小さい頃、男の子なら誰もが夢中になった『ウルトラマン』。大人になって改めて見直してみると、作品に隠された重厚なテーマに気付かされます。かつてのウルトラファンも、そうでない人も、もう一度観てみませんか。 6.5G! たった今!そう思ってこの記事を読まずにページを閉じようとした方がいらっしゃったら少しお待ちください。, あなたは知っているでしょうか?「大人のためのウルトラマン」として製作された、単なる”劇場版”ではない、ウルトラマンの”映画”があることを。, 本稿で私が紹介する映画『ULTRAMAN』は、まさしく「大人向けのヒーロー映画」をコンセプトに製作されたシリーズ初の映画です。 元々は”Yellow Eyes”というタイトルでスタートした”ULTRA N PROJECT”という企画の第一弾が本作にあたりますが、実質は初代『ウルトラマン』の第一話を現実の世界に置き換えてリメイクし、「もしも現実の世界にウルトラマンが現れたら?」をテーマとした物語となっています。, 本作の物語の舞台となるのは現代の日本。もちろん、ウルトラマンは存在しないはずの世界でした。, また、この世界には「ウルトラマン」シリーズには欠かせない科学特捜隊といった空想の特殊機関も存在しません。あるのは自衛隊と政府機関のみ。, ウルトラマンや怪獣が存在しないはずの現実世界を舞台に、もしもそういった未知の存在が現れたら政府はどう対処するのか?ウルトラマンや怪獣となってしまった人物はどういった行動をとるのか?, 主人公の真木瞬一は陸上自衛隊のエースパイロットであり、妻と子を持つ父親です。しかし、彼の愛する息子は持病があり、入退院を繰り返していました。, 職業柄、真木はそんな息子とも過ごす時間が取れないことを悔やんでおり、自衛隊のパイロットを引退することを決意。, そして、ラストフライトの夜。F15イーグルに乗って空を飛ぶ最中に彼は謎の赤い球に衝突し、ウルトラマンとなる力を得ます。, しかし、現実に待っているのは、決してウルトラマンを歓迎するような世界ではなかったのです……。, 本作の見所といえば先述したようなリアリズムを重視した世界設定もそうなのですが、なによりもクライマックスの舞台となる新宿でのアクションです。, おそらく大半の人はミニチュアで組まれたセットの中で怪獣と肉弾戦を繰り広げるウルトラマンの姿かと思います。, しかし、本作ではそんな従来のイメージを払拭するかのごとく、シリーズでは初となる本格的な空中戦が展開されます。, これは本当に革命的でした。もちろん従来のウルトラマンのアクションも楽しいのですが、シリーズを観てきた誰もが一度は思ったであろう「ウルトラマンは空を飛べるのに、なぜ飛んで戦わないの?」というそのちょっとした疑問に答えを出してくれたのです。, クライマックスに新宿の上空で展開される驚異の空中戦はぜひ一度観てほしいところですね。, ちなみに、そのアクションシークエンスを担当したのがTVアニメ「マクロス」シリーズを代表作として「板野サーカス」というアクション表現を確立させた板野一郎氏が担当しているので、そのスピード感と迫力はお墨付き!, 彼は子供の頃から空を飛ぶことが夢でした。その結果、大人になってから自衛隊のパイロットになったという経緯があるのですが、後の人生の中でウルトラマンに変身したことで、真の意味で空を飛ぶという夢を叶えることが出来たのです。, クライマックスの新宿での戦いの中、必死の思いで怪獣の攻撃を避けていたらいつの間にか空を飛んでいた…というシーンは最高です!, 劇場公開時、興行的には振るわなかったという話も聞く本作ですが、今では隠れた名作の一つとしてファンの多い作品でもあります。実際、期待した興行成績を得られなかったことにより続編の企画が立ち消えたという話もありました。, (※細かい話をすると、続編とは言い難いが世界観を共有する『ウルトラマンネクサス』というTVシリーズはあります), と、私は声を大にしてオススメしていきたいのです。“劇場版”としてのウルトラマンの映画も大好きだし面白いものは沢山ありますが、本作『ULTRAMAN』という作品の趣旨から言うなれば、まさに大人のための…ウルトラマンを知らなくても誰もが楽しめる“映画”としてのウルトラマンがあるのです!. この名前は本作品のウルトラマンの名前や、漫画版のタイトルとして使われている。 