第66回 2006年4月9日 キストゥヘヴン 安藤勝己. 第42回(1997年) シルクジャスティス ダイワスカーレットの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ. 第24回(1999年) メジロドーベル 第56回(2011年) オルフェーヴル 1: 名無しマン ID:ZhtXLtLb0 テスコガビー ヒシアマゾン ノースフライト エアグルーヴ ウオッカ ダイワスカーレット ブエナビスタ ジェンティルドンナ アーモンドアイ デアリングタクト 第36回(2011年) スノーフェアリー 第35回(2010年) スノーフェアリー 国際競走(G1)指定後: レース名をクリックでレース結果と動画を表示します。年度優勝馬レース名格開催距離馬場タイム性齢斤量人気騎手調教師2着馬(同着含)2020.04.12デアリングタクト桜花賞gi阪神芝1600重1:36 第59回(2014年) ジェンティルドンナ ダイワスカーレットの記事へ戻る. 第07回(1962年) オンスロート 第13回(1988年) ミヤマポピー 第45回(2020年) ラッキーライラック, 国際競走指定前: 第12回(1987年) タレンティドガール 芸能人ブログ 人気ブログ. ホーム ピグ アメブロ. 第11回(1966年) コレヒデ サラブレッドロマン. 第48回(2003年) シンボリクリスエス 第04回(1959年) ガーネツト 第53回(2008年) ダイワスカーレット 第22回(1977年) テンポイント, 第23回(1978年) カネミノブ 第36回(1991年) ダイユウサク ウォッカとダイワスカーレットが対決した天皇賞秋. ピコカキコがありません. 国際競走指定後: 第04回(1979年) ミスカブラヤ 第15回(1970年) スピードシンボリ よく覚えてないが、また岡部が桜花賞負けたなんて実況が叫んでた . お絵カキコがありません. 2008年の天皇賞秋を動画と語りで振り返ります。ウォッカとダイワスカーレット、牡馬を凌ぐ圧倒的な力を見せつけた2頭の維持とプライドをかけた戦いをご覧ください . 第64回(2019年) リスグラシュー, 「スカーレット」は、母スカーレットブーケ、その母スカーレットインクにも共通している。「, JRAレーシングプログラム(2010年10月16日付 )名馬の蹄跡 ダイワスカーレット, 「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」1位ディープインパクト、あの3冠馬はベスト10漏れ, 【JRA】ダイワスカーレットの娘ダイワメモリーが死亡、競走中に急性心不全 | 競馬ニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ダイワスカーレット&oldid=80434116. 第41回(2016年) クイーンズリング 2016年4月10日(日) 桜花賞 GI 阪神競馬場/芝/1600m 2016年桜花賞 特別登録馬の戦績 桜花賞過去10年結果 桜花賞 過去10年動画 2008年には三連単で700万円もの高配当を出した桜花賞。 荒れる時と荒れない時の差とは? 過去10年間の動画を振り返って自分なりに分析をして G1・4勝!12戦オール連対 「ウオッカとダイワスカーレット、どちらが強かったのかー」今なおファンの間で議論になるテーマだと言えます。そんな2頭のデットヒートを収録。審議の間、府中が静まり返った2cm No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬動画netkeibaTV。 お絵カキコがありません. ダイワスカーレットが外から押し切り勝ち、自身と一族の雪辱を果たす 牝馬相手には負けなし、目下3連勝中のウオッカが1番人気に推され、そのウオッカと接戦を演じたことのあるフィリーズレビュー勝ち馬アストンマーチャンとチューリップ賞2着のダイワスカーレットが、2番人気、3番人気。 第11回(1986年) メジロラモーヌ 繋養先:社台ファーム; 見学可否: 見学不可の馬は、その所在地を情報としてお知らせしているものです。牧場に直接問い合わせたり、訪問する行為は絶対にやめてください。 プロフィール. 2020.02.24. 桜花賞勝ってたらダービー行かなかったかもな。 二冠三冠取りたくなるだろう。 桜花賞負けたけど力負けじゃないって思いはあっただろうしな . 20: 2020/04/13(月) 23:00:30.08 ID:MoDm66tl0. 2002 桜花賞. 第27回(2002年) ファインモーション 第06回(1961年) ホマレボシ 関連商品. 日本歴代最強馬ランキング【投票】 日本歴代最強馬ランキング【投票】 スポンサーリンク. 