2019年の世界の石油(原油)輸入額 国別比較統計・ランキングです。各国の石油(原油)輸入額と国別順位を掲載しています。原油の輸入額。時系列データは1995-2019年まで収録。 ¥å ´ã‚„家庭などの熱源として、4割が自動車や船舶、飛行機などの動力源として、 残りの2割が洗剤・プラスチックなどの化学製品の原料として使われています。 石油連盟は、わが国の石油精製・元売会社、すなわち原油の輸入、精製、石油製品の全国的な販売を行っている企業の団体として創立された基幹的産業団体です。 石油輸入調査 お知らせ 石油情報報告に関する情報発信サイトで記入要領等を掲載しています。 ※新・基幹統計報告データ入力用プログラムを使用する際に必要となるマスタファイル等を更新しました。 ※令和2(2020)年版の記入要領を掲載しました。 特に日本と同じくエネルギー資源が少なく、その多くを輸入に頼っている国を見てみましょう。 石炭・石油などの一次エネルギー自給率が約53%であるフランスは、発電電力量の約71%を原子力に頼る原子 … ア(45万kl、同55.5%)となっている。 なお、今月の中東依存度は93.7%、前年同月に比べ3.2ポイント増と前年を上回った。 今回ご紹介する「貿易雑学」のテーマは石油。ニュースなどで価格上昇が取り上げられたりすることもありますが、どんな国から輸入しているかを詳しく説明できる方は少ないのでは?今回は、石油がどんな用途で使われているかや、輸出国についてご説明いたします。, 今日は、日本最大の輸入品、石油についてお話をしますが、みなさんは石油がどんなものにカタチを変え、何に使われているか説明できますか?, 石油は、現代の生活には欠かせないもので、色々なところで使われていますが、急に聞かれるとパッと答えが出てこないかもしれません。, 石油についてお話する前に、先にご説明しておきたいのは「石油」という言葉のこと。石油は、<海底や湖底など地層の中で自然に生成された液体状の化石燃料>の総称なので、よりわかりやすく説明するために石油以外の言葉も使っていきますね。(たとえば、「砂糖」は総称ですが、上白糖やグラニュー糖、三温糖など砂糖にも種類があるように、ひとくちに石油といっても色々な種類があります。), まず、油田から産出されたそのままの状態の石油を「原油」といいます。そして、この原油を精製してできるのが、火力発電や船の燃料として使われる「重油」、自動車の燃料である「ガソリン」、トラックの燃料である「軽油」などの種類があります。(このあたりのものは、すべて石油とか石油燃料とかと呼ばれることが多いですね。), また、原油を精製して作られるものに「ナフサ」と呼ばれる液状のものがあり、プラスチック、合成繊維、合成ゴムなどの石油化学製品が作られています。, ちなみに、原油はいろんな成分が混じったものですが、この原油を温めて気化させることで各成分を分離させ、それぞれの温度で蒸留したものを、用途に合わせて使っています。, 知っているようで知らない石油精製のしくみをイラストにしたので、ぜひご覧ください。(港に多くある石油コンビナートで、日々、精製が行われています。), 石油精製のイラストにもあるように、石油は、火力発電などの「エネルギー源」、乗り物の「動力源」、プラスチックなどの「原料」と、さまざまな用途で使われています。しかし、日本は資源に乏しいことから、石油の消費量の99.7%を輸入に頼っているのが実情です。, ※輸入される石油は精製されたものではなく、「原油または粗油」の状態で運ばれています。, 実際、石油は、日本にとって最大の輸入品で、2014年の輸入総額 85兆8,865億円のうち16.2%をも占めています(金額ベース)。そして、その多くの輸入先は中東地域になっています。, このグラフを見てお気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、今後の石油輸入量については、ロシアに注目です。実は、ここ数年でロシアからの輸入量は増えており、2012年に5%、2013年6.9%、2014年に8.1%となっています。距離が近い国でもあり、今後も輸入量が増えていくのではないか?と予測されていますよ。, 石油製品は、みなさんの身の回りにはたくさんあるにも関わらず、なかなか意識することはなかったと思うのですが、少し興味を持つ機会になったら嬉しいです。, みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。. 上貨物保険を付し、原油の積出港まで原油を取りに行くこととなる。 貯蔵・備蓄 10月の原油輸入量は1,115万kl、前年同月比81.9%と10ヶ月連続で前年を下回った。輸入量の多い順にみると、, となっている。 なお、今月の中東依存度は90.2%で前年同月に比べ1.3ポイント減と2ヶ月連続で前年を下回った。, 燃料油の生産は1,110万kl、前年同月比85.9%と12ヶ月連続で前年を下回った。