制作の背景には『バットマン』や『スパイダーマン』が大人も楽しめる映画として成功を収めたことがあり、その日本版を狙って制作された。 評価・影響 ! Fighting Evolution - バトルコレクション - コンパチ - 大怪獣ラッシュ - フュージョンファイト! 大人向けtシャツ、パーカー、ワンピースや、キッズ向けtシャツ、スウェット等が大集合! ウルトラマンやウルトラ怪獣をモチーフにした大人気のアパレル新商品が、本日10月29日(火)に グラニフ 、グラニフキッズ、グラニフオンラインストアで発売! 大人向けのアニメ映画でおすすめなのありますか? 最近、数年ぶりにルパン三世vs複製人間を見たのですがすごく面白かったです。完全に大人向けですよね、あれ。 大人向けで、かつ面白いアニメ映画あり … 今回の記事では、ウルトラマンシリーズに登場した歴代俳優を一覧にまとめ、現在の動向についても紹介していきます。ウルトラマンシリーズは、1966年から2018年現在まで続く日本を代表する特撮連続テレビドラマシリーズになる為、男性であれば誰もが一度は触れている作品だと言えます。 こんにちは。ライチ(@lychee_mama)です。 幼稚園、保育園や小学校がお休みの時って何をして遊んだらいいか悩みますよね…。 おうちで楽しめる遊びで、おすすめなのが「ぬりえ」 座ってもくもくと色 「avほど激しくはないけれど、エッチなシーンのある映画が観てみたい…」。表に出さないだけで、そんなふうに思っている女性は意外と多いもの。今回はr18指定の映画をピックアップ♡官能的なシーンをお楽しみください。 極限の一戦! それはつまり、単純明快な娯楽映画としての魅力と、肥えた目を持つ大人マニア向け映画としての魅力を兼ね備えているってことだよ。 すげぇよ。 — 光光太郎@3月5日マッドマックスinチネ (@bright_tarou) March 13, 2016 - 帰マン(DAICON FILM版) - スーパー特撮大戦2001- SVS - TANK!3 - 巨影都市 - 怪獣擬人化計画, 円谷プロ - 円谷エンターテインメント - バンダイ - バンダイナムコグループ - ナムコ - バンダイナムコエンターテインメント - プレックス - バンダイビジュアル - マルサン商店 - ブルマァク - マーベル・コミック, ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ULTRAMAN_(映画)&oldid=80449970, 最初に登場する形態であることから、インパクトのある存在とするため従来の日本の怪獣映画にはないグロテスクなデザインとされた, デザインは監督の小中和哉からの要望によりベムラーを意識しており、体表の青い部分は青い球のイメージで取り入れられた, ベルゼブア・コローネの着ぐるみは制作されておらず、空中シーンはCG、顔のアップはベルゼブアをそのまま使っている。翼のみアップ用に制作された, プロデューサー - 吉田剛、渡辺伸吾、久保聡、大岡大介、種村達也、横山真二郎、小松賢志、. ウルトラマンサーガの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全9件。評価3.6。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 ウルトラマン Fighting Evolution 0(ウルトラマンファイティングエボリューション0)(PlayStation Portable):映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』と連動した作品。メビウス、ウルトラの父が … ハヌマーン(ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団) - USA - G - パワード - リブット, Another Genesis - 妹 - 多々良島ふたたび-ウルトラ怪獣アンソロジー- - デュアル - F, かっとび!