1着=⑱ダイワスカーレット 牝3 55 (安藤勝己) 3番人気 2着=⑭ウオッカ 牝3 55 (四位洋文) 1番人気 3着=③カタマチボタン 牝3 55 (藤田伸二) 7番人気 タイム=1:33.7(良) レース上がり3ハロン=33.9 勝ち馬上がり3ハロン=33.6 3連複=2,830円 3連単=12,680円 第10回(1965年) シンザン 第02回(1977年) インターグロリア 第17回(1992年) タケノベルベット 第18回(1993年) ホクトベガ 2020.10.19. 第34回(1989年) イナリワン 第19回(1974年) タニノチカラ 第67回桜花賞を制したダイワスカーレット、第68回優駿牝馬2着のベッラレイア、第12回nhkマイルカップを制したピンクカメオらは後述の第25回ローズステークスを経て本競走に参戦した。 G1・4勝!12戦オール連対 「ウオッカとダイワスカーレット、どちらが強かったのかー」今なおファンの間で議論になるテーマだと言えます。そんな2頭のデットヒートを収録。審議の間、府中が静まり返った2cm No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬動画netkeibaTV。予想やレースに役立つ競馬動画を毎日更新中! 第49回(2004年) ゼンノロブロイ 第31回(1986年) ダイナガリバー 第58回(2013年) オルフェーヴル 第09回(1984年) キョウワサンダー 第28回(2003年) アドマイヤグルーヴ 第32回(2007年) ダイワスカーレット 第63回(2018年) ブラストワンピース 第30回(1985年) シンボリルドルフ 第21回(1996年) ダンスパートナー ウオッカとダイワスカーレット、最後の対決となる2008年11月2日天皇賞(秋)。 レースはウオッカとダイワスカーレットの壮絶な1着争い。 残り200m付近でウオッカとダイワスカーレットが並び、ダイワスカーレットは一旦後退しかけるも再び伸びを見せてウオッカの前に出る。 第40回(2015年) マリアライト 第57回(2012年) ゴールドシップ 第62回(2017年) キタサンブラック 第27回(1982年) ヒカリデユール 第60回(2015年) ゴールドアクター 桜花賞 ヤマカツマーメイド レシステンシア デアリングダクト マジックキャスルレベルの高いファンタジー組ラップが優秀なエルフィンS速いラップを刻むレシステンシ… 桜花賞 | ダイワスカーレットに魅せられて! ホーム ピグ アメブロ. ダイワスカーレットの血統・競走成績. 第37回(2012年) レインボーダリア 第65回 2005年4月10日 ラインクラフト 福永祐一. 第33回(2008年) リトルアマポーラ 第08回(1983年) ロンググレイス 第67回桜花賞を制したダイワスカーレット、第68回優駿牝馬2着のベッラレイア、第12回nhkマイルカップを制したピンクカメオらは後述の第25回ローズステークスを経て本競走に参戦した。 2006 桜花賞. 第41回(1996年) サクラローレル 第06回(1981年) アグネステスコ 第44回(2019年) ラッキーライラック 第63回 2003年4月13日 スティルインラブ 幸英明. 2007 桜花賞. 第25回(2000年) ファレノプシス 2004 桜花賞. 第40回(1995年) マヤノトップガン 第01回(1976年) ディアマンテ 第07回(1982年) ビクトリアクラウン 第67回 2007年4月8日 ダイワスカーレット 安藤勝己 . 第03回(1958年) オンワードゼア ウオッカとダイワスカーレット、最後の対決となる2008年11月2日天皇賞(秋)。 レースはウオッカとダイワスカーレットの壮絶な1着争い。 残り200m付近でウオッカとダイワスカーレットが並び、ダイワスカーレットは一旦後退しかけるも再び伸びを見せてウオッカの前に出る。 関連コミュニティ. 第47回(2002年) シンボリクリスエス 第64回 2004年4月11日 ダンスインザムード 武豊. 2003 桜花賞. ダイワスカーレット欧字Daiwa Scarlet品種サラブレッド性別牝毛色栗毛生誕2004年5月13日抹消日2009年2月18日父アグネスタキオン母スカーレットブーケ . 第61回(2016年) サトノダイヤモンド 第64回 2004年4月11日 ダンスインザムード 武豊. 第26回(1981年) アンバーシャダイ 第10回(1985年) リワードウイング 第39回(1994年) ナリタブライアン 第43回(2018年) リスグラシュー 第39回(2014年) ラキシス 2頭の牝馬が盾を競い合った白熱のレースは僅か2cmのハナ差決着に. 第65回 2005年4月10日 ラインクラフト 福永祐一. 第14回(1989年) サンドピアリス 第20回(1995年) サクラキャンドル 第31回(2006年) フサイチパンドラ この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ. 第35回(1990年) オグリキャップ 芸能人ブログ 人気ブログ. ダイワスカーレットが外から押し切り勝ち、自身と一族の雪辱を果たす 牝馬相手には負けなし、目下3連勝中のウオッカが1番人気に推され、そのウオッカと接戦を演じたことのあるフィリーズレビュー勝ち馬アストンマーチャンとチューリップ賞2着のダイワスカーレットが、2番人気、3番人気。 