なぜ今回サウジアラムコがipoをしたのかというと、 それはサウジアラビアが石油への依存から脱却する為でした。 サウジアラビアと言えば. 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ 今春に国王一族が来日した際、エスカレーター式の特製タラップやずらりと並んだ高級車など、その豪華さが話題になったサウジアラビア。そのサウジアラビアは世界で唯一、女性による車の運転が認められていませんでしたが、来年6月から解禁される見通しと… サウジ「脱・石油」に黄信号 巨大事業に投資家呼べず コロナ下で原油安 米新政権も逆風 2020/11/13付 情報元 日本経済新聞 朝刊 サウジアラビアは王が国を統治する絶対君主制です。世界には王が統治しその子供の王子が継承していく君主制の国がブルネイ、オマーン、uaeなどいくつかあります。サウジアラビアの王子の人数や気になる資産などをご紹介します。サウジアラビア国の歴史サウ 「サウジ・ビジョン2030」改革計画において主要項目となっているQuality of Life Program (QLP)は、国民のライフスタイルを向上させることを目的としている。文化や環境やスポーツの活動への市民と居住者の参加を促進するような、新しい選択肢の支援と創出をする収益活動協調体制を発展させることで、ライフスタイルの向上を目指す。, Quality of Life Programは、雇用の創出、経済活動の多様化、そしてサウジアラビアの各都市が地位向上し、世界でも屈指の街に仲間入りすることを果たす、といった目標を掲げている。Quality of Life Programの主目的の1つには、電子ゲーム施設、家族向け娯楽施設、ウォーターパーク、映画館、テーマパーク、動物園、水族館、植物園、公園、劇場、オペラハウスなどといった、エンターテイメントの機会を発展させ、多様化することがある。, サウジアラビア政府はQuality of Life Programを支援するために、2016年に娯楽庁を設立した。娯楽庁はエンターテイメント分野の組織化と発展や、エンターテイメント関連の国内インフラストラクチャを後押しすることを目的としている。, さまざまな政府部門と民間企業による支援と協力を受け、娯楽庁はサウジアラビアの人々の生活向上を実現することができた。それだけではなく、短期間のうちにサウジアラビア国中に多様で豊かなエンターテイメント体験をもたらした。, 大成功を収めたリヤド・シーズンは、娯楽庁が国内のエンターテイメント産業の向上に卓越した手腕を発揮した好例である。リヤド・シーズンの公式開催期間中(10月15日から12月15日)には、娯楽庁は10億サウジアラビア・リヤル以上の収益を得ており、サウジアラビアの支払いシステムであるMadaを通じた間接的な利益は、40億サウジアラビア・リヤルを超える額となった。, リヤド・シーズンはリヤドを訪れた観光客を魅了しただけでなく、34,000の直接雇用と17,000の間接雇用(開催期間中やボランティア)をサウジアラビア国民にもたらした。リヤド・シーズンの首尾が上々だったことで、今開催中や今後予定されている一連の催しについても、同様の成功が期待されている。, サウジアラビアが、経済を下支えと多様化が図れるような強固なエンターテイメント産業を築くのに、それほど苦労することはないのではないかと思う。それは、どこよりも政府が石油に対する依存を減らそうと必死になっているからである。サウジアラビア国内に強固なエンターテイメント産業が、GDP成長率を支え、ローカルコンテントを改善し、中小企業を後押しし、海外直接投資と雇用創出を増やしてくれるだろう。, © 2020 SAUDI RESEARCH & PUBLISHING COMPANY、利用規約に従い、当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。. サウジアラビアは何で石油が多くとれるのですか 簡潔にお願いします。 石油化学を専門的に履修した者です。質問者様のご指摘とおりにサウジアラビアや中東には多くの油田が御座います。これには次のような説明がなされております。 サウジアラビアのイメージと言えば、「石油大国」ではないでしょうか?実際にサウジアラビアは、世界2位の原油埋蔵量を誇っています。日本との関係は良好であり、日本は輸入原油の約1/3をサウジアラビアから調達しているのです。 そんなサウジアラビアですが、石油依存の経済構造となっているとされており、今後その経済構造から脱却を目指しています。実は、サウジアラビアの石油依存の経済構造からの脱却は、日本に … 近年、エネルギーの重要性はさらに増しています。