ランド - 忍法帖 - 超闘士激伝 - 出光人 - ULTRAMAN - セブンきゅ〜ぶ, キッズ(ゆかいな仲間・ことわざ物語・母をたずねて3000万光年) - グラフィティ - カンパニー - ニャン - M78劇場 - 怪獣酒場 - 怪獣娘 - かいじゅうステップ, ウルトラマン一覧 - ゾフィー - セブン - ウルトラの父 - ウルトラの母 - ウルトラ兄弟 - キング - ノア - ゼロ - ベリアル - キヨタカ - ロビン - 大怪獣バトル, 怪獣シリーズ - ガシャポン(HG・DG) - 光の巨人コレクション - ポピニカ - ウルトラコイン伝説 - 超合金 - ULTRA-ACT - ウルトラエッグ - S.H.Figuarts, 黒部進(初代マン) - 森次晃嗣(セブン) - 団時朗(ジャック) - 高峰圭二・星光子(A) - 篠田三郎(タロウ) - 真夏竜(レオ) - 長谷川初範(80), 長野博(ティガ) - つるの剛士(ダイナ) - 吉岡毅志(ガイア) - 杉浦太陽(コスモス) - 川久保拓司(ネクサス) - 青山草太(マックス) - 五十嵐隼士(メビウス) - 与座重理久(SEVEN X) - 根岸拓哉・宇治清高(ギンガ&ギンガS) - 高橋健介(X) - 石黒英雄(オーブ) - 濱田龍臣(ジード) - 平田雄也・小池亮介(R/B), 関口正晴(ゼアス) - 山﨑勝之(平成セブン) - 宮坂ひろし(ナイス) - 高槻純(ネオス) - 別所哲也(ULTRAMAN) - 小柳友(ゼロ) - DAIGO(サーガ) - 斎藤工(シン), マイケル・レムベック・チャット・エレベット・エイドリアン・バーボー(USA) - ドーレ・クラウス(G) - ケイン・コスギ(パワード), 富山敬・伊武雅刀(ザ☆マン) - 古谷徹・小川真司・鶴ひろみ(USA) - 京本政樹(G) - 森川智之(パワード), 金城哲夫 - 山田正弘 - 山浦弘靖 - 上原正三 - 藤川桂介 - 佐々木守 - 若槻文三 - 市川森一 - 田口成光 - 石堂淑朗 - 長坂秀佳 - 阿井文瓶, 円谷一 - 飯島敏宏 - 野長瀬三摩地 - 満田かずほ - 実相寺昭雄 - 鈴木俊継 - 筧正典 - 山際永三 - 東條昭平, 高野宏一 - 的場徹 - 有川貞昌 - 大木淳 - 佐川和夫 - 川北紘一 - 矢島信男, 成田亨 - 高山良策 - 開米栄三 - 佐々木明 - 池谷仙克 - 鈴木儀雄 - 井口昭彦 - 大澤哲三 - 飯塚定雄, ウルフェス - ランド - ジャングル - スタジアム - M78パーク - プレミアステージ - 大集合 - バトル劇場 - 怪獣酒場, 怪獣一覧 - マシン一覧 - スペシウム - カラータイマー - M78星雲 - 宇宙警備隊 - ウルトラ警備隊 - 地球平和連合TPC - スーパーガン - 怪獣墓場 - スペースチタニウム, ワンダバ - ウルトラマン80 - ウルトラまいどCD - TAKE ME HIGHER - 君だけを守りたい - ULTRA HIGH - ULTRAMAN ORIGINAL SOUNDTRACK - 英雄 - 青い果実 - いつも心に太陽を - 飛び立てない私にあなたが翼をくれた - 赤く熱い鼓動 - LIGHT IN YOUR HEART - 星のように… - 運命のしずく〜Destiny's star〜 - DREAM FIGHTER - 君だけを守りたい〜アスカの歌〜 - 君だけを守りたい〜リーサの歌〜 - Lost the way - ULTRA STEEL - ULTRA FLY - Final Wars! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 DogEarFilms 映画が好き。| 感想・評判レビューサイト.All Rights Reserved. 『ULTRAMAN』(ウルトラマン)は、2004年12月18日から全国松竹系映画館にて公開されたウルトラシリーズの映画作品であり、ULTRA N PROJECTの一つ。東京国際映画祭・特別招待作品。, キャッチコピーは「銀色の流星…舞い降りる」、「高度3万フィート! すべての人に贈るエンターテイメント 2021年公開 シン・ウルトラマン . 円谷プロと東映アニメーション株式会社が2021年の完成を目指して共同製作中の、日本発の世界へ向けたアニメーション作品 . 