第18回(1973年) ストロングエイト 第55回(2010年) ヴィクトワールピサ 2006 桜花賞. 第43回(1998年) グラスワンダー 競馬苑. 第34回(2009年) クィーンスプマンテ 秋華賞・エリザベス女王杯を連勝した馬は、2002年のファインモーション、2007年のダイワスカーレット、2013年のメイショウマンボの3頭のみである。 競走名の「秋華」は、中国の詩人である杜甫や張衡が文字通り「あきのはな」として詩のなかで用いた言葉である。 第51回(2006年) ディープインパクト 第05回(1960年) スターロツチ 第14回(1969年) スピードシンボリ オークスでダイワスカーレットに勝つよりダービーの方が楽だと思ったから . 撮影:2009/06. どうぞどうぞ養分さんたくさん買って下さい 私はチューリップ消しましたが桜花賞もバッサリ100円のヒモにも入れません レースの着順というのは展開が大きく作用するんです競馬はタイムトライアルでは無い それが理解できないなら買ってくだされ . ダイワスカーレット (英: Daiwa Scarlet) は日本の元競走馬、繁殖牝馬である。主な勝ち鞍は2007年の桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、2008年の有馬記念。, 同世代のウオッカと熾烈な争いを繰り広げ、ともに牝馬ながらG1級の牡馬とも互角以上に渡り合った。デビュー戦から引退まで12戦8勝・2着4回とすべての出走レースで連対を果たした。デビューから引退までの12戦連続連対はJRA所属の牝馬としては最多記録となっている(最多記録は19戦連対のシンザン)。, 馬名の由来は冠名(ダイワ)+「スカーレット」は映画『風と共に去りぬ』のヒロインであるスカーレット・オハラにちなんでいるとされている[1][2][注 1]。, デビューは2006年11月19日、京都競馬場第5競走の新馬戦(芝2000m)。陣営は武豊に騎乗を依頼したが、先約があったために安藤勝己が騎乗することとなった。レースでは先行策からほぼ馬なりで快勝を収め、安藤勝己は以後全レースで騎乗することになる。なお同日のメインレースのマイルチャンピオンシップでは半兄のダイワメジャーが優勝し、兄妹同日勝利を挙げ話題になった。続く中京2歳ステークスでは同じく先行策から同じアグネスタキオン産駒の評判馬・アドマイヤオーラの追撃を余裕を残して封じ、デビュー2連勝を飾った。, 年明け初戦のシンザン記念では牡馬相手に強い内容で連勝してきた実績を買われて1番人気に支持されるものの、やや掛かり気味にレースを進めた上に終始アドマイヤオーラのマークを受け、直線では同馬に差されて2着となり初黒星を喫した。続く桜花賞トライアルのチューリップ賞では前年の2歳女王ウオッカと対戦。スタート良くハナを切り、直線では本番のライバルになるであろうウオッカの瞬発力を測るため、あえて仕掛けを遅らせて後方から差してくるウオッカに真っ向勝負を望むかのように引き付けたが、前に出られると差し返すことはできずクビ差敗れた。陣営はこの敗戦で瞬発力勝負では分が悪いと判断し、大外18番枠からの発走となった本番の桜花賞では直線で早めに抜け出す積極策でウオッカの追撃を抑えて優勝。前走の雪辱を果たすとともに兄妹クラシック制覇を成し遂げた。優駿牝馬(オークス)ではウオッカが東京優駿(日本ダービー)に出走するため不動の本命と目されていたが、感冒により回避。山元トレーニングセンターへ放牧され8月10日に帰厩した。, 復帰後初戦はローズステークスに出走。優駿牝馬ハナ差2着のベッラレイアとの初対決が注目を集めた。レースではスタート直後から徐々に先頭に立つと、そのまま押し切り1着でゴール。10月3日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは109ポンドの評価を得た。なお、このレース以降、レース中は青いメンコを装着している。その後第12回秋華賞に出走。このレースは、64年ぶりに牝馬のダービー馬となったウオッカと春以来の再戦ということもあり非常に注目されていた。距離の面で不安視されていたが、道中かかり気味に2番手を追走し先頭を行くヒシアスペンを3コーナーで捕らえると後続の追撃を払い、そのまま押し切り完勝。中央競馬牝馬2冠を達成した。, 秋華賞後はマイルチャンピオンシップへの出走も視野に入れていたが第32回エリザベス女王杯に出走。レース前日まで1番人気だったウオッカがレース当日に出走を取り消したために、最終的には1番人気に支持された。レースではスタートから押し出されるような形で先頭に立つと、最後の直線では前年優勝のフサイチパンドラや前々年優勝のスイープトウショウを抑え1着となった。なお翌週のマイルチャンピオンシップで兄のダイワメジャーが安藤を背に快勝。兄妹による2週連続のGI制覇となった。