅行についてもりたぬさんの旅行記です。 アメリカ中西部に位置するセントルイスは、洗練されていながらも手頃さが魅力です。バラエティ豊かな観光名所に展示、グルメが、フレンドリーで多様性に富んだ雰囲気の中で楽しめます。 添乗員付きのツアーだから安心で快適です。.