楽天市場-「ウルトラマン グッズ 大人」446件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。 ↓↓数々のウルトラマンシリーズを今すぐみたい!そんな時はこちらのHuluで!↓↓ ウルトラマンなど特撮などが大好きなです。 今回はウルトラマンについて何を紹介するかというと「視聴率」について。ウルトラマンの視聴率をランキング形式 「飛べる!俺はこの空を飛べる!」というセリフに胸を打たれる日本を代表するヒーロー映画をぜひ。, 幼少期から現在にいたるまでジャン=クロード・ヴァン・ダムに憧れながら生きる。人形ホラー映画とサメ映画の愛好家。, もしもウルトラマンになれたなら…大人のための映画『ULTRAMAN』を観てほしい!, 1,300円で映画2本鑑賞&出入り自由!名画座「早稲田松竹」支配人が語る4つの魅力. 『ウルトラマン』大人向けライセンスブランド“a man of ultra”初の期間限定ショップが表参道ヒルズに期間限定オープン 2015年09月30日 (水) 12:35 ファミ通 - 映像DVD・BD , ファミ通 - 映画・TV !マチャアキ - 笑ってポン! 「大人のためのウルトラマン」として製作された、単なる”劇場版”ではない、ウルトラマンの”映画”があることを。 本稿で私が紹介する映画『ultraman』は、まさしく「大人向けのヒーロー映画」をコンセプトに製作されたシリーズ初の映画です。 なんと『ウルトラマン』には『ウルトラQ』という元になった作品があります。 あの『ゴジラ』の監督でもある円谷英二監督が、「”怪獣“という物を映画館だけではなくテレビでも見せてあげたい。」そういった想いから生まれた、テレビ特撮シリーズ『ウルトラQ』。 『キングコング』や『ゴジラ』は映画館だけの物だった時代。テレビが普及し始めてからは、毎週のように怪獣が観られるテレビシリーズのアクションもの『ウルトラQ』は大好評でした。 しかし、テレビは白黒な上に、ちょっとホラー気味 … アニメが好きです。特に大人向けアニメが。 でも大人になったあなたはシーズンアニメを見る時間も体力もないですよね? それなら、大人向けアニメ映画を見ませんか?1,2時間でサクッと見れます。 大人になったからこそ分かるアニメ映画の深みを楽しむことができます。 - Legend of Galaxy 〜銀河の覇者 - Starlight - 英雄の詩 - TWO AS ONE - Project DMM - voyager, TBS - NHK - 日本テレビ - 毎日放送 - CBC - BS11 - テレビ東京 - tvk - チバテレ - テレ玉 - サンテレビ - メ〜テレ - フジテレビ - WOWOW, タケダアワー - TBS金曜7時枠の連続ドラマ - TBS系列水曜夜7時台枠のアニメ - TBS水曜7時枠の連続ドラマ - 毎日放送制作土曜夕方6時枠のアニメ - テレビ東京平日夕方6時枠のアニメ(アニメ530), うるとら7:00 - 情報局 - すべて - 検定 - テレマガ - てれびくん - チャイヨー - レッドマン - ハッチャキ! この子ども向けの映画であっても『大人が考えさせられるテーマがある』ということが大事になってきます。 必ずしも、子ども向けと大人向けの側面があるわけではありませんが、面白い作品や、偉大な監督の作品ほど二重構造の物語になっています。 ウルトラマンの大人向け新ライセンスブランド「a man of ultra」の初の期間限定ショップが表参道ヒルズにて10月1日(木)より10月31日(土)までオープンとなります。 イメージであって、さりげないウルトラマン感が売りの大人ブランドです。 !」, テレビシリーズ『ウルトラマン』第1話での出来事が、現代社会において現実に起こった場合を想定する形でリメイクされた作品[1]。また、今作の公開時に放映されていたテレビシリーズ『ウルトラマンネクサス』と同じ世界観を持ち、テレビシリーズの前日談に当たる。, それまでのイメージから大きく外れたデザインや、映像表現の難しい10メートル級の身長など、ウルトラマン自体の表現にも数多くの意欲的な試みがなされた。