, 11月26日に都内で行われたオーナー主催のパーティーにおいて、生産者で共同オーナーの吉田照哉から来春のドバイデューティフリー遠征、さらには第52回有馬記念での兄妹対決が語られ、その動向に注目が集まった。11月29日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは、エリザベス女王杯を制したことにより過去7年で最も高い115ポンドの評価を得た。有馬記念で安藤が兄・ダイワメジャーと当馬のどちらに騎乗するのか話題になったが、引き続き当馬に騎乗することになった。有馬記念ファン投票では7万4134票を集め4位となった。ちなみにダイワメジャーは3位であった。, そして迎えた有馬記念では、初のGI級牡馬との対戦に加え初体験となる長距離、関東遠征、さらに鞍上の安藤が中山の芝重賞未勝利であることを不安視する声もあったが兄を上回る単勝5番人気に支持される。レースでは道中2番目に付け直線で抜け出しを図るも、経済コースを通っていたマツリダゴッホに内をすくわれるとこれを交わすことはできず1馬身1/4差の2着に敗れる。スターロツチ以来の3歳牝馬での有馬記念制覇はならなかったが最後の直線では追いすがる兄を突き放し天皇賞春秋連覇を達成したメイショウサムソンやライバルのウオッカ、同世代牡馬のロックドゥカンブらに先着し、改めて能力の高さを見せつけた。, この年内GI3勝に加え有馬記念2着、ダービー馬ウオッカにはGIで3回対戦してすべて先着したことが評価され、JRA賞年度代表馬の座こそ海外戦を含むGI3勝を挙げたアドマイヤムーンに譲ったものの、ウオッカを抑えてJRA賞最優秀3歳牝馬およびJRA賞最優秀父内国産馬を受賞した。JRA賞最優秀父内国産馬はこの年限りで廃止されており、本馬が最後の受賞馬となった。なお牝馬の有馬記念連対は1994年のヒシアマゾン以来13年ぶりであり、このレースで2003年のスティルインラブを抜いて牝馬のJRA年間獲得賞金額歴代1位となった。, レース後には、初のダート戦となるフェブラリーステークスをステップに、ドバイワールドカップかドバイデューティフリーへの参戦が予定された。, 1月31日にドバイワールドカップ及びドバイデューティフリーの選出馬となり、ドバイへのステップとしてフェブラリーステークスに登録したが、調教中に走路から跳ね上がったウッドチップ(木片)が右目に入り、創傷性角膜炎と診断された。そのためフェブラリーステークスを回避し、併せてドバイ遠征も白紙となった。, 古馬となっての初戦に陣営は産経大阪杯を選択。前年度の大阪杯優勝馬にしてG14勝のメイショウサムソン、前年度の皐月賞馬ヴィクトリー、菊花賞馬アサクサキングスらが出走するレベルの高いメンバー構成となったが単勝2.0倍の1番人気に支持され、これに勝利で応えた。次走はヴィクトリアマイルを目標に調整されていたが右前脚管骨骨瘤を発症したため、春シーズンを全休した。そのため出走に至らなかったが、宝塚記念ファン投票では4位となる3万9234票を獲得している。, その後は秋まで休養しステップレースを使わず秋の天皇賞へ出走。当初は出走が微妙な状態だったが、「少しでも不安があればエリザベス女王杯の選択肢もありますが、昨年も勝ったレース。限定戦の楽な選択をするより、強い馬が集まるレースで強いことを証明したい」という理由から出走を決断した。大阪杯以来の故障休養明けでのGI出走に加え東京コース未経験であることを不安視する声もあったが、ウオッカに次ぐ2番人気に支持された。好スタートからハナを奪い、直線に入ると追い込んでくるウオッカと壮絶な1着争いを繰り広げ、2cm差の2着に敗れた(レースの詳細については第138回天皇賞を参照のこと)。, 年末には第53回有馬記念に出走し1番人気に推された。レースでは外枠13番からの発走の影響もなくスタート良くハナに立ち、最初の900mを53.1秒という淀みないペースで逃げ、最後の直線でも他馬を寄せ付けることなく完勝、人気に応えた。牝馬による有馬記念制覇は、1971年のトウメイ以来、37年ぶりの快挙であった。なお、牝馬の有馬記念制覇は史上4頭目だが1番人気での優勝は初である。, レース後には、再び海外遠征のプランが持ち上がった。調教師の松田国英は海外での3勝を目標とし、2008年は断念したドバイ遠征に再度挑戦したいと発言。生産者である社台ファーム代表の吉田照哉も日本国内産馬でのヨーロッパGI制覇を期待しているコメントをした。, 2008年度のJRA賞は年度代表馬、最優秀4歳以上牝馬部門ともウオッカが選ばれ特別賞授与についても審議を行ったが委員8人中、賛成は4人(反対3、欠席1)のため委員総数の4分の3以上(6人以上)の推薦が得られなかったため、この年はどの賞も受賞することができなかった。, この年もドバイワールドカップを目標に、前年同様にステップレースとしてフェブラリーステークスに登録していたが、1週前追い切りを終えた直後の2月12日に脚部不安を発症したために出走を回避した[3][4]。翌日には浅屈腱炎であることが判明、ドバイワールドカップも回避し[5]、その後大城敬三と吉田照哉の間で協議が行われた結果、2月18日付で競走馬登録を抹消され現役を引退した[6][7]。