もしエネルギーがなければ、経済活動や市民生活のすべてが止まってしまうでしょう。エネルギーが安定的に、また低廉な価格で供給されるということは、すべての国民にとってとても重要な、実現されるべき状態であるといえます。この状態を達成し … サウジアラビアの記者が暗殺されたのでは?というニュースが出ています。 その一方で、サウジアラビア政府は暗殺ではないがカショギ記者を死亡させてしまったことを認める声明を公表しました。 サウジアラビア政府は20日にトルコのイスタンブルーで記者のカショギ氏が言い争いの末、死亡してしまったことを公式に認めました。 カショギ記者は総領事館で会った人と言い争いになり、殴り合いになったために死亡した(参考本:livedoor news)ということのようです。 サウジアラビア政府はそれに関係し … サウジアラムコ株価下落で脱石油政策に暗雲. 【ホンシェルジュ】 1970年代に2度にわたって発生した「オイルショック」。日本をはじめとする世界各国の経済に大きな影響を与えました。ここではその原因と概要、日本とった対策などをわかりやすく解説していきます。あわせておすすめの関連本も紹介するので、参考にしてみてください。 サウジアラビアと言えば石油産出国で豊かな国としても知られています。お金持ちの国という反面、サウジアラビアで問題となっているのが若者の人口増加と失業率の増加です。サウジアラビアの若者が働かない、働けない現実をご紹介します。 昨年、世界最大級の産油国サウジアラビアのサルマン国王一行が来日しました。飛行場ではエスカレーター式の特製タラップで専用機を降りる姿が話題に。世界屈指の富豪の「爆買い」を期待する声もありました。でも、来日の本当の目的は商談。実は、国の借金… サウジアラビアは石油大国の名に恥じることなく、原油確認埋蔵量は世界第2位の推定約2,700億バレルを誇ります。 これは、サウジアラビアとクウェートの間の中立地帯に埋蔵されている、25億バレルの原油(中立地帯には50億バレル以上の原油があるとされ、この場合は両国が権利を分け合う)を含む … サウジ旅行に関心がある人は、いつサウジの観光ビザが解禁になるのかと待ち遠しく思われていることでしょう。この記事では観光ビザが下りなかった理由となぜサウジ観光ビザが解禁になったのか、また「サウジビジョン2030」について詳しく書いています。 https://business.nikkei.com/atcl/report/16/022700114/032400004 #42 サウジアラビア記者“殺害”はなぜ起きたのか? #41 動き始めた北方領土交渉 #40 日露間の対立の原因となった「ボタンの掛け違い」 #39 シンガポール米朝首脳会談と朝鮮半島の地政学的変化| #38 トランプ大統領による対イラン政策の変更 サウジアラビアが、経済を下支えと多様化が図れるような強固なエンターテイメント産業を築くのに、それほど苦労することはないのではないかと思う。それは、どこよりも政府が石油に対する依存を減らそうと必死になっているからである。 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 事業・経営を担うリーダー向け事業発想ワークショップをオンラインで開催します。 石油大国・サウジアラビアのサルマン国王が、3月12~15日の間、マレーシア・インドネシア・ブルネイ・中国の東アジア歴訪の一環として、訪日した。サウジ国王としては46年振り、サルマン国王自身は3年振り3回目である。羽田空港に空輸されたエレベーター方式のタラップ、1000名を超える随行者、400台に及ぶハイヤー借り上げ、都心ホテル・百貨店の特需などが大きな話題となった。, 13日の安倍総理との首脳会談では、サウジの経済改革「ビジョン2030」実現への協力、両国関係の「戦略的パートナーシップ」への引き上げが確認された。さらに14日には両国首脳が立ち会いの下、多数の経済協力プロジェクトに関する覚書が署名された。, 第2回の石油「新三国志」は、石油大国・サウジの国内経済改革の概要とその背景を紹介するとともに、国際石油市場の変容とサウジの石油政策を踏まえた、新しい時代の日本・サウジ関係を考えてみたい。, 2015年1月にサウジアラビア王国第7代国王に即位したサルマン国王は、同年4月、第7男のムハンマド国防相を副皇太子(当時29歳)に抜擢、経済関係閣僚を統括する経済開発諮問会議の議長に任命し、国内の経済・財政・社会改革に着手した。2015年4月25日には、2030年を見据えた国家のあり方・方向性を示した「サウジアラビア・ビジョン2030」を閣議決定した。同ビジョンは、米コンサルタント会社マッキンゼーの報告書「石油後のサウジアラビア」をベースに、経済開発諮問会議が検討し取りまとめたものである。