, スタッフには、小中和哉や長谷川圭一など平成ウルトラシリーズメインスタッフから、菊地雄一や板野一郎、松本孝弘など、それまでウルトラシリーズには馴染みの薄かった人物までが幅広く参加している。CGが多く取り入れており、クライマックスの空中戦シーン(板野サーカス)が大きな見所となった。この技術は、後年の作品にも大きく取り入れられている。また、防衛庁の全面協力を受けており、F-15の離陸シーンなどは全て実物である。, 本作品や、後年の『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』などといった映画作品は、ウルトラシリーズ中でも空中戦をメインにしている部分が多い。アニメーションによる空中戦で高い評価を持つ板野一郎がフライングシーケンスディレクター(空中戦担当)を担当することで、CGを中心とした空中戦を最大限に引き出した。CGIには、板野が特技監督を担当したOVA『マクロス ゼロ』のCGIチームが参加している[2]。ウルトラマン・ザ・ネクスト(ジュネッス)とザ・ワン(ベルゼブア・コローネ)の戦闘シーンは今までのウルトラシリーズには無い映像であり、板野の空中戦シーンは同時進行であったテレビシリーズの『ネクサス』や、翌年の『ウルトラマンマックス』と、翌々年の『ウルトラマンメビウス』での戦闘機の動きやミサイル発射、ウルトラマンの飛行戦闘などにも用いられている。, 本作品はテレビシリーズ『ウルトラマン』第1話「ウルトラ作戦第一号」のリメイクとなっているため、真木舜一の搭乗しているF-15が赤い発光体(ネクスト)に接触するのは、ハヤタの搭乗したビートルがウルトラマンに衝突するオマージュで、ザ・ワン(特にレプティリア)のデザインは、(青い怪光の演出も含め)同話に登場の怪獣ベムラーを意識したものになっている。, ザ・ワンは、『ネクサス』に登場する最後のスペースビースト「イズマエル」へ改造された。[要出典]また、『ネクサス』最終話でのノアVSザギの最終決戦の舞台も映画同様新宿であるため、『ULTRA N PROJECT』の一連の決戦は新宿で始まり、新宿で終わるという形になった。, スタッフによるトークやコメンタリーでは、『ウルトラマン』との区別のため、「横文字ウルトラマン」などと称されている。, 元々は『YELLOW EYES』というシリアスかつダークな作風の「力を手にした青年が戦いの中で正義に目覚めていく」物語の予定だったが、9.11を見たスタッフらによって方向転換され、現在のような「ウルトラマンとなった父親」が主人公の家族向け映画として作られた。そのため、リアルな怪獣災害という側面を持ちながら、父親が子供のために戦うストーリーなど、暗くならない配慮がなされている。また、随所に『ウルトラマン』や『ウルトラQ』など過去作品へのオマージュも込められている。初期タイトル『Yellow Eyes』はウルトラマンの目と、危険信号としての黄色のダブルミーニングである。, 『ULTRA N PROJECT』の企画は本映画を最初として立てられており(詳細は『ULTRA N PROJECT』の項目を参照)、本来は『ネクサス』の放映前に公開される予定であった[1]。, 制作当初の題名は『ULTRAMAN THE NEXT』(ウルトラマン・ザ・ネクスト)であった[3]が、途中で題名が変更された。この名前は本作品のウルトラマンの名前や、漫画版のタイトルとして使われている。, 制作の背景には『バットマン』や『スパイダーマン』が大人も楽しめる映画として成功を収めたことがあり、その日本版を狙って制作された。, ウルトラシリーズの劇場版としては宣伝や上映館数が少なかったことも影響してか[注釈 1]、興行収入は1億5000万円[要出典]と振るわなかった。, 続編『ULTRAMAN2 requiem』(ウルトラマン2 レクイエム)の制作も予定され、公開時には本編後に「2005年冬 公開」を知らせる特報も流されたが、その後は公式な告知も行われないまま立ち消えた[注釈 2]。当時の円谷プロダクション社長であった円谷英明は、総製作費2億円ですでに製作に着手していた映画を『ネクサス』の評価を踏まえて同作の放送短縮とともに中止にしたと、自著の中で述べている[5]。