油種別にみると、灯油及びA重油は前年同月を上回ったが、ガソリン、ナフサ、ジェット燃料油、軽油及びB・C重油は前年同月を下回った。, 燃料油の輸入は280万kl、前年同月比97.8%と6ヶ月ぶりに前年を下回った。輸出は124万kl、前年同月比49.1%と8ヶ月連続で前年を下回った。, 燃料油の国内販売は1,260万kl、前年同月比96.4%と13ヶ月連続で前年を下回った。油種別にみると、灯油及びA重油は前年同月を上回ったが、ガソリン、ナフサ、ジェット燃料油、軽油及びB・C重油は前年同月を下回った。, 燃料油の在庫は1,049万kl、前年同月比102.4%と2ヶ月連続で前年を上回った。油種別にみると、ガソリン、灯油、軽油及びA重油は前年同月を上回ったが、ナフサ、ジェット燃料油及びB・C重油は前年同月を下回った。, ※生産関係の数値については、大臣官房調査統計グループのホームページでも公表されております。, PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。. All Rights Reserved. Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. 速報 「石油統計速報」の名称で公表しています。 最新の石油統計速報は、こちらからご覧ください。 生産関係のデータは「経済産業省生産動態統計速報」をご覧ください。 ページのトップへ戻る 確報(資源・エネルギー統計(石油)) (1)時系列表(Historical Data) 外からの輸入に依存しており、輸入先も中東地域が8割以上を占めました。2 最大の輸入元はサウジアラビアで、2018年の1年間だけで日本は6197万キロリットルもの原油を輸入している。 【国産原油供給量をグラフ化してみる】 にもある通り、日本の国産原油産出量は年間で60万キロリットル前後。� 近年、エネルギーの重要性はさらに増しています。もしエネルギーがなければ、経済活動や市民生活のすべてが止まってしまうでしょう。エネルギーが安定的に、また低廉な価格で供給されるということは、すべての国民にとってとても重要な、実現されるべき状態であるといえます。この状態を達成し … アメリカはどうして 石油を日本に輸出してくれないんでしょうか2017年のアメリカの石油輸出額は21,825百万ドルで、世界12位の輸出額です。 もちろん日本もアメリカから181万klの石油を輸入しています。 アメリカの石油は輸入量で11番目 外から輸入しています。 今から約40年前の1967年には、世界の約3分の2の石油埋蔵量がある中東地域への依存度は9割以上に達していました。 韓国が日本の石油をどれだけ輸入しているかについては、資源エネルギー庁が発表している 石油製品の輸出入統計 を見れば明らかです。 これによると、平成30年度の日本から韓国への石油製品の輸出は322万㎘です。� 統計ユーザーの利便性の向上のため、「経済産業省生産動態統計」(石油分野)、「石油製品需給動態統計調査」、「石油輸入調査」の速報値を、「石油統計速報」という名称で一つにまとめて公表。(「石油統計」という基幹 é¡ 85兆8,865億円のうち16.2%をも占めています(金額ベース)。そして、その多くの輸入先は中東地域になっています。 日本も、 もっと以前から、こうした石油輸入に代わる代替エネルギーを 開発していたら、米国も石油禁輸で日本を追いつめることがで きず、開戦には至らなかったかも知れない。 技術開発で代替燃料を開発する、という手段で、一 外からの輸入に依存しており、輸入先では中東地域が8割以上を占めています。� 外からの輸入(ゆにゅう)によるもの。とても大きな船で運ばれてきます。しかし、日本でも採掘(さいくつ)できないというわけではありません 戦前、この戦前というのは西暦1941年(昭和16年)12月にアメリカとの戦争が始まりますが、その前の時期ということです。戦前に米国は日本に対し石油輸出禁止という経済制裁をおこないました。石油輸出禁止という制裁は1941年の8月1日におこなわれます。この石油輸出禁止という対応は侵略国に対しおこなうと米国は表明するのですが、このアメリカが侵略国と見なす国の中に日本国も入っていました。それまでにも米国は日本に対し経済制裁をしています。この石油の輸出を禁止する前 … 期的にみると、平成に 入ってからは9年に約16億7,400万バレルとピークをつけた後、17年には約15億6,000 日本は戦後、消費地精製主義をとってきました。石油製品を輸入するのではなく、原油を輸入して、国内で製品にするという政策です。石油製品を輸入するにしても、石油会社しか認可されないという制度でした。 1997年に石油製品の輸入が 日本の原油輸入量の推移を図1に、また、2001年度における地域別、国別原油輸入量の状況を図2に示す。 日本の原油輸入が大きく中東に依存しているという状況は、石油危機以降も変わらない。2001年度には約88%を中東から
2020 日本 石油 輸入