, ビジョンは、まず、サウジが目指す国家の理念・目標として、アラブ世界・イスラム世界の中心、投資立国、アジア・欧州・アフリカ3大陸のハブ、の3点の実現を掲げている。次に、改革の内容として、活力ある社会、繁栄する社会、野心的な国家、の3つの分野における改革項目が数値目標とともに明示された。, 協力を求める国を無碍に扱うのはいかがとは思うものの、サウジとの協力関係における日本側のメリットが具体的に実感できない。関連技術を持つ日本企業が事業を受注すると言う金の回し方の話だけは無いだろうとは思うものの、親日国を作るとしても、対する日本側のその国への近親感が実益を伴わないものだと、好かれてるからと言う上辺だけのムードでしかなくなってしまい、強いきずなに繋がらない。資金を国内で回すより、海外援助に投じた方が良い理由をすっきり説明して頂けるとありがたい。単に融資は回収できる見込みが(役人の体面上は)あるが、(国内への)投資は回収の保証(と検証の示しやすさ)が無いと言う(お役所都合)だけではあるまいと思うので。, 『サウジが恐れるのは「石油の枯渇」ではない』って、なんでそんな当たり前のことをタイトルにしたのだろう。他の方のコメントを読むと、いい記事のようだが、タイトルがアホらしすぎて今のところ読む気がしない。, エネルギー問題が記事になる時、何時も思うのは「日本は何故本気で地熱開発をしないのか?」と言う疑問だ。やれ国立公園の景観や希少動植物がどうの、温泉街が反対していると、開発阻害要因ばかりクローズアップして、世界第3位の地熱資源があるにも拘らず、発電量は10位でしかない。過去の実績から判断して、日本には国際原油価格をリードする力は「皆無」と言って良い「寒い」状況で、価格の乱高下があっても世界に影響力を行使する事もない。それであれば、燃油の海外依存比率は可能な限り低くするべきである。では再エネか、と言うと再エネの代表格である太陽光も風力も原発の代替えになる程の発電量は期待出来ないし、「天気任せ」と言う欠点もある。再エネの一つである地熱は開発にリスクが伴うことや発電開始までに時間がかかると言う弱点はあるが、政府が高リスクの部分である開発費を補助すれば開発に拍車がかけられる。さらに、国立公園の景観や希少動植物、温泉街の反対などに対しても「エネルギー安全保障」の観点から、多少の犠牲やむなしとの立場で推進すべきだ。このままでは原発は耐用年数が来れば廃炉になり、新規原発の建設は住民の反対でほぼ不可能、その結果、原発停止による大量燃油買いで貿易赤字のリスクは続く。トランプ大統領は日米間の貿易不均衡を問題にして、日本に対して「あれを買え」、「これを買え」と迫ってくることは間違い無く、そうなると貿易赤字のリスクはますます高くなる。蒸気溜まりの高温水蒸気を利用する従来型の地熱発電に加えて、未来型の高温岩体発電なども推進すれば原発だけでなく、全ての火力発電すら代替えする事が可能だ。全電力を地熱と水力、それと5%程度の太陽光や風力で賄えば、国外への燃油依存度は大きく引き下げる事が出来、国債価格に振り回される事も少なくなる。, たいへん興味深く読んだ。この記事を受けて考えたのは以下の3つ。1.日本近代史をサウジと共同研究。(3つの期間:明治維新から立憲政治確立まで,その後太平洋戦争敗戦まで,戦後復興から現代まで,を主な対象として。双方に有益だと思う。)2.マッキンゼーを利用した興国戦略策定。(やや視点が偏らないかという疑問と中立的・公益的な国家機関によらない方法の可能性とその検討・採用の日本にとっての必要性。)3.石油戦略として価格の抑制に関するサウジの戦略と日本の取るべき戦略。(サウジの戦略は石油消費国を「ゆでガエル」にする要素を含む。これに乗せられて国力を徐々に毀損するのではなく,「1バレル500ドル」というようなある意味超絶的な設定でも国家の発展を図れるような戦略の構想する必要性。この価格はもはや石油を一般的「エネルギー」として使うことを困難にし,代替エネルギーやライフスタイルシフトなど文明の転換を起動させようとする意図がある。こうした意図をサウジに気取られたのなら日本の戦略構想の根回しは上手とは言えない。)いずれにしても,サルマン国王の外遊は明治初期の日本が行ったものを想起させる。恐ろしい指導者かもしれない。, 結局何を言いたいのか良く解らない記事です。現状の解説がグダグダ続いて表題との乖離が酷いと言えます。読み進めても表題の内容になかなか入って行かないので読んでいてイライラします。こういう記事の書き方は駄目でしょう。, サウジ様御一行はこの後、中国にも訪問した。同様の話をするためでしょう。日本と中国を天秤にかけ、有利な条件を引き出すはずである。競争入札と考えれば当然でです。