監督の小中和哉も2016年の上映イベントで『ULTRAMAN2』がクランクインしていたことを明かしている[6]。中止にあたっては円谷英明と当時の会長であった円谷一夫が製作現場に赴いて中止の説明を行ったが、その後に円谷一夫は撤退は本意ではなかったと周囲に漏らすようになり、後の社長交代の一因になったとされる[5]。, 太平洋沖に墜落した未確認物体を調査中の海上自衛隊の深海探査艇が破壊される。探査艇操縦者の有働貴文は奇跡的に生還し、青い発光体に破壊された旨を証言するが、有堂の容貌は次第に凶暴な「ビースト・ザ・ワン」(以下「ザ・ワン」と表記)に変化して逃亡する。, 3か月後、航空自衛隊のイーグル・ドライバーの真木舜一は、赤い発光体の調査のため緊急発進して激突後、やはり生還する。真木はかねての希望により除隊し、民間航空会社へ勤め始める。, 有働の前例があったため、陸上自衛隊の対バイオテロ研究機関BCSTはひそかに真木の監視を続け、ある日真木を拘束する。真木をおとりにして「ザ・ワン」をおびき寄せて射殺する作戦であった。ザ・ワンは誘い出されるが、BCSTが準備した毒殺弾が効果なく、作戦は失敗する。ザ・ワンは周辺のトカゲを吸収し巨大化する。陸自施設の地下に監禁されていた真木はウルトラマン・ザ・ネクストに変身し「ザ・ワン」と対峙する。, 青い発光体(ビースト・ザ・ワン)を追って地球を訪れた赤い発光体が、航空自衛隊のパイロット真木舜一と融合することによって出現した銀色の巨人。日本へ2番目に飛来した地球外生命体として「ザ・ネクスト」のコードネームを与えられた。ザ・ワンとの戦いで人々を守り抜いたことから、子供たちをはじめとした人々から憧れを込めて「ウルトラマン」と呼ばれるようになる。変身道具は存在せず、真木がピンチになった際に自動的に変身する。, ウルトラマン・ザ・ネクストという名は作品としての『ウルトラマン』の、次世代のウルトラマンとしてのダブルミーニングでもある。, 最初に出現したザ・ネクストの不完全体(幼体)。身体の各部が未発達で本来の能力は発揮できない。また、真木の意志が強いために腕の刃や光刃による攻撃は使えても威力が低く、ほとんどは強化された身体能力を駆使した肉弾戦や力技のみという戦い方である。, 従来のデザインで銀と並んで配色の多い赤い部位は、胸のエナジーコアと頭の剃り込み部分のみであり、ジュネッス時に赤くなる筋繊維状の部分は黒くなっている。また、後頭部にある襟足の部分も短く、より初代ウルトラマンに近いデザインとなっている。, ザ・ワンとの最終決戦時に進化変身したザ・ネクストの完全体。身長も40メートルと巨大になり、超音速飛行も可能である。アンファンスでは黒かった筋繊維状の部位は赤くなり、配色はよりウルトラマンのイメージに近くなっている。また、後頭部の襟足に突起物(あるいは肉厚なヒレ状の部位)が生まれ、ウルトラマンネクサスのそれに近くなっているほか、全身に血流をイメージした赤いラインが入っている。腕は鋭い武器となって飛行時の安定に役立つうえ、光線発射時の源ともなるエルボーカッター「ストラトスエッジ」が出現する。また、背中や脹脛(ふくらはぎ)に姿勢制御用のヒレ(フィン)が存在する。アンファンスよりも体つきはよく、よりパワフルによりスピーディーに動くことが可能。, 作中で「ザ・ネクストはどこからやってきたのか」や「何者なのか」が説明されることはほとんどなく、ザ・ワンとザ・ネクストが敵対関係にあること、ザ・ネクストはザ・ワンの殲滅を目的に訪れたことが、わずかに説明される程度である。ザ・ワンが海上自衛官・有働貴文の記憶・能力を我が物にしたことをはじめ、融合する地球の生物の能力・生命力を無制限に吸収していく一方、ザ・ネクストはザ・ワンと同じく融合が可能であるにもかかわらず、真木瞬一の人格・自立性を尊重する、モラルや理性を持った存在として描かれている。また、人間形態でESP(超感覚的知覚)を発現させたが、これは真木の病弱な息子・継夢を案じる気持ちからである。, 作中ではアンファンスもジュネッスも長期戦になると胸部エナジーコアが点滅し、危険信号を発していた。それは真木と完全な融合を果たしていないがための代償であることが、ザ・ワンに言及されている。