なお、兄のダイワメジャーと違い、引退式は行わなかった。, 安藤勝己は現役引退後にダイワスカーレットとウオッカの上下について、自身のTwitterにおいて「贔屓目でもなんでもなく、ダイワスカーレットはウオッカよりも、持っとる能力がかなり上やったと思う」と述べている[9]。, 2015年に日本中央競馬会の広報誌「優駿」が実施した投票企画「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」では9位に選出されている(8位はトウカイテイオー、10位はエルコンドルパサー)[10][11]。, 引退後は生まれ故郷の社台ファームで繁殖入りした。2010年3月6日、チチカステナンゴとの交配による初仔を出産した[12]。初仔は牝馬で、チチカステナンゴにとっては日本での初年度産駒となる。, 第2回 タイレイ / 第3回 ブランドソール / 第4回 バンナーゴール / 第5回 ミスセフト / 第6回 ヤマイワイ / 第7回 ブラウニー / 第8回 ハマカゼ / 第9回 ヤシマドオター, 第10回 トサミツル / 第11回 ツキカワ / 第12回 スウヰイスー / 第13回 カンセイ / 第14回 ヤマイチ / 第15回 ヤシマベル / 第16回 ミスリラ / 第17回 ミスオンワード / 第18回 ホウシユウクイン / 第19回 キヨタケ, 第20回 トキノキロク / 第21回 スギヒメ / 第22回 ケンホウ / 第23回 ミスマサコ / 第24回 カネケヤキ / 第25回 ハツユキ / 第26回 ワカクモ / 第27回 シーエース / 第28回 コウユウ / 第29回 ヒデコトブキ, 第30回 タマミ / 第31回 ナスノカオリ / 第32回 アチーブスター / 第33回 ニットウチドリ / 第34回 タカエノカオリ / 第35回 テスコガビー / 第36回 テイタニヤ / 第37回 インターグロリア / 第38回 オヤマテスコ / 第39回 ホースメンテスコ, 第40回 ハギノトップレディ / 第41回 ブロケード / 第42回 リーゼングロス / 第43回 シャダイソフィア / 第44回 ダイアナソロン / 第45回 エルプス / 第46回 メジロラモーヌ / 第47回 マックスビューティ / 第48回 アラホウトク / 第49回 シャダイカグラ, 第50回 アグネスフローラ / 第51回 シスタートウショウ / 第52回 ニシノフラワー / 第53回 ベガ / 第54回 オグリローマン / 第55回 ワンダーパヒューム / 第56回 ファイトガリバー / 第57回 キョウエイマーチ / 第58回 ファレノプシス / 第59回 プリモディーネ, 第60回 チアズグレイス / 第61回 テイエムオーシャン / 第62回 アローキャリー / 第63回 スティルインラブ / 第64回 ダンスインザムード / 第65回 ラインクラフト / 第66回 キストゥヘヴン / 第67回 ダイワスカーレット / 第68回 レジネッタ / 第69回 ブエナビスタ, 第70回 アパパネ / 第71回 マルセリーナ / 第72回 ジェンティルドンナ / 第73回 アユサン / 第74回 ハープスター / 第75回 レッツゴードンキ / 第76回 ジュエラー / 第77回 レーヌミノル / 第78回アーモンドアイ / 第79回グランアレグリア, 第1回 ファビラスラフイン / 第2回 メジロドーベル / 第3回 ファレノプシス / 第4回 ブゼンキャンドル, 第5回 ティコティコタック / 第6回 テイエムオーシャン / 第7回 ファインモーション / 第8回 スティルインラブ / 第9回 スイープトウショウ / 第10回 エアメサイア / 第11回 カワカミプリンセス / 第12回 ダイワスカーレット / 第13回 ブラックエンブレム / 第14回 レッドディザイア, 第15回 アパパネ / 第16回 アヴェンチュラ / 第17回 ジェンティルドンナ / 第18回 メイショウマンボ / 第19回 ショウナンパンドラ / 第20回 ミッキークイーン / 第21回 ヴィブロス / 第22回 ディアドラ / 第23回 アーモンドアイ / 第24回 クロノジェネシス, 国際競走指定前: 第37回(1992年) メジロパーマー 第01回(1956年) メイヂヒカリ 桜花賞 ・秋華賞では ... 詳細は当該記事へ→ダイワスカーレット. 第25回(1980年) ホウヨウボーイ 桜花賞逃げ切りってダイワスカーレット以来いなくない? 10: 名無しマン 2020/04/02(木) 20:54:52.95 . 2005 桜花賞. 第66回 2006年4月9日 キストゥヘヴン 安藤勝己. 第26回(2001年) トゥザヴィクトリー 関連静画 . ダイワスカーレットとウオッカ ここまでの戦績はどちらも超一流と言っても 過言ではない 桜花賞・秋華賞でウオッカを破り ここで勝てば文句なしに最強牝馬を名乗れるダイワスカーレット。 