日本がすべきことは、バカの一つ覚えの「新幹線」売り込みでなく、彼らが欲する物を見極め、段階を踏んで協力していくことでしょう。さらに、中国の口車に乗って、彼らと手を結ぶと悲惨な結末しか残らないことを、よく説明すべきです。まず、彼らに自前の技術力はないこと。 見よう見まねで、それらしいものを作り、我が国の技術は…優秀といっていたが、あの、中国版新幹線事故とその対応を見れば、一時が万事です。虚言癖があるということ。 習近平が米国を訪問したとき、ボーイング社から旅客機300機調達するとぶちあげたが、そうなると、中国国内に、ボーイング社の飛行機を整備できる整備会社が必要で、この会社は米国FAAの観察を定期的に受けなければならない。中国がそれを良しとするわけがない。つまり、購入するといっただけで、具体的な話合は何もありません。インドネシアの高速鉄道も、土壇場で日本の資料を真似したのではないかというほどほぼ同じ物を出し、タダで作りますといって、落札していった。実態は、中国から提出される資料は中国語のまま、建設資金はインドネシアで払ってくれと言い出す始末。中国はアフリカ諸国へ、経済支援するが、資金と技術支援を被支援国は求めているのに、労働力まで中国はセットで輸出する。その為、中国に経済支援してもらっても、技術は残らない、失業者は一向に減らない。社会システムが、相容れないこと。  王国と一党独裁の恐怖政治の国では、支援方法が違います。中国に支援してもらっても良いことは、一切ない。ネガティブキャンペーンだ!と言う人もいるでしょう。しかし、自社の商品を売る時、他社に比べどこが優れているか、優位性を説明します。それと同じことです。サウジに良く、中国と組むとどんな悲惨な末路が待っているかしっかり説明し、ことあるごとにアピールしてください。外務省さん、表舞台に立てる滅多にないチャンスです、しっかりと働いて戦略的パートナーシップを締結してください。, TAIWAN EXTERNAL TRADE DEVELOPMENT COUNCIL, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. 今回は、石油依存経済からの脱却を目指すサウジアラビアの今後を考察します。※本連載は、エネルギーアナリストとして活躍する岩瀬昇氏の著書、『超エネルギー地政学 アメリカ・ロシア・中東編』(エネルギーフォーラム)の中から一部を抜粋し、中東の現情勢とエネルギー戦略を探ります。 「脱石油」を目指したサウジアラビア . この8月、アラブ首長国連邦はアラブ諸国初の原子力発電所1号機を稼働させた。脱石油依存経済を掲げ、中東諸国は太陽光発電などにも傾斜する。石炭火力発電への逆風受け、日本も再エネ拡大に動くが、電力安定供給が最重要課題であることに変わりはない。 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, サウジアラビアのサルマン国王(左)は2017年3月に来日し、安倍晋三首相と会談した(写真:ロイター/アフロ), 外務省と経済産業省が公表した「日・サウジ・ビジョン2030(Saudi-Japan Vision 2030)」, 優れた戦略立案は確かな情報源から。 石油の輸出で成り立っている国です。 【世界の石油輸出額 国別ランキング】 地球環境を保つため脱石油も進むので、石油産業の未来は明るくない。 これからは多すぎる石油を少ない人数で、少しずつ消費していく時代に変わっていくでしょう。 ベネズエラは石油を採掘しても赤字なので、なぜか石油を輸入しています。 Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 石油開発者が見た中東諸国 中東というエリアは世界最多の埋蔵量、生産量、および輸出量を誇る地域であり、中東諸国 (またはopec) は石油産業の本場として、かつてほどではないにしろ、未だ原油価格の決定や各国の石油政策に大きな発言権を持っている。 一流講師陣の講義とワークで、コロナ禍での新事業創造への道筋を探ります。. 日本人にとって石油と言えば中東というイメージが強いですが、石油産業はアメリカで始まりました。1850年代、日本ではペリー来航で江戸幕府が右往左往していた時代、アメリカではすでに鯨油を用いたランプ灯が使われ始めていました。当時江戸近郊に出没するアメリカ船も鯨油獲得のための捕鯨目的だったと言われています。時は1858年、日本で日米修好通商条約が締結されたこの年、アメリカ東部ペンシルバニア州で、弁 … だが、opecプラスの追加減産協議が不調に終わったことで、脱石油政策を掲げるサウジアラビアにとっての希望の星である国営石油会社サウジアラムコの株価は、8日初めて公開価格の32リヤルを下回った。
2020 サウジアラビア 脱石油 なぜ