それでも、ザ・ワンとの決戦で真木はザ・ネクストから生命の危機を警告されても自身の意志で戦いを続行し、最終的には空中戦でザ・ワンを圧倒したところに自衛隊の支援も受け、ザ・ワンを地上へ引きずり下ろして殲滅を果たしている。, 映画と同一の世界観であるテレビシリーズ『ウルトラマンネクサス』第33話「忘却 -A.D.2004-」では、防衛組織TLT(ティルト)内の回想シーン(本作品の映像)に加えて本編に水原沙羅も登場し、本作品が『ネクサス』の5年前の物語であることが明かされた。, TLTの設立によって、スペースビーストへの記憶消去装置である来訪者のレーテが使用された結果、TLT設立のメンバーを除いた全ての一般大衆の記憶から新宿での戦いの事実は消され、ザ・ワンだけではなくザ・ネクストの存在も忘れ去られてしまった。しかし、最終話「絆 -ネクサス-」では、レーテが消滅すると同時に人々から5年前の記憶と共にウルトラマンも蘇り、ダークザギと戦うネクサスを応援した。なお、レーテからの脱出時にはネクスト アンファンスらしき姿が確認される。, 他の生物に寄生・吸収することで成長・進化できる謎の生命体。青い発光体の状態で地球に飛来し、調査に来た海上自衛官・有働貴文と融合した。「ザ・ワン」とは、日本で初めて確認された地球外生物であることから名付けられたコードネームである。ベルゼブア形態以降は、吸収した生物の頭を模した首が肩に現れる。, その正体は後に『ウルトラマンネクサス』に登場するスペースビーストの第1号であり、ザ・ワン自体は本作品でウルトラマン・ザ・ネクストに倒されるが、その破片は後に多数のビーストに成長する。スペースビーストのうちガルベロス、ノスフェル、リザリアスは、『週刊 ウルトラマンオフィシャルデータファイル』ではザ・ワンの要素を受け継ぐ上級ビーストとされている[要ページ番号](ノスフェル・リザリアスは取り込んだ生物がモデルに、ガルベロスはザ・ワンの核に当たるものが犬を取り込んでおり、そのフォルムなどに特徴を色濃く残している)。, 真木の人格と生命を尊重したザ・ネクストとは対照的に、ザ・ワンは有働を完全に取り込んで支配し、彼の生命も人格も全て奪い去るという、非常に狡猾で残忍な性格の邪悪な生命体である。取り込んだ生物は、吸収されても短時間のうちならば分離・解放することが可能な模様。, 『ウルトラマン THE NEXT』のタイトルで『特撮エース』に連載(作画:沢樹隆広)。基本的には映画版と同一の内容だが、最終話で『ウルトラマンネクサス』へと繋がる描写が追加されている。, 2005年に角川書店から発売された単行本は途中までを収録した第1巻のみで未完となっていたが、2008年にウェッジホールディングスより最終話まで収録した完全版(全1巻)が発売された。, プレイステーション2ゲームソフト『ウルトラマンネクサス』では、ウルトラマン・ザ・ネクスト(ジュネッス)とビースト・ザ・ワン(ベルゼブア・コローネ)も登場し、ゲームで条件を満たせばvsモードなどで操作可能になる。, Q OV - 初代マン(宇宙探検 - TVゲーム大冒険 - VS仮面ライダー - 怪獣伝説) - 平成セブン, 初代マン(なりたかった男 - つくった男たち - 怪獣クイズ) - 私が愛した - ウルトラマン大全集(三井奥さま劇場), ウルトラ作戦 - 初代マン(怪獣帝国の逆襲 - 出撃科特隊 - 91年版 - PS2版) - 倶楽部 - セブン - ウルトラ警備隊AC - ウルトラ警備隊MA - 闘魂伝説, コスモス(映画 - 映画2(新世紀伝説) - 映画3(新世紀03伝説)) - ネクスト 映画(ULTRAMAN) - メビウス 映画 - 超8兄弟, 列伝・新列伝(ゼロファイト - ギンガ - 大怪獣ラッシュ - ギンガS - ファイトビクトリー - X) - オーブ - ゼロ CHRONICLE(ファイトオーブ) - ジード - オーブ CHRONICLE - R/B - ニュージェネクロニクル - タイガ - クロニクル ZERO&GEED - Z, ゼロ THE MOVIE - サーガ - ギンガ(映画 - 映画2) - ギンガS 映画 - X 映画 - オーブ 映画 - ジード 映画 - R/B 映画 - タイガ 映画, ゼロ(OV1・OV2) - オーブ ORIGIN - ウルトラギャラクシーファイト.
2020 ウルトラマン 大人向け 映画