桜花賞・秋華賞と、GⅠの舞台で完敗し、府中の舞台では 第29回(1984年) シンボリルドルフ ダイワスカーレット(ウマ娘)に関するニコニコミュニティを紹介してください。 関連項目. この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ. 2007 桜花賞. 関連動画. 第61回 2001年4月8 … Ameba新規登録(無料) ログイン. 第17回(1972年) イシノヒカル 主な勝ち鞍は桜花賞 ... 第138 回天皇賞での、ウオッカとダイワスカーレットによる2 ... タグ「ダイワスカーレット」でニコニコ動画を検索 . 第08回(1963年) リユウフオーレル 春の仁川で繰り広げられる牝馬クラシック第一冠、桜花賞。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!! 「桜花賞馬」ならダイワスカーレット ... ダイワスカーレット マックスビューティの順かな。 66 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/27(金) 00:43:07.92 ID:aNGEPOnK0. 第63回 2003年4月13日 スティルインラブ 幸英明. 第38回(2013年) メイショウマンボ ダイワスカーレットの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 第19回(1994年) ヒシアマゾン 「桜花賞馬」ならダイワスカーレット ... ダイワスカーレット マックスビューティの順かな。 66 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/27(金) 00:43:07.92 ID:aNGEPOnK0. 第28回(1983年) リードホーユー 第50回(2005年) ハーツクライ 第38回(1993年) トウカイテイオー ダイワスカーレット; ダイワスカーレット . 第24回(1979年) グリーングラス ダイワスカーレットはデビューから12戦を走り抜きましたが、その間連対を外したことはありません。 牝馬としては彼女以外にこれ以上の戦績を残した馬は存在しません。 通算成績は12戦8勝です。 主な勝鞍としてエリザベス女王杯や桜花賞、有馬記念があります。 同じ歳のウオッカがダービーを勝利したこともあり何かと比べられることが多いですが、3歳時にはG1レースで3度対戦し全てダイワスカーレットが先着しています。 4歳には角膜炎や骨瘤などで休養を余儀なくされ、5歳の時浅屈腱炎を発症した … 第67回桜花賞(G1) 芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の桜花賞 . 第16回(1971年) トウメイ 第02回(1957年) ハクチカラ 第20回(1975年) イシノアラシ 主な勝ち鞍は桜花賞 ... 第138 回天皇賞での、ウオッカとダイワスカーレットによる2 ... タグ「ダイワスカーレット」でニコニコ動画を検索 . 第03回(1978年) リードスワロー 第09回(1964年) ヤマトキヨウダイ ダイワスカーレット. 第13回(1968年) リュウズキ 第67回 2007年4月8日 ダイワスカーレット 安藤勝己 . この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ. 第54回(2009年) ドリームジャーニー 第12回(1967年) カブトシロー 第22回(1997年) エリモシック 45: ... 【動画あり】犯 れながら何度もイカされる屈辱レ×プ 泣き崩れる美少女を容赦ない追撃ピストンで強 絶頂 2020.12.7 【エ 漫画】援交をしている姪を止めるはずが誘惑に負けてホテルで耳舐め乳首責め足コキで発射 … ダイワスカーレット (牝 2004 栗毛 アグネスタキオン) 8勝、jra賞最優秀3歳牝馬(2007年)、jra賞最優秀父内国産馬(2007年) 1着 - 桜花賞(g1)、秋華賞(g1)、エリザベス女王杯(g1)、有馬記念(g1)、関西tvローズs(g2)、産経大阪杯(g2) 第23回(1998年) メジロドーベル 第29回(2004年) アドマイヤグルーヴ, 第30回(2005年) スイープトウショウ ピコカキコがありません. 第32回(1987年) メジロデュレン ダイワスカーレット (英: Daiwa Scarlet) は日本の元競走馬、繁殖牝馬である。 主な勝ち鞍は2007年の桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、2008年の有馬記念。. 第05回(1980年) ハギノトップレディ 第44回(1999年) グラスワンダー ダイワスカーレットの2019の新馬データです。父馬の種牡馬成績、母馬の牝系といった血統情報、馬主や調教師の近年の成績、一口馬主ユーザーからの評価など、pogやクラブ募集馬の出資に検討に役立つデータが満載です。 プールヴィルが想定外の逃げを打って出、その他の各馬は膠着状態となった道中。結果として、前半の3ハロンが35秒台のスローペースとなり前に有利な展開となった。その中で3番手の絶好位を追走したグランアレグリアが直線持ったまま先頭から、あっさりと突き抜けて2着シゲルピンクダイヤに2馬身以上を突ける圧勝で第一冠目を制した。タイムもレコードと文句なしの内容、続くはNHKマイルカップが濃厚か。3着にはスムーズとは言えないレース運びも地力で3着に入ったクロノジェネシスが入線。, コーディエライトが俄然とハナに、ツヅミモン、レッドサクヤなどが続き圧倒的1番人気のラッキーライラックがその直後を追走する流れ。道中は淡々と進み、馬群が一団となって直線コースへ。満を持してラッキーライラックが持ったままの手応えで先頭へ立ち、予想通りリリーノーブルが迫る形。このままの決着になると思われた瞬間、大外から後方一気の末脚を決めたアーモンドアイがまとめて差し切り驚愕のV。シンザン記念からのローテーション含め、これまでの常識を覆すセンセーショナルな走りを見せてくれた。レースの上がりを1秒以上上回る異次元のパフォーマンス。, 重寄りの稍重馬場で適正の差が明暗を分ける1戦となった。道中、4番手の位置でスムーズに先行したレーヌミノルが直後に圧倒的人気のソウルスターリングらを従えて直線コースへ。脚取り確かでしっかり抜け出すと、後方から迫るリスグラシューやカラクレナイなどの猛追を振り切ってGⅠタイトルを初制覇。ソウルスターリングは3着争いを制して何とか馬券圏内を死守するのがやっとだった。血統や走りを見ても問題ないと思われたが、さすがに競馬には絶対はないと改めて思い知らされる1戦。, 圧倒的支持を受けたメジャーエンブレムがまさかの中団。これまで逃げの一手で押し切って来ただけに馬が戸惑ったか、直線に入ってもいつものスピードが見られず4着に敗退した。代わって上位人気の一角シンハライトが馬場の真ん中から堂々と抜け出し確勝するかに見えるも、大外からデムーロ騎乗のジュエラーが33秒フラットの鬼脚を繰り出しゴール前寸前で差し切る豪快な競馬。2頭の強さが際立ったレースだった。, 前半3ハロン37秒台の超スローペースに落とし込んだレッツゴードンキが、直線でも余力たっぷりに後続を突き離し上がり33秒5の脚で上がって圧勝。意表の逃げで主導権を握った岩田康誠騎手のファインプレーが光った1戦だ。2着クルミナル、3着にコンテッサトゥーレが入線。圧倒的人気のルージュバックは後方から追走するもいつものキレが鳴りを潜め、まさかの9着に敗退。, フクノドリームが大逃げを打ち、後続を10馬身以上引き離したまま直線へ。一斉に追い出す馬群の中から外目を2歳チャンピオンのレッドリヴェールが堂々と先頭に立つ競馬。このまま2冠達成に思われたが、更に大外から矢の様な伸びで強烈に追い込んだハープスターがまとめて差し切った。上がりは32秒台でまさに彗星の如き鬼脚だ。3着には後のオークス馬ヌーヴォレコルトが入線。, 平均ペースでレースは流れ馬群がひと塊となって最後の決め脚勝負となった。直線で馬群は横一列に広がりどの馬にもチャンスがある中、真ん中からアユサンが一完歩ずつ前へ抜け出し先頭へ。しかし、その外から被せる様にしてレッドオーヴァルが馬体を併せて頭ひとつ抜け出す。が、最後はC.デムーロ執念の追いで差し返し初のGⅠタイトルを獲得した。3着は14番人気のプリンセスジャックが入線し、3連単は60万円オーバーの大万馬券となった。, 広い直線を18頭がそれぞれの進路を確保して一斉に追い出す末脚勝負。先行勢からヴィルシーナとアイムユアーズが揃って抜け出した所を、中団に位置したジェンティルドンナが豪快なフットワークで差し切り一冠目を獲得。2歳チャンピオンのジョワドヴィーヴルは大外へ持ち出すも精彩を欠いて6着が精一杯だった。ジェンティルドンナはその後3冠を制する事となる。, 最後の直線で1番人気のホエールキャプチャが大外に持ち出しジワジワ伸びると前を射程圏内へ。そのまま押し切るかに見えたが、その真ん中から弾ける様にして突き抜けたマルセリーナが更に4分の3馬身前へ出て一冠目をゲット。ディープインパクト初年度産駒にして、早速父に初タイトルをプレゼントした。3着は岩田康誠騎乗のトレンドハンターが入線。, 程良いスローペースで主導権を握ったオウケンサクラが直線でも後続に抜かせないしぶとい競馬で粘り込みを図った。そこへ番手から詰め寄るエーシンリターンズがジワジワと差を縮めるがなかなか捕まらない。しかし、更に外から伸びた1番人気のアパパネが見事にゴール前で測った様に差し切った所がゴールイン。後の3冠馬となる一つ目のタイトルを危なげなく獲得した。, 2番人気のレッドディザイアが14.4倍と言う極端なブエナビスタの1番人気。そのブエナビスタが道中最後方から直線大外へ持ち出すと、期待通りの末脚で先に抜け出したレッドディザイアを楽々とかわしてゴールイン。その圧倒的強さに競馬ファンたちは酔いしれた。3着には5番人気のジェルミナルが入線。次走のオークスでは上位2頭による更に熱いデッドヒートが繰り広げられる。, レースは歴代でも最高の大荒れに。12番人気のレジネッタが後方から大外一気で差し切り、2着には15番人気エフティマイア、3着は5番人気ソーマジックが入線すると3連単は何と700万円超えの超特大万馬券が飛び出す驚きの決着となった。1番人気トールポピー、2番人気リトルアマポーラと上位勢が一斉に飛び度肝を抜かれる配当。, 歴代でも最強クラス2頭のマッチメイクとなったレース。直線先に抜け出したダイワスカーレットに馬体を併せにかかるウオッカ。後続は全く相手にならず3馬身以上置かれる異次元の競馬だった。最後はスピードに勝るダイワスカーレットが勝利し、チューリップ賞のリベンジを達成。ウオッカはこの後、進路をダービーに変え見事牡馬を蹴散らして優勝する事となる。, アサヒライジングが単騎逃げでマイペースに持ち込み馬群を引き付けて直線コースへ。番手以下はアサヒライジングを捉えられず後退、中団からコイウタ、そしてその外からアドマイヤキッスが伸びて三つ巴かに思われた瞬間。さらに大外からキストゥヘヴンが豪快に追い込んで各馬をまとめて差し切る快勝の走りを見せた。鞍上の安藤勝己騎手も珍しくガッツポーズ、6番人気ながら堂々の戴冠となった。, 道中単独の番手に付けたデアリングハートが押し出される様にして直線先頭へ。その外からラインクラフトが素早く並びかけ競り落とす形に、そこへ中団でモタモタしていた1番人気シーザリオがようやくエンジン点火で豪快に追い込むもゴール前でアタマ差残したラインクラフトが念願のGⅠタイトルを手にした。第2冠目のオークスは福永騎手がシーザリオに乗り替わり戴冠する事となる。, デビューから無傷のダンスインザムードが圧巻の競馬で4連勝、桜の女王に見事輝いた。道中は先行集団の一角を追走、持ったままの手応えで直線先頭へ躍り出るとそこから後続を最速の上がりで突き放し2着アズマサンダースに2馬身差を付ける余裕の走りでゴール。3着に2歳女王のヤマニンシュクルが外から追い込み入線。ダンスインザムードの強さだけが際立った1戦となった。, モンパルナスが平均ペースで逃げ、直後のシーイズトウショウ、その後ろにスティルインラブが追走する展開。馬群は縦長となり後方に1番人気アドマイヤグルーヴが構える隊列となった。直線に入り、スティルインラブが馬場の真ん中から堂々と抜け出すと、内からスルスルと上がって来るシーイズトウショウを抑えて第一冠目を制覇。アドマイヤグルーヴは位置取りが後ろ過ぎたのが響いて3着に追い込むのがやっとだった。, 逃げ馬の直後で死んだふりをしていたアローキャリーが直線で上手く進路を確保すると、文字通り矢のような伸びで単独先頭へ。迫るブルーリッジリバーや1番人気シャイニンルビーなどの追撃を振り切って13番人気ながら大波乱を演出。鞍上の池添謙一騎手もこれが初のGⅠタイトルとなり、ゴール後に歓喜の雄叫びを何度もあげる嬉しい勝利となった。, 2歳女王で単勝1.3倍のテイエムオーシャンが道中番手から引っ張りきりの手応えで追走。勢いそのままに直線先頭へ立つと、後続を一瞬で置き去りにする競馬で2着に3馬身差を付ける完勝劇を見せた。その2着には最後方から大外を一気に追い込んだムーンライトタンゴ、3着にダイワルージュが入線。何度走ってもテイエムオーシャンが勝つとしか思えない程の力量差を感じる1戦だった。, エアトゥーレが痛恨の出遅れで波乱を予感させるスタート。ジョーディシラオキが俄然レースを引っ張り速めの流れで馬群もバラける道中となったが、その直後3番手をスムーズに追走したチアズグレイス。直線も手応え良く抜け出すと、外から迫るマヤノメイビーやシルクプリマドンナらの追撃に影をも踏ませず、楽々と逃げ切って桜のタイトルをもぎ取った。圧倒的1番人気サイコーキララは無難なレース運びも最後は苦しくなって4着に敗退している。. 歴代の競馬名レース動画と競馬コラムのブログです。 ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; ダイワスカーレット 2007年 桜花賞. ダイワスカーレット 2007年 桜花賞 | サラブレッドロマン . 2004 桜花賞. 第33回(1988年) オグリキャップ 第62回 2002年4月7日 アローキャリー 池添謙一. 第45回(2000年) テイエムオペラオー, 第46回(2001年) マンハッタンカフェ 第52回(2007年) マツリダゴッホ 第15回(1990年) キョウエイタップ, 第16回(1991年) リンデンリリー 2005 桜花賞. 第42回(2017年) モズカッチャン ウオッカは桜花賞に出てダイワスカーレットの2着でした。能力を出し切れば勝てると思っていましたがあの時の敗因は何だと思いますか?ゴール前ウオッカの走りが乱れたりしたようですがそれについては … 第21回(1976年) トウショウボーイ jra顕彰馬選出(2011年)、jra賞年度代表馬(2009年・2008年)、jra賞最優秀4歳以上牝馬(2009年・2008年)、jra賞特別賞(2007年)、jra賞最優秀2歳牝馬(2006年) ウオッカの競走成績.
2020 ダイワ